ウィーンへ

ちょっと前になりますが、1月の第2日曜日ウィーンへ行きました。
行ってみたかったシューベルト生家へ。

IMG_1592.jpg

第1日曜は無料なのですが、この日は第2日曜でした。。残念。
ちなみにチケットは1人4Euroです。まぁ安いですね。

IMG_1594.jpg

住まいはこの部屋と隣の部屋2部屋だけのこじんまりした住まいでした。
ここにシューベルトは4歳まで暮らしたそうです。

IMG_1597.jpg

小、中学校の音楽室に飾ってあったシューベルトの肖像画。
これがオリジナルですよね^^

IMG_1596.jpg

愛用していたシンボルの眼鏡。

IMG_1598.jpg

コンサートでよく歌っている”糸紡ぎのグレートフェン”の直筆楽譜!!
感激です~~☆
部屋の中心にはオーディオが設置されていて、シューベルトの音楽を聴くことができます。
その中にもこの”糸紡ぎのグレートフェン”が。
見学者が誰もいなくて、しんみりと音楽に浸ることができました。
シューベルトの生まれたこの家で、シューベルトの肖像画を眺めながら大好きな”糸紡ぎのグレートフェン”を聴く。
とっても感慨深いものがありました。

IMG_1604.jpg

隣の部屋には当時よく使われていたグランドピアノがありましたが、シューベルトが使っていたものではなくお兄さんの持ち物らしいです。現在ピアノのペダルは2,3本ですが、当時は5本もあったのですね。音程を変えるものだったそうです。

IMG_1611.jpg

シューベルトが実際に使っていたピアノはこれです。
べダルがありませんね。

そして、ウィーンに来たら必ず食べるザッハトルタ。
今回はザッハトルタを生み出したというホテルザッハのカフェで頂きましたよ。

IMG_1622.jpg

内部はこんな感じ。優雅な雰囲気で素敵です☆

IMG_1621.jpg

天皇皇后陛下もいらしていたんですね。

IMG_1625.jpg

美味しかったです~☆
しばし夢の世界へ~~

渡伊しました

ローマに戻ってきました。
年の暮れから1月14日までの2週間ちょとの滞在でした。
滞在中、近くのブダペスト、ウィーンへも行きました。

今回は友人の車でブダペストまで。
道のりは事前にGoogle Mapsで道順を調べました。
今は道順まで調べられるので便利ですね~

出発は金曜の夕方だったので、初めて行く道に不安がありました。
日本と違って高速に道路照明灯がないんです。
車のヘッドライトだけがたより。。それに中央線なんか消えかかっているし、危なくってしょうがない。。
途中休憩をはさみ、2時間半でブダペストへ。

Google Mapsのお陰でなんなくホテルチェックイン。
ショッピング街ヴァーツィ通りから入ったところにある”ELTE Peregrinus”

IMG_1540.jpg

昔ながらの建物で天井がとっても高い!開放感あります。

images2

Webから。こんな感じでした。
中央市場にも歩いて3分ほど。
ツイン一部屋50Euroでした。超格安です!
私たちは夜の19時半ころについたので、この日はこのまま就寝。

IMG_1507.jpg

IMG_1506.jpg

朝食はビュフェ式。

朝早く、車で”蚤の市”へ。
以前はバスで行ったのですが、道が一方通行で回り込んでいかないといけません。
市までも道順を覚えたのですが、長い一直線の道路のどこで脇道に入るかがと~っても難しい。
周りにはフェンスが立っていて同じような景色だし。。。
車で行かれる人は注意が必要です。

IMG_1508.jpg

IMG_1509.jpg

高級アンティーク家具、食器、カーペットから、ガラクタ(失礼)までいろんなものがありましたよ。
食器類がとっても好きなんですが、お値段が非常に高くて手が出ませんでした。

IMG_1640.jpg

砂糖入れが欲しくて探していたのですが、なかなか手が出ず。。
その中で、やっとお手軽な値段でこれを見つけて買いました。少し小さ目ですが、可愛いでしょ^^

イタリア旅行:ミラノ&パルマ料理

ヴェネチアから一旦パルマに戻り、ミラノへは日帰りで行ってきました。
パルマから電車で1時間半と割と近いんです。

あいにくの雨。。

IMG_0677.jpg

ドゥオーモ。
いつも思うんですが、ドゥオーモの中って時間が止まっている気がします。
大きなお墓の中にいるみたいな。。
観光客でざわついているんですが、不思議に落ち着くんですね。

IMG_0680.jpg

ヴィットーリア・エマヌエーレ2世ガッレリーア

IMG_2540.jpg

牛のあそこに踵をつけ、願い事を3回唱えながら廻ると叶うそうでして、順番を待って廻ってきました^^

次女のMちゃん、大のワンピースファンでして、イタリア語版のワンピースを買って帰りたい!とずっと言っていたんですが、何件か本屋を見たんですがなかなかないんですね。
ワンピースはイタリアでも凄く人気があって、ワンピースのファンのイタリア人が、この漫画をきっかけに日本語の勉強を始めたという人も少なくないんですよ。

ローマ、ヴェネチアでも探しましたが、なかなか見つかりませんでした。
ローマには数冊ありましたが、彼女が探しているものではなかったらしく。。
いくら何でもミラノにはあるだろうと思って、このガッレリーア内にある本屋へ行ってみたんですが、、、
ありませんでした。
でもそこの店員が”この近くに漫画専門店があるから、そこならあるでしょう”というので、早速行ってみました。Duomoから伸びているVia Torinoから入ったところにありましたよ。

ワンピースって私は読んだことがないんですが、60数巻出ているそうですね。
ここには殆ど揃っていました。
その時のMちゃん、舞い上がってました^^
お目当ての巻を購入し、これでイタリア語を勉強するんだ!と嬉しそうにしていたので、店主に説明すると、
おまけにワンピースのポスターまでくれました♪
熱狂したのはいうまでもありません。

雨が降っていて寒かったので、早々にパルマに引き上げました。
夜はパルマで人気のお店でパルマ料理。

IMG_0315.jpg

パルマときたら、やっぱりハム!ですよね。
ということで、ハムの詰め合わせ3人分。
サラミ、生ハム、ラード、普通のハム、肩ロース部分のハム。
5人で行ったのですが、数種類の料理を食べたいのでということで、3人分お願いしたのですが、結構な量でした。

IMG_0316.jpg

こちら、ポレンタといって、とうもろこしの粉を練ったものを揚げてあり、ラードと一緒に食べます。
(ハムの盛り合わせの白いものがラード)
揚げてあったので結構お腹にたまってしまいました^^;

IMG_2565.jpg

こちらもパルマの郷土料理でトルテッリ。
詰め物パスタなんですが、1種類にはジャガイモを茹でたもの、もう1種類にはリコッタチーズと青野菜が入っています。だいたいはもう1種、かぼちゃの煮たものもあるんですが、この日はもうかぼちゃのトルテッリは終わってました。人気あるんでしょうね。
茹でてからバターとパルミッジャーノチーズを振りかけて頂きます。

この時点でお腹いっぱいになってしまい、、、それにちょっと重かったのでサラダをもらい、デザートで終了になってしまいました。。
セコンド無しです。

IMG_2568.jpg

マチェドニア(フルーツポンチ)にこのコーヒーシャーベットを頼みましたが、、、
すっごく甘かった。。
それにシャーベットではなく、コーヒークリームのような感じでした。

IMG_0320.jpg

お店の人からグラッパを頂きました!
40度以上あり、口から火が出そうでしたよ。

1週間の旅はあっという間に終わってしまいました。
初めてのイタリア旅行、楽しんでもらえたかな?
また今度は別のところに、近場の外国あたりでも行きましょうか?

たくさんの楽しい思い出ができました。
ありがとう♪


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

イタリア旅行:サン・マルコ広場へ

2日目はホテルから歩いてサンマルコ広場へ。
船に乗らずに行ったのは初めてでしたが、いろんなお店を眺めながら楽しかったです♪
まずドゥカーレ宮殿へ。

ヴェネチア共和国の総督邸兼政庁だった建造物。8世紀に創建され、14世紀(1309年)から16世紀にかけて現在の形に改修されました。

IMG_0653.jpg

ドゥカーレ宮殿中庭からサンマルコ寺院を眺める。
一部修復中でした。

IMG_0655.jpg

ドゥカーレ宮殿武器室からの眺め。
落ち着きます~

IMG_0658.jpg

ドゥカーレ宮殿と牢獄を結ぶ”ため息橋”内部より。

IMG_0662.jpg

こちら反対側。

ため息橋からの眺めは囚人が投獄される前に見るヴェネツィアの最後の景色であった。ため息橋という名前は、独房に入れられる前に窓の外からヴェネツィアの美しい景色を見られるのは最後であるというので囚人がため息をつくというところから、19世紀にジョージ・バイロンが名づけたものである(Wikipediaより)。

IMG_0673.jpg

ため息橋。
地元の言い伝えによれば、恋人同士がこの橋の下で日没時にゴンドラに乗ってキスをすると永遠の愛が約束されるのだという。このため、橋の下の水路は、ゴンドラでヴェネツィアを観光する時の定番のコースとなっている。この伝説をモチーフとして、『リトル・ロマンス』(1979)という映画も作られている(Wikipediaより)。

素敵ですね~☆
誰かと乗ってみたい~(もう遅いよ!という突っ込みはなしで^^;)

IMG_2523.jpg

美味しそう~~~^^
思わずパクリといきたくなりますが、
全部ガラス製品です^^
面白いですね~

IMG_0682.jpg

こちら、私が一目ぼれで買ってしまったもの。
直径4cmくらいです。
薬入れに使っていますがイヤリング、ネックレスなどの小物入れにもいいですね♪


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

イタリア旅行:ヴェネチア2日目

ヴェネチア2日目は日曜日。
イタリアの日曜日はお店が閉まります。1日ヴェネチアでゆっくりできるというもの、休日で店が閉まっているんじゃないかと心配しましたが、どこも通常営業でした^^
観光地は普通営業なのですね。
サンマルコ広場までの通路、すべてお店!
おみやげ物、雑貨、服飾、レストラン、楽し~い♪

IMG_0647.jpg

今回はヴァポレットに乗らず、歩いてサンマルコ方面へ。
街は迷路のようになっていますが、分かれ道には標識があるので迷わずに行くことができます。
小さな水路をゴンロラが。。優雅です。

IMG_0642.jpg

こちらちょっと暇そうなゴンドリエーラ。
一艘6人乗り、40分で80Euroが相場らしいです。
大人数で乗ったほうがお得なわけですね。
人にもよるのでしょうけど、中には観光客と見てふっかけてくる場合もあるようです。
200Euro払った人もいるらしいので、事前交渉でしょうね。

交渉というのは幾らにもなりますから、その掛け合いが結構楽しいです。
店を構えているところだと、主人以外交渉できませんが、屋台などは交渉しだいで安くなります。
特に高いものを買ったり、2つ以上買ったりする場合は安くしてもらえますよ。

IMG_0645.jpg

リアルト橋からの眺め。
人は多いのですが、気分的にはなんともゆったりしてきます。
水路脇の建物に住んでみたいなぁ~


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく
プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム