血尿2

体重67.5kg 体温36.1度 血圧133/77 飲水量2100ml 尿量2400ml

今朝は寝不足で、朝早く起きれずウォーキングは断念。

昨日の午後もう1度血尿があったが、その後徐々に黄色がかってきて、夜になると全く普通の黄金色に変わった。残尿感も無くなった。何だったのだろう。膀胱があまりにも膨らんでくれないので、意識的に2時間とかおしっこを我慢したりしていたので、それで一時的に膀胱炎になったのかもしれない。残尿感があるのはつらいものだ。ともかく状態がよくなって安心だ。

血尿?!

67kg 36.3度 134/77 飲水量2100ml 尿量1390ml

朝方6時前にトイレに立ち、その時は普通だったのに、ウォーキングから帰ってトイレにいったら、尿の色が赤い。。。1時間後にもう1度みたけどまだ赤い。。。

ここ3日位尿が出た後も何だか残尿感があった。膀胱炎になったのかもしれない。
すぐに病院に出向いて尿検査と腎臓のエコグラフィーをした。腎臓には問題ないらしい。
気のせいか、病院で尿を採った時は幾分か色が薄まったような。。。

手術の際、尿を出やすくする為(?)小さなチューブを入れたらしい。
明後日泌尿器科で取る予定なのだが、もしかしたら、そのチューブが原因かもしれないとのこと。

午後何回かトイレへ行ったが、黄色に近くなってきている。

コントロール

67.2kg 36.3度 137/83 飲水量2400ml 尿量2160ml
コントロール メドロール8mgから4mg、セルセプト1gから500mgになる

今日も蒸し暑い。明日免許証の更新なので、今日もバスで病院へ。昨日Bagnani先生が今日の検査結果次第でメドロールを減らしましょうと言ってくれたので、採血をしてから受診まで待った。ほっぺの腫れは相変わらずだが、リンパの腫れは幾分か引いてきたような気がする。手術してからメドロールは16mg服用していて、24日から(約1ヵ月後)半分の8mgになった。でも浮腫んでいるのを感じ出したのはここ1週間くらい。クレアチンは昨日1.5だったが、(急いで調べる方)病院の方での検査は1.4だったらしい。今日も1.4だったので、メドロールが4mg、セルセプト1gから半分の500mgになった。(1日2回で2g服用していたところ1gになった)このままいい状態で薬が少しずつ減れば嬉しい。

廊下の椅子で待っていたら、正面に座っていた婦人に声をかけられて、少しお喋りした。旦那さんが13年前に心臓の移植手術をしたらしい。経過は順調だけど、ずっと飲み続けていたネオーラルがとても強いらしく、腎不全になってしまい、2年前から腹膜透析をしているそうだ。自宅で夜間中するらしく、日中は自由に動けるのだそうだ。しかし、免疫抑制剤のネオーラルが腎不全を起こしたなんて、本当に気の毒としかいいようがない。今回は移植リストに入るのに来ているらしい。

コントロール

67kg 36度 133/82 飲水量2250ml 尿量1860ml

コントロール。免許証が切れたので、今日はバスで病院へ。ここ2,3日とても暑い。日焼け止めを塗って(免疫抑制剤を服用していると皮膚がんになりやすいようだ)、顔の半分くらい隠れる大きなマスクに、帽子にサングラス、はたから見たら変質者に見えるかも?
採血を済ませて診察まで2時間弱待つ。
頬から顎にかけての浮腫みと、足の浮腫みを尋ねる。いずれも薬の副作用みたい。

前回クレアチニンが1.3だったのだが、今日は1.5あるという。どうしたんだろう?
明日また採血にいくことになった。

薬が残り少なくなったので先生に処方箋を書いてもらって薬局へ。
先生の書き方が悪くて薬を貰えず。。。また病院へ戻って書き直してもらう。
今日はバスの移動で少し辛い。。。
やっと薬を受け取り、コピーをして、音楽学校でピアノの練習を始めたが、疲れもあってかとても眠い。30分だけで終わりにし、帰宅。すぐに眠りたかったが、シャワーを浴びて昼食を作って食べてからようやくお昼寝。
大体毎日1時間程度お昼寝をするのだが、今日は3時間半も眠った。(途中2度トイレへ)
よほど疲れたのか。。。

腎不全

66.8kg 36.1度 133/80 飲水量2250ml 尿量2360ml

腎不全になったのは1998年の秋。
夏に足の浮腫みに気づいて、帰国した時に病院へいった。
その当時私は約90kgの巨体で、親戚の叔父が糖尿病を患っていたので、母が心配して受診することになった。結果は境界線だったのだが、それと同時に腎不全だと言われた。
60%しか働いていないという。
取りあえず、食生活の改善と、少なくとも10kgのダイエット。

今まで沢山のダイエットをしてきたが、成功せず。でも今度は病気がかかっているのだから、それだけ必死になった。
ある先生から半分ダイエットを勧められ、実行。(1人前の半分の量しか食べないというもの)
勿論間食、ジュース類禁止。
最初のうちは結構お腹が減って大変だったが、そのうち慣れた。

1年で25kgのダイエットに成功。

買い物

66.8kg 35.8度 136/83 飲水量2000ml 尿量2160ml

今日は結構湿気があって、暑かった。。。
ウォーキングを20分してから、8時のプログラフを飲んでから、旦那さまのお墓参り(2005年没)、
Esselunga(スーパー)へお買い物に行った。
ほぼ開店と同時に行ったので、人もそれほど多くはなかった。もしかして平日のほうがもっと少なくてよかったのかもしれない。体に負担にならないように車輪付きのショッピングバックを持って行ったのだが、久しぶりに大きなスーパーに来ると、これもこれも。。とどんどん多くなってしまって、バックはパンク状態。。。車に乗せるのが少し大変だった。

最近薬の副作用か、顔が丸くなってきている。両えくぼがあるのだが、えくぼができるとポッペがパンパンになってしまう。左顎のリンパ腺も腫れているような気がする。今度先生に聞いてみよう。

祝移植手術1ヶ月!

体重67kg 体温36.3度 血圧143/89 飲水量2000ml 尿量2450ml

腎臓移植手術をして1ヶ月が経った。拒絶反応、感染などもなく、今のところ順調にきている。ただ透析時代よりも貧血で、体全体に力がみなぎって生きてる!!という感じからはまだ遠い。
昨夜もほぼ1時間おきにトイレに立ったし、まだ寝不足が続いていて頭もはっきりしない。
クレアチニンも1.3~1.4をうろうろしていて、安定はしているのだろうが、1をきってほしいものだ。献体腎だからこんなものなのかもしれないが。日本の平均基準は1まで。イタリアは1.4まで。まぁイタリア人の腎臓だからいいのか。。。
尿も平均2000ml以上は出ている。Renato様様だ。

歯医者

66.8kg 35.6度 136/80 飲水量2200ml 尿量2510ml
メドロールが16mgから半分の8mgになる

8時前にコントロールに行ったら誰もいなかった。いつも椅子に座れないくらい人がいるのに。。。
(中に1人いた)
すぐに体重測定(66.5kgだった)血圧、採血をして、尿検査。7月2日に移植した金髪美人もやってきた。今日はお母さんと(多分)旦那さんと一緒。
尿を取って持って行ったら、今日は帰ってもいいとのこと。その足で歯科へ。N先生は今日来るかどうかきいたら、11時半から予約が入っているので来るとのこと。まだ8時半だったが、待つことにする。というのも昨夜歯がぐらぐらするので、少し弄っていたら、パコッと取れてしまった。支えの部分も取れてしまったので、ちょっと触っただけで取れてしまうようになってしまった。これではとても食事なんかできそうにない。中は大きな穴が開いているし、食べ物が詰まったらどう掃除していいものやら分からないし。。。
待合室で待っていたら、すぐ近くに5歳くらいの女の子が座った。「子供かぁ。。。ウィルス持ってないといいけど。。。」と思っていたら途端にゴホゴホ。。。と咳き込んで、私は暫くしてから大事のため外へ。すぐにN先生がバイクに乗ってやってきた。早く来てくれてよかった。。状況を話したら、すぐに取り付けてくれることになった。(30分位は待ったが)N先生はまだとても若いが、この前急患でやってもらった若い女医さんに比べると腕はいいようだ。とても丁寧に私が納得するまでやってくれる。

だいたいイタリアという国はよく待たせる国だ。時間におわれず、丁寧に診てくれて助かるのだが、予約をいれても少なくとも30分は待たされる。N先生に後15分位で診れるからと言われても信用してはいけない。それから1時間半待たされた。
日本のように1時間待ってたったの5分の診療というわけではないし、こちらが納得するまできちんと応対してくれるのはありがたいのだが。。。

費用

体重66.8kg 体温36.2度 血圧133/77 飲水量1900ml 尿量1900ml

インターネットで調べたら、「移植後も慢性腎不全であり、1級障害者は変わらない。」とのこと。
免疫抑制剤を使っているうちは(一生なんだけど)腎機能に以上があるとみなされ、そのまま障害者になるとのこと。でも年金は3年くらいで無くなるそうだ。私は日本では年金は受けていないけど、イタリアでもそうなんだろうか?何年かに1度障害の程度の診察を受ける診察も移植をしても更新できるのだろうか?免許証の心配もそろそろしなくてはならない。診察は今月の30日の予定だ。明日でも先生に聞いてみよう。
重度障害者医療費受給者証も返還しなくていいらしい。医療費も今まで通り9割は戻ってくるようだ。よかった。

ネットで調べたら、免疫抑制剤など毎日飲んでいる薬の価格は、
1日で 約8000円。
1年で 約290万円、にもなるらしい。

一般的には腎移植にかかる費用は約400万円。
一般的には透析にかかる費用は年間約500万円。
ちなみに、透析の時も、移植の際も、移植後も、いろいろな制度に守られており、一次負担はあっても、還付されるので、ほとんど自己負担はないとのこと。

とてもお金がかかっているんだなぁ。。。

食欲

66.4kg 36.1度 154/87 飲水量2000ml 尿量2560ml

今日は義理の息子Dの34歳の誕生日。長男のSが私とDを夕食に呼んでくれた。
それはとても嬉しいのだが、彼らには5歳の女の子と2歳の男の子がいる。
普段から動物、子供には神経質になっていたので、どうしようと思ったが行くことにした。
でも行ってみると子供たちは山の家へおばあちゃん達と行っているとか。
ひとまず安心。。。

透析時代はあまり食欲が無く、人の半分以下しか食べていなかったのだが、移植してからというもの1人前完全に完食!それも最後まで美味しく食べられる。とても嬉しい!
プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム