透析時代の思い出

だるさはしょっちゅうで、午前中の歌のレッスンではとても歌えない。。
音楽学校までバスで15分と近い所に住んでいたが、歌のレッスンは午後にしてもらっていた。
午後になると少し体力が回復するから。。

新期になり声楽の先生とレッスン時間を決める時には、とても申し訳なかった。
”ミラノや遠方から通っている生徒は午後にしてあげたい”という考えは尤もだが、私としても午前は体が使えない。。

透析年数が増えても午前はやっぱりだめだった。

ある時、数日前に伴奏者の先生から”○○日にフィガロをやるから”と言われた。
フィデンツァでフィガロの結婚に出演してから、あまり日は経っていなかったと思う。
音楽学校の中の講堂で、出演者は脇役なしの5人だけ。衣装無しでいいとのこと。
オペラの中から少しだけ歌ってくれたらいいとのこと。
はっきりとした事は分からず、あまり深く考えずにその日を迎えたのだが。。

当日午前10時。
前日透析で3.5kg位落としていたと思う。
10時になってもフラフラ状態。。

なんとミラノからプロデューサーが来ていてオーディションだったのだ。
私の他は皆衣装でスタンバイ!?

私の声は少し重たく、声が鳴りだすのには時間がかかる。それにこんなだるい状態でどうしたらいいのだろう。。
伴奏者の先生に体調不調で自信がないというと、”歌手はそんなこといってられない”と言われた。

それはそうなのだが。。
オーディションと知っていたなら透析日を変えてもらうんだった。

それぞれのアリアだけかと思いきや、ほぼ主要な部分全部。。
だるさの上に貧血状態で倒れそうだった。。何とか気力で頑張ったのだが、、、結果は私だけ取ってもらえず。。

”伯爵夫人の生気がない”。。ご尤も。

透析時代の苦い思い出でした。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

透析時代のだるさ

ふと思い出して書いています。

透析を導入することになっての入院中。
両隣りのベッドのおばあさんは寝たきり。

1人のおばあさんは娘さんが付き添っていて、会話も殆どできない状態。
もう1にんのおばあさんは付き添いはいませんでしたが、普通に会話ができました。

そのおばあさん、透析から戻るとぐったり。。。

隣のおばあさんの付き添いの娘さんに聞くと、
「透析は体にとてもいいのよ」と。

”透析は本当にいいのか?何だか疲れに行っているようなもの。。?
私、まだとても元気だし、透析無しでもいいのでは?”
透析の第一印象はこうでした。

透析導入時のクレアチニンは確か6.5だったと思います。
クレアチニン・クレアランスは10。
疲れやすくはありましたが、まだまだ切羽詰まったものではありませんでした。

入院中にシャントを作り、一旦退院したものの、透析導入になりました。
いろいろな食事制限があり、何を食べていいか途方にくれていて、透析導入期では体重が殆ど増えませんでした。
中1日で500gとか、マイナスの時もありました。

正直言って食べるのが怖かったです。。
マッキニスタ(透析室で仕事をしている人)からオレンジ1つ食べたらもう1日透析をしないといけないと脅されましたし。。
亡き主人の好きだったミネストローネ(パスタが入った野菜スープ)も断念させられましたし、食欲が全くなくなりました。
その時期は除水も1kgくらいで、だるさも感じることなく過ぎました。

透析に慣れてきて、食事もある程度は普通に食べるようになってから、体重もだんだんと増えつつあり。。
だるさが出てきました。
結局は除水量にあるようですね。

2kgくらいの除水だったら、まだまだ余裕だったのですが、4kgになるとさすがに辛かったです。
ふらふらしながら帰途につき、それから簡単に食事の支度をしてベッドにバタンキューです。。
翌朝も重い体を感じながらも音楽学校に通っていましたが、午前中はだるくて頭が回りませんでした。
ぼーっとした状態ですね。

だるさがとれても、生気がないというか。。貧血状態でもあったので仕方がないのですが、いつのまにかその状態に慣れてしまいました。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

クリスマスと元旦

イタリアでは12月25日と元日は全てお休みになり、その日は施設も閉まってしまいます。
私が通っていた透析施設は月、水、金が3サークル(朝、昼、晩)、火、木、土が2サークル(朝、昼)でした。
一昨年までは何とか調整できていたのだと思います。
でも透析者は年々増える一方で、中には週4回も通う人もいたりして、なかなか調整するのも難しくなってきたのだろうと思われます。

去年のクリスマスと元日の前の透析は、4時間の所、皆さん均一に3時間半。。
この時期は年に1度の”と~っても太る時期”ですので、3時間半での除水は結構辛いものがありました。
特に私は、日頃から除水量が多かったので(汗)

去年のクリスマス前に、変更のプリントを配られましたが、そこには日にち変更だけ書かれていました。
当日いきなり3時間半に設定しているので、ビックリしましたよ。
勿論詳しい説明はありません。”今日は皆3時間半だから”と言われただけ。
その時は”彼らの都合に私たちが合わされているのか!?”と少しムッとましたが、上記のような理由によるものだと思われます(多分)。

しかし、1週間もたたないうちに、2度の3時間半透析。。
合計1時間の透析ロス。。
何か起こるわけはないと思いますが、何だかなぁ。。という感じでした。

透析者にとっては、この時期は要注意ですよね。
ご馳走を並べられて食べないわけにもいかないし。。
各自の調整が難しいところです。



☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ
左のBlogランキングもよろしく

透析回想: 除水量

体重69.9kg 体温36.2度 血圧127/77 飲水量2300ml 尿量2710ml

透析時代、私は不良透析者でして、除水量は2.5kg~4kgでした。
最初の頃は除水は4kgまで!と聞いたので、

           ”ああ、4kgまでならいいんだ♪”

