スパ初体験!

スロバキアには沢山の温泉保養施設があるそうです。
友人が1度行ったことがあるというPiestanyという街へ行ってきました。

piestany_promo_9439_pl.jpg

イタリアでもそうですが、こちらの温泉施設は病気治療の場合が多いようです。
勿論私達みたいに、温泉を楽しむだけに来る人もいるんでしょうけど、日本の温泉施設とはかなり違ってました。

IMG_2063.jpg

IMG_2052.jpg

左のカウンターで受け付けをするんですが、自由には入れないようです。
予約制で13時15分からになりました。

IMG_2056.jpg

窓からの眺めがとっても素敵です♪

Piestany.jpg 
温泉プール

Terme-a-Piestany-300x200.jpg
泥湯プール

いろんなコースがあったのですが、今回はオーソドックスなものにしてみました。
温泉プール+15分の休憩で8.9ユーロ、温泉プール+泥湯プール+15分の休憩で13.5ユーロがあって、せっかくなので泥湯プール込みのコースにしました。いわゆるスパのようでした。

外国での温泉は水着着用だと思って持って行ったのですが、渡されたのは大きなシーツのようなものとスカート。
一応それらを身につけて、温泉プールへ。(プールでは裸でした)

お湯は青白く、とても清々しい☆
15m位あるプールでした。
30度となっていましたが、多分気温がということでしょうか。
熱すぎず、とても気持ちのいい温度で、いつまで入っていても湯あたりしないという感じでした。
リラックス音楽も絶えず流れていて、極楽でした♪

誰もいなかったので、友人とお喋りしたり、泳いだりして存分楽しんでいたら、、、
金髪の夫人が入ってきて、”シッ!”と言われてしまいました。
温泉はリラックスするところなんですね。。。(反省)

温泉プール10分の後、場所を移動して泥湯プールへ。
ここは30m位の大きなプール。
表面は灰色、下に泥が沈んでいます。それも足でとりながら、あちこちへヌリヌリ。。
気持ちよかった~

10分後お呼びが掛かり、シャワーを浴びてリラックスルームへ。
衝立で仕切った、簡易ベッドが並んでいます。
横になったと思ったら、シーツ、毛布と被せられミノムシ状態に。。
暫くは心臓バクバク。。結構体に負担になっていたんですね。
それから15分長かった~。
下からの熱が心地よく、ホットカーペットみたいなのがあるのかと思ったら、体から出た熱でした。

滝のように汗が出たので結構痩やせたと思われます。

抜歯

抜歯するのは初めてのことで不安いっぱいでした。
第一臼歯で小さ目なうえに、ちょっとぐらついていたので抜歯も楽だろうと思っていたのですが、、
結構大変でした。

麻酔注射後15分待ってから抜歯開始。
すぐに取れたので、もう終わったのかと思いきや、治療した部分が取れただけで根っこはまだまだ残った状態。
それからが長く感じました。
巨漢な女医さんが歯肉をこじ開けグイグイと顎に力が入り、半分恐怖でした。。
1本ごと抜ければいいのですが、半分に割れてしまうとタチが悪いですね。

と~っても長く感じたものの、抜歯開始から10分も掛からなかったと思います。

強い麻酔と言っていただけあって、7時に打った麻酔は就寝まで完全には抜けませんでした。
歯医者へ行く前にパニーノを食べ、ミネストローネを作ったので就寝前に少し食べ、2,3日は用心して、反対側で食べたいと思います。
鎮痛剤も服用せず、痛くはないんですが、医師から言われたのは、

 ・1日後はコーヒー、牛乳などの乳製品は食べないこと
 ・食事後はすぐに歯を磨き清潔に保つこと
 ・ブクブクうがいをしないこと(抜歯した歯茎の中に薬を入れてくれたようで、それが取れないように)

ちなみに料金40Euro(日本円で5600円)でした。

ハンガリーの歯医者

わけあって、今ブラティスラヴァに滞在中です。

詰め物が取れて歯医者に行ったのは記事にしましたが、別の歯も問題があったんです。
乾燥バナナを噛んでズキンと神経に触ってから20日ほど。
最初は歯自体が痛かったんですが、10日ほど経って今度は歯茎が腫れてきました。
歯は痛くなくなったので普通に食べていたものの、食事をする度に歯茎が腫れるようになってしまい、治療しなくてはいけないと思いながら日にちが経ってしまいました。

ブラティスラヴァから車で30分のMosonmagyarovar(ハンガリー)はオーストリアやほかのヨーロッパ圏内からわざわざ歯を直しに来るらしいんです。
ハンガリーの歯科医は優秀で、費用も安いとか。

先週早速行ってきました。
メイン通りには歯医者さんは見つからなかったのですが、人に尋ねてちょっと脇道にはいると、たっくさんの歯科医がありました。
Mosonmagyarovarは小さい街で人口は15000人くらいなのですが、そのうち歯科医が300件もあるんです!!
まったく驚きですよね。
歯医者さんの街といっても過言じゃありません。

というわけで、紹介してもらった歯科医へ行ってみてもらいましたら、レントゲンを撮った結果、歯根がダメになっているそうで、抜歯してブリッジかインプラントという形にするということでした。
抜歯なんて何年もしてなくて恐ろしいのですが、第一小臼歯で小さいし、何年も前に治療した歯で自前の歯は殆ど残っておらず、しかも半分被せた状態にしてあった所が浮いてきていて、抜歯したとしてもそうひどい状態にはならないだろうと思っています。

とりあえず歯茎が腫れているので、すぐに抗生剤を服用し3日後に抜歯となったわけです(泣)。

費用を見積もってもらったら、両方とも1100Euro。154000円ですね。
高~い!!ハンガリーなんだからもっと安いと思っていたのですが。。
後ほどネットで調べてみたら日本では20万以上は掛かるらしい。。

ブリッジは抜歯した両側の歯を削ってしまうので、健康な歯を削らなくてはならず躊躇しています。
かといって、インプラントは骨にねじを埋め込んで歯を形成する外科手術になり、成功しない場合もあるらしく、その後のケアも1年に3,4度しなくてはならないようで、どっちもどっちだなと思います。
かといって入れ歯にするつもりはないし。

抜歯してからすぐは形成できないので、しっかり考えてみようと思います。
とりあえず、今日の抜歯がうまくいきますように。。

市場

年の暮れからブラティスラヴァにきています。
大晦日の日、市場へ。

IMG_1437.jpg

服飾店、家庭用品店、日用品店、パン屋、果物屋、花屋、食堂など100件以上のお店があったと思います。

IMG_1439.jpg

こちら八百屋、果物屋。蜂蜜、ヨーグルト、クルミなども売っていました。

IMG_1438.jpg

こちらは長蛇の列!何かと思ったら、漬物屋さん。
みなさん、ザワークラフト(乳酸発酵させたキャベツ。キャベツの酢漬けではありません)を購入してました。
後で調べて分かったのですが、大晦日の夜スロバキアではザワークラフトのスープを食べるそうです。
普通はパプリカの粉が入っていて赤いスープが一般的なんですが、大晦日はパプリカ粉なしなんだそうです。

cabbage-soup.jpg

WEBから。これはちょっとパプリカ粉が入っていますね。

IMG_1449.jpg

私も挑戦してみようと、パプリカ粉を購入。これで100円くらい。

IMG_1452.jpg

私も列に並んでザワークラフトゲット。

IMG_1451.jpg

唐辛子入りのピクルス。ザワークラフトと一緒に買って180円くらいでした。

IMG_1578.jpg

年が明けてからレシピを検索して、作ってみました。
材料はザワークラフト、干しきのこ、燻製ハム、ジャガイモ、玉ねぎ、バター、パプリカ粉、にんにく、塩、コショウ、(ローリエ)です。
いろいろとレシピはあるようですが、簡単そうなものを選びました。
風味が違うんでしょうけどローリエはなかったので省略。

普通のキャベツだと煮るのにそれほど時間が掛からないのですが、このザワークラフト、、、
なかなか煮えません。。
ザワークラフト、きのこ、ハムを水から煮て、バターで炒めた玉ねぎにパプリカ粉を加えたものをザワークラフトの鍋に入れ、材料が柔らかくなったらジャガイモを入れると書いてあるものの、なかなかこれが曲者です。。
2時間過ぎてやっと柔らかくなってきました^^;

ザワークラフトって酸っぱいので、そのまま食べるのは好きではないのですが、スープにすると酸っぱさがほどよい味になるんですね。
はまりました^^

ヌード?

昨日はとってもいい天気だったので、リトマ川を走っている小型のフェリーでも乗ってみようかと思ったのですが、水量が少ない?とのことで運行してないそう。低い船体で内部から見る景色が面白そう♪と思っていたのですが、また次の機会ですね。
24H切符を買っていたので、行ったところのないところへ行ってみることにしました。

湖方面は結構見て周ったので、今回は北方面へ。
特に何があるというわけでもないのですが、地図を見ていると、なにやら湖か池みたいなものがあるみたい。。

トラム、バスを乗り継ぎ終点まで(61番のバス停終点です)。
そこから歩いて5分と運転手に言われました。

辺りは住宅、遠くに田園地帯、森。。湖は見えませんが。。
Chatzenseeという標識があったので、それを頼りに歩いていくと、な~んにもない小道を家族連れなどちらほら。。
彼らについていけばたどりつけそうです。
森に入り森林浴~
空気も清々しくてなんとも心身共に元気になりそうです。

バスの終点から10分ほどで到着しました。
残念ながらカメラの充電が切れてしまったので、画像はWEBから拝借します。

53890660.jpg

上空から見るとこんな感じ。
2つの湖がくっついてます。

Chatzensee.jpg

湖のほとりには、バーベキューができるようになっていたり、売店もあり、テーブル、ベンチなどがあって、軽食をとれるようになっています。子供達用にちょっとした砂場、後の大部分は芝生で覆われていて、沢山の人が日光浴をしていました。

chatzensee001.jpg

ここの橋げたから鉄の階段が降りており、そこから湖に入って泳げるンですね。
結構沢山の人が泳いでいましたよ♪
80歳は過ぎているであろうおばあさんも。。元気ですね~
スイスでは休日にはスポーツを楽しむ人が多いらしくて、おばあさんもきっと若い頃から体を動かされていたんでしょうね。
旦那様と仲良く泳がれていました。いい光景でした♪

私達も暫く日光浴をしてから、湖のほとりを散歩したのですが、人々が日光浴をしている広場の端のほうになにやら別の入り口が。。
といっても立て札があって中は同じように芝生なんですけどね、なになにゾーンという感じ??
はて、、、

”衣類禁止”と書いてあるみたいです。。。

えええええ??

ヌーディスト専用らしいです。
世界中にヌーディスト専用のビーチがあるとは知っていましたが、実際に目にする?のは始めてでした^^
彼らにはいいでしょうが、他の人の目もあるので、その一帯はちょっとした木の柵で見えないようになっておりました。
でも彼らが水に入るとちょっと遠くからだと見えるんですよね。
丁度全裸の若い女性が水に入っていくのが遠めから見えました。
若かったらまだいいんですけどねぇ~

今度来る時は是非水着を持参で来たいと思います^^

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく
プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム