スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の体調

過ぎていきます。セルセプトを500mgx2から250mgx2と半分にしてからというもの、お腹の調子はよくなってきました。
精神的なものが大きかったとは思うんですけどね。
一人暮らしもそろそろ4ヶ月、精神的にも落ち着いてきました。

1月末にパルマに戻った頃に比べると、、、
なんと、4kgほど太ってしまいました(大汗)。

戻った当初は食欲不振、お肉なんて見ただけでもういい。。。という感じだったんですが、最近食欲が出てきまして、体重がうなぎ上り。。。
ひとつにはN子ちゃん実家米が美味しすぎて、つい食べ過ぎてしまうという傾向にあるせいだと思うんですが。

何ヶ月もお腹の調子がすぐれず、体もだるく、体重減。。で運動もほとんど休止していたのですが、さすがに今の状態だと加速式に増加してしまいます。
ちょっと考えないといけません。

1人だから自由で何でもできるのは有難いことですが、反対に何の制限もなくだらしなくなってしまうのも嫌なので、起きたら洗面、ラジオ体操をしてウォーキングへと出かけています。
今は新緑の季節で目に映るものが美しいですね。
朝から気分も上々です^^
朝というのは1日の始めですから、とても大事だと思います。

最近イタリア語の生徒さんが増えて、その準備もあるので結構時間が過ぎていきます。
とても有難いです。。
学校は卒業し、透析にも行かなくていい、毎日行かなければならない仕事はない、友人とはなかなか会えず海外で一人暮らし。精神的にとてもダメージを受けていて、こんな状態が続いているとうつになってしまいかねない。。と思っていました。いったん帰国した方がいいのではと皆から勧められていました。

こんな時週に1人でも生徒さんと会話をすると張り合いが出るんですね。
人は仕事や家族、子供、友人、趣味、目標などがあると生きていられる、そんな気がします。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく
スポンサーサイト

検査結果

先週の火曜日に検便をしたのですが、その結果報告がきました。
細菌が発見されたということだけ。
変な病気が見つからなくて一安心です^^;
取りあえず、免疫抑制剤セルセプトを半分に減量することになりました。

現在服用している薬は、

朝7時  プログラフ  0.5mg
朝食前  降圧剤    5mg
      Yovis     1g
朝食後  メドロール  4mg
10時   セルセプト  250mg(500mgから250mg)

夜19時  プログラフ  0.5mg
22時   セルセプト  250mg(500mgから250mg)

先週の検査から比べると、酷い状態ではなくなりました。
まだまだ正常ではないんですが、2日おきに下剤を服用しないといけない状態からは脱しました。
Yovisは絶食時服用とあったので、朝の遅い時間に服用していたのですが、どうも朝起きてすぐの方がいいようです。一定時間に服用するようになったら、しょっちゅうゴロゴロいっていたお腹も大分静かになりました(笑)。

腸内に細菌が見つかったといっても抗生物質は服用しなくていいんですね。。
セルセプトを減量したくらいで治まればいいのですけど。
まぁセルセプトって副作用に下痢があるので、減らしたらよくなるのかも?しれません。
移植当時、セルセプトを使用しだした頃、一時期下痢が止まりませんでしたから。

あっ。。クレアチニンの値を聞くのを忘れてしまった。。
明日セルセプト250mgを貰いに行くので聞いてみます。
(移植腎に関わる薬代はすべて無料です)


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

整腸剤その後

整腸剤のYouvisを服用し始めて10日が経ちました。
飲んだすぐに効果が現れて、”これは効く!”と思ったのですが、日が経つにつれ、、
また元の状態に戻ってしまいました。。

困りました。。

IMG_0421.jpg

ほとんど毎日雑炊のようなものばっかりで、何だか栄養状態も悪くなってきそうです。
食べ過ぎると夜でもすぐに出てしまうので、困ってしまいます。

実は実家の母もこの時期お腹の調子が悪いらしく、病院へ行ったら”腸炎”とのことで点滴に抗生剤を服用していました。炎症反応が高かったようで、かれこれ3週間くらい通って最近やっとよくなってきたそうです。

IMG_0422.jpg

移植医と連絡をとり、私も血液検査かな?と思っていたら、
検便をすることに。血液検査はクレアチニンだけするそうです。

4本も!?
ちっちゃい匙に取ればいいんだな。。と思っていたら、横から看護婦が、
”8割入れてください”と。。
そうじゃないと突っ返されるから、とのこと。

今朝は割りと状態がよかったのですが、すごく大変でしたよ^^;
(汚い話で申し訳ない)
きっと8割というのは、便が緩い場合なのだと思われます。

検査結果が出るには数日必要とのこと。
何でもなければいいんですが。。
長期間に渡っているので心配です。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

整腸剤

昨日の午後Yovis(整腸剤)を購入して夕食前に服用しました。
夕食後お腹が張っていたのですが、そのまま就寝。
夜中お腹の中が締め付けられるような痛さで(便秘のような)何度か目が覚め、3時に1回2時間後にもう1回とトイレへ行きましたが普通でした。そんな夜中に出なくてもいいのに。。。と思いながら^^;

でもその後2度ほど緩め。。
2度だったので下痢止めは服用せず。

Yovisは即効性があるんですね~
今までも服用したことはあったのですが、その時はお腹の調子は普通だったので気づきませんでした。

昨日医師から経過を報告するように言われていたので電話しましたら、
少し楽になったのなら様子をみようということに。
ローマの医師からはお腹を5度下したら下痢止めを服用と言われたが、どう思うかと聞きましたら、
2,3度でも酷い下痢であれば服用するようにとのこと。
月曜までに(土日は病院は休み)まだよくならなければ検便をするということになりました。

今日はゆっくりしていましたが、少しずつ体も動かさないとと思い、久しぶりにラジオ体操をやってみましたよ。
腕の運動の段階ですでに肩がバリバリに痛い。。
ひとまず耐えて終了。
お天気がよかったので昼食前にウォーキングをしてみました。

ローマの住まいは坂が多くなかなか気が向かなかったのですが、パルマの住まいの近くにはグランドがありウォーキングコースも設けられてあるので運動不足にはもってこいです。
パルマにいる時はだいたいトラック3周くらい、45分ほど歩いていました。
今日は久しぶりだったのでまず1周。。
結構疲れました。。
所要時間23分。
様子を見ながら徐々に増やしていきたいと思います。

昨夜”ためしてガッテン”(録画もの)を見ていてアルツハイマー予防には頭を使うこと、昼寝、適度な運動とありまして、運動くらいは習慣にした方がいいだろうと思ったわけです。
いや、まだまだぼけるには早いんですけどね^^;

精神的にかなり参っておりましたが、まず規則正しい生活を心がけて、心身ともに健康になれるよう頑張りたいと思います。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

体調

2週間ほど前に移植病院へ行き、下痢が続いているので、取り合えず免疫抑制剤Myfenaxからまたセルセプトに変更しました。まぁ成分は同じと言っていたので副作用も一緒でして下痢は治まりません。
セルセプトのせいばかりではないと思うんですよね。
5年前に移植した際はセルセプトの量も多かったので、すぐに下痢をしてしまいましたが、そのうちに治ってしまいましたし。
でも一昨年の3月感染性腸炎になってから、お腹の調子が優れないようなきがします。
考えてみると正常だった日はいつだったことか。。。

でも病的に1日中下しているわけではなく、早朝はじめに1回(軟)、布団に入ってすぐにまたもよおし2回目(下痢)、朝食後に3回目(水)という感じで、毎日3,4回は下してます。
ローマの医師には5回続いたら下痢止めを服用といわれているので薬の服用は滅多にしないのですが、気になるところです。
勿論精神的なダメージを受けているので、ストレスも関係するとは思うのですが、ともかく症状が長い。。
もしかしたら”過敏性腸症候群”かもしれません。。

ちょっと調べてみたら、
”腸の検査や血液検査で明らかな異常が認められないにもかかわらず、腹痛や腹部の不快感を伴って、便秘や下痢が長く続く病気”
なんだそうです。
早朝トイレへ行く前に、必ずお腹がコロコロ音を立てるんですよね。不快ではないんですが、またか。。というかんじです。

原因はというと、
”過敏性腸症候群では、消化管運動異常、消化管知覚過敏、心理的異常の3つが認められ、これらの異常を引き起こす真の原因はわかっていない。一部の患者さんでは、感染性腸炎のあとに発症することが明らかになっており、何らかの免疫異常が関わっている可能性も指摘されている。ストレスは、症状を悪化させる要因となる”

う~ん、どれが当てはまるのか的確には分かりかねますが、感染性腸炎の後から発症するという点ではあたっていると思います。それにストレス。精神的なストレスの嵐でしたから~(泣)。
今独りになってもストレス溜まりますし、困りましたね^^;

”診断の第一段階は、特徴的な自覚症状のパターンから、まずこの病気を疑うこと。次に、似たような症状を示す他の病気(腸のポリープやがん、憩室、潰瘍性大腸炎、クローン病などの器質的疾患)がないことを検査で確認する。
自覚症状からの診断方法として、ローマ基準という世界的に標準化された診断基準があり、下痢、および便秘の症状が3カ月以上存在する場合に、この基準を満たすと判定する”

たぶん3ヶ月以上にはなっていると思います。
それに”命に関わることはないが、経過が長く完全に治ることが少ない”とのことでした。

毎日のことなので、またか。。で終わってしまっていますが、体に力が入らず、ちょっと動いてはフゥフゥいってます^^;
先日義息子に食事作っただけで疲れてしまいました(ちょっと異常ですね)。
取り合えずまた病院へ行くしかないですね。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。