と思っていました。
透析を始めてから1年くらい経ってからのことですが、マッキニスタに、

         「体重を増やさないようにしないと、心臓に負担がかかって後で大変だよ」

と忠告されました。透析に入るときに、そういった説明がなかったのでハッとしました。
それからは少しずつ気をつけていたものの、外食が続いたりすると、すぐに体重も増えてしまっていました。
2kg代ならヘッチャラ!このまま歌えそう。
3kg代はちょっとかったるい。。3.5kg以上になると、痙攣が起きることも。
4kgは正直辛いです。。。透析3時間過ぎたあたりから、ため息ばかりでるし、痙攣のオンパレードになってしまう。
だいたいは脹脛が多いのですが、酷くなると首、おなか、背中まで全身に及びます。
(あくまで私の場合です)
体を動かす度に、そこが痙攣するんです。
血圧も最高100とか90とか。。ヘロヘロ状態です。
こうなると、翌日の朝まで響きました。

まだイタリアにいる分はいいのですが、帰国すると中2日3日関係なく、除水量はいつも4.5kgでした。
毎回の”ご飯”や味噌汁がいけなかったようです。
イタリア食はそれほど水分含んでいませんから。
それに、久しぶりに帰国すると、”これも食べたい、あれも食べたい病”になってしまいます。

1年前、透析のない土日を利用して、母と大阪の叔母を尋ねて入ったのですが、その2日で”5.5kg”も太ってしまいました(汗)
月曜の午後帰宅することになっていて、そのまま透析室へ直行だったのですが、すでに月曜の朝は体中パンパンで、青ざめました。。
叔母も心配して、「Yちゃん、サウナへ行って水分出したらええよ」と言ってくれたので、連れて行ってもらったのですが、それでもほんの500g落ちただけ。。
勿論お持ち帰りでした。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ
左のBlogランキングもよろしく

透析中の体重管理

体重69.5kg 体温36.2度 血圧142/80 飲水量2000ml 尿量2090ml

腎不全の期間は1年間でしたが、その間約25kgのダイエットをしました。
当時90kg近くあったのは既に書いていますが、透析を始めた当時60kgでした。
石やコンクリートでできたベンチに座ったりするとお尻が痛かったです(笑)

叔父が透析をしていたものの、透析に関しては全く何も知りませんでした。
食事制限のことはその時聞きましたが、ダイエットで胃が小さくなっていたせいか、透析をしても除水は3時間で1kg行きませんでした。時には全然増えていないことも。。

肉、魚は食べ過ぎないように、野菜も果物も少しだけ。
果物は1日小さなりんご1個と言われました。柑橘類が好きでしたが、”オレンジは絶対食べちゃだめ!オレンジ1個食べたら、次の日も透析しなくちゃいけなくなる”と初日のおでぶちゃんに言われました。
卵も白身だけ。(白身だけの卵なんて食べる気になれません。。)
チーズもほとんどだめ(唯一リコッタチーズを時々はいいとのこと)、ミネストローネ(パスタの入った野菜スープ)、ブロード(雌鳥と牛肉、香草野菜と煮込んでパスタを入れたもの)などのスープ類もだめ。
スープ類は結構主人が好んでいましたので、結構食卓にでました。
大好きなラザーニャもチーズが入っているし。。
塩気の多いハム、サラミ類も少しだけ。
最初のうちは、何を食べていいものやら途方にくれました。
こんなんで、体重はほとんど増えませんでした。

それが、だんだん、少しずつほとんどの食品を食べるようになりました。
電解質の異常が全くなかったので、食事管理もだんだん甘くなってきたと思います。
勿論ほとんどの食品を食べるとはいっても、食べないように言われていた食品は、ほんのちょっと味見する程度。最初の2年ほどは、果物は林檎1個だけでした。

でも水分管理は難しく、飲めないと思うと水のことばかり考えてしまいました。
それでちょいちょいと、ちょっとずつ取るようになりましたが、ちょっとずつの回数が多いとやはり取りすぎになるのですよね。

こんなんで、移植前のドライウェイトは68.3kgでしたが、中1日で2.5~3.2kg、中2日で3.2~4kg除水していました。さすがに4kgになると血圧は下がるし(最高血圧90~100)足は攣るし、透析が終わると、体を引きずるように帰宅していました。
翌朝も重い体のまま、午前中はほとんどだるさを引きずっていました。
その度に、”もうこんな思いはしたくない。食事管理気をつけよう!”と自分自身で強く誓うのですが、除水が2kgくらいに落ち着いてくると、またルーズになってくるという繰り返しです。。

中にはすごい人もいて、中2日で10kg増えた人もいました。
あまり増えすぎると1回の透析では何kgも残ってしまうので、ある人は週に4,5度通っていた人もいます。

もう30年を超えた叔父が、

          ”食事、水分管理をしっかりやること。ルーズにしていると長く生きられない”

とよく言っていました。私への戒めだったと思います。
その叔父は40kg台ですが、いつも除水は1kgちょっとです。
優等生ですね。


いつも来てくださっている皆さんの中からお一人にクリスマスカードをプレゼントします。
イタリアから郵送するのに結構かかるかもしれませんので、締め切りは12月10日にします。
”クリスマスカード希望”(ニックネームと数3桁も)と書いて、こちらまでご応募下さいね☆
厳選な抽選の上、当選者はブログで発表します。

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ
左のBlogランキングもよろしく
プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム