スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

末期がん

ブログ巡りをしていたら、こんな記事を見つけました。

【投稿記事】医者には診せない 苦しまずに死ねる「自然な最期」

「大往生したけりゃ医療とかかわるな」の著者、中村医師が赴任された老人ホームでの体験についての記事なのですが、今までの常識がくつがえされました。
”末期がんというのは痛みが伴うもの”というのが一般的ですよね。
どうしようもない痛みには麻薬を使うとか聞いたことがあります。
でも使い出すと脳が冒されて、まともに言葉もかわせなくなってしまうとか。。

医師が赴任された老人ホーム内でがんになった52名のうち、痛みで麻薬を使った人は一人もいなかったそうです。
医療放棄されてるんですね。
普通にいままで通り生活されて、最後は安らかに亡くなっているとのことです。
がんと戦わずに、共存するんですね。

お年寄りですから、がんの進行も遅いと思いますし、まだまだ若かったら医学の力で治そうと思うのが当たり前かもしれません。でも、実際に末期がんで手の施しようがないと言われたら。。
もしかしたら、そのような道を選ぶかもしれません。

さらに興味深かったのは、

”死ぬ間際、人間は飢餓状態の場合、エンドルフィンという脳内麻薬が出て気持ちの良い状態になっているのです。呼吸状態がおかしくなっている時は酸欠になりますが、あの酸欠状態の時は脳内モルヒネが出ているのです。人間が死んでいく時は、自然に放っておけば、夢うつつのまどろみの状態で気持ち良くこの世からあの世へ移行できるものなのです。人間は本来、このような力を持っていて、自然な最期は苦しいものではないんです”

亡き夫は肺線維症を患い、最後は酸欠状態の中亡くなりましたが、気持ちよくあの世へ旅立っていったのでしょうか。。
最後は自分で呼吸がままならず、体ごと人工呼吸器のなかに入れられ、日が変わろうとする時刻に亡くなりました。。
看取ることができなかったのがとても残念でなりませんが、夢うつつの状態で安らかに亡くなったのならせめてもの救いです。

コメント欄でも興味深いことが。。

”62才宮大工の頭領、医者から末期の胃がんで余命3ヶ月と宣告される。余命の人生好きな事しようと、頭領は延命治療を拒否し九州の湯治場へ。毎日、温泉三昧の結果3ヶ月たっても生存。そのまま1年間湯治場に滞在し続けた後に帰ると、ガンは完全に消滅していた。
35℃は、がん細胞が最も増殖しやすい温度らしいです。逆に、体温を39.6℃以上に保つと10日位でがん細胞は全滅するらしいです。この位の体温だと正常細胞のダメージはないらしいですので、温泉に浸かることなどは効果的なのでしょうね”

凄いことですよね!
全ての末期がんの人に効果があるのであれば、皆さんに声を大にして伝えたい!


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく
スポンサーサイト
プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。