祝献体腎臓移植4周年!

6月25日の今日献体腎臓移植4周年を迎えました。
4年は長かったのか、短かったのか。。
不思議なことにどちらともとれますね。

透析時代を想ってみると、遥か彼方の過去へ行ってしまったような感覚なのですが、実生活ほとんど変化していないので、この4年間短かったような気もします。

記念日が近づくと、透析時代や移植入院した時などの日記を読み返したりします。
懐かしいですね。
食べ過ぎ、飲みすぎで体重増。その翌日はだるくて歌えない。。
自己責任ですね。

透析に体が慣れてからは、コンサート、コンクールと精力的にこなしてきました。
透析をしていて辛かったことはほとんどありませんが、1度だけ泣いてしまったことがあります。

透析を始めて数年目。
あるマスターコースに参加していて、椿姫のアリアを歌っていました。
そのレッスンではレッスンを聴講できるというもので、私は何人かの前で歌っていたのですね。
何かを伝えたくて、声楽教師が、
「言っていい?ねぇ、言っていい?」と私に言うんです。
何かわからなくて、キョトンとしていると、
「この子は透析をしていて、大変だろうに頑張って歌っているんだよ」と前置きして、私に、
「移植ができたら、どんな気持ちになる?」と聞かれました。
その気持ちを想像して歌ってみて、ということなんです。

私は特別扱いされるのが嫌で、私の親友と数少ない先生方にしか透析をしているのは言っていませんでした。
それを皆の前で言われてしまったショック。。。
それに”いったい何年待ったら移植できるんだろう”っていう気持ちが強くて、移植をするという実感すら湧かなかったんですね。想像なんてできません。嬉しいと思う前に、移植ができなくて悲しいという思いが強くて、、、泣いてしまったんです。

”いったい何年待ったら移植できるんだろう”

今思うと、自己中心的ですね。
移植するにはドナーがいる。
私は献体移植を待っていましたので、そこには誰かが亡くならないと成立しないのです。

どんな経緯で私のところへ巡ってきたのか、男性か女性か、年はいくつか、何をし何を感じていたのか、家族はいたんだろうか。。全く不明です。

でも確かなことは、そこには”無償の愛”があり、きっとご本人もご家族の方も立派な方だったに違いありません。
レナートはただの腎臓でも、無償の愛が籠もったものなんですね。
きっとご家族の方は”どこかで○○の腎臓がまだ生きて誰かのお役に立てている”と思われていることでしょう。
私もこの日に気持ちを新たにして○○さんの腎臓を大切にして、少しでも長く一緒に生きていくのが○○さんの供養になり、ご家族の期待に応えることになると思います。

また1年宜しくね、レナート。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

医師に怒られる

2,3ヶ月おきに抗生剤のお世話になっていましたが、4月からは毎月飲んでます(汗)。
というのもAugmentin1gをよく服用していたのですが、効かなくなっちゃったんですね。
4月にAugmentinを10日間服用したものの、暫くしたらまた尿濁になってしまいました。
薬をかえても、また暫くすると尿濁。。。という具合に繰り返し。。

今月また尿濁が認められたので、細菌培養検査をしてから、検査結果を移植病院に電話すると、”Augmentinを服用して”と言われました。
”パルマではいつもAugmentinを服用していて、最近効果がなくなってきた。手元にNorfloxacinaとCiprofloxacinaがあるけど、これではだめか?”と聞いたら、
”言うことが聞けないんだったら勝手にすればいい。もう電話かけてこないで”と言われました。。。

”強い薬はできれば避けたい”と以前言われていたので、それは承知なのですが、私にはどれが強くて、どれが弱いなんてことは勿論分からず。。もしかしたら、医師の処方する薬を否定した形になってしまったかも。。と反省はしております。
言葉の問題でよく分からなかったこともあるでしょうが、強く言われてちょっと驚きました。
勿論、すぐに”すみません。Augmentinを服用しますから”と言って落ち着きましたが。。

忙しくてイライラしてらしたのかもしれません。
何十回かけても移植科に繋がらず、携帯に電話してしまった私がいけなかったのかもしれません。
(すぐに抗生剤を服用しないと。。と私も焦っていましたので)

私もついカチンときて、言わなくてもいいことも言ってしまったり。。
反面教師だったのかな?とも思います。
日ごろから精神を豊かにして、愛のある言葉を使っていこうと改めて思いました。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

消化器科受診

消化器科を受診してきました。
まとめてみると、今回のみぞおちと背中の痛みは今までのと同じものだったのですが、違う点はというと、

1)空腹時に痛みだしている
2)背中が痛いせいか、呼吸が浅く、肺が圧迫されているかんじがする
3)降圧剤を飲んでいるにもかかわらず、156/90と血圧が高い(横になっているにも関わらず、この高い状態は3時間ほど続いた)

そういえば、救急へ行った時痛みが結構あったのですが、血圧はというと、189/110でした(汗)。

消化器科の医師が言うには、
”胃腸に問題があっても血圧は関係ない。ストレスと気持ちの高ぶりで、一時的に血圧上昇はあるかもしれないが、何時間も続くのは考えられない”
ということで、心臓科を受診することになりました。

以前、移植3周年の検査で心臓科受診も含まれていて、その時”心臓の弁がきっちりふさがってない”と言われ、心電図をとったりしたものの異常はなし。
時々不整脈があったりはするのですけどね。。

なんだかいろいろありすぎて、頭がよく周りません(汗)。

DSC03659.jpg

ヴァチカン市国の近くまで行ったら、丁度パオロⅡ法王の展示会をやってました。
世界中の人々から愛されていた法王。展示会はとても興味深く、VTRもあったりして、感無量でした。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

みぞおち痛い。。

昨日、12時くらいからなんだかみぞおちに違和感が。。
痛くはないけどちょっと圧迫感。

昼食はいつものように軽めにバジリコトマトスパゲッティにサラダ。

DSC03654.jpg

ちょっと茹で過ぎた。。
3分の2しか食べられず。。

その後みぞおちの鈍痛はあいかわらずで、背中の痛みも加わった。
この症状って今までの痛みと全く同じなんですね。
今回違っていたのは昼食前の空腹時から始まったこと。
でもよく考えてみると朝食時から違和感はあったかも。

胆石じゃないとすれば。。
いろいろとインターネットで調べてみると、
食後の痛み(みぞおち、背中)は胃潰瘍の疑い、空腹時、夜中の痛み(みぞおち、背中)は十二指腸潰瘍の疑い、あと盲腸、すい臓炎の可能性も。。

19時半になっても相変わらずなので、Buscopanという痛み止めを1錠服用。
血圧は普段130/80ですが、ず~っと156/90あたりをうろうろ。。
その後イタリア人の友人にカモミッラティーを勧められて飲み、2時間ほど眠ってしまいました。
安眠作用があるそうです。
目覚めたら痛みは治まり、血圧も正常になっていました。

消化器科の医師からは、このまま状態がよければ、胆石の薬を9月から少しずつ減らしていこうと言われたばかり。
火曜にまた受診してきます。

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

遅くなりましたが、祝3周年!

DSC03622.jpg


献体腎臓移植3周年を迎えました!
いろいろな診察を受ける度に、”6月25日に移植3年になります”と言っていたものの、当日はうっかり忘れておりました~(汗)。

胆石騒ぎで、また胆石ダイエットに逆戻りしており、体重も徐々に減りつつあります。
去年の3月中旬から本格的にダイエットを始めたわけですが、開始時73.3kgから62.5kgになりました!-10.8kgです。

運動をしながらも痩せましたが、インフルエンザにかかって以来、長い間食欲が戻らなかったのもあるようです。
移植して1年ほどは、体重が増える傾向にあり、移植外来の度に、
”Yさんは、いつになったら痩せるのかな~”と言われ続けていましたが、やっと見返すことができます(笑)

尿路感染症の問題はいまだにあります。
4月に服用した抗生剤が効かなくて、また他の抗生剤を服用するはめになったり。。
2ヶ月に1度は服用しているような。。
はっきりとした解決法が見つかればいいんですけどね。

今年1年も穏やかに生きたい。。。と思っています。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく
プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム