スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

献体腎臓移植者

体重68.8kg 体温35.8度 血圧139/83, 119/72(夜) 飲水量2100ml 尿量2150ml

先日の採血の際、同じ病室で移植を受けた、アラブ人の女性に会いました。
”アラブ人。。”と思ったものの、彼女だとは気づきませんでした。
まだ20代だと思いますが、おばちゃんのようでした。

なんと、移植してから8kgも太ったそうです。

私も最近太り気味。。と思っていたのですが、それでも透析時代から比べると1kg範囲です。
移植をすると食欲が出る、それに薬の副作用も手伝って食欲旺盛になる。。糖尿病になりやすい。。
などと聞いていたので、セーブしていますが、彼女は何も知らないようすでした。
移植冊子は1人1人に配られますので、持っているとは思いますが。。

彼女はイタリアへ来てもう5年だと言っていましたが、殆ど喋れません。
今回はご主人が一緒だったので、彼女に通訳していろいろ情報を提供しました。

入院中に何度か身振り手振りでコミュニケーションをとっていましたが、
”どうして5年もいるのに、喋れないのか”聞いたら、”主人が外に出させてくれない”とか。
語学学校に通ったら(市の運営で無料)もっと自由に誰とでもコミュニケーションできるのに。。と思いましたが、ご主人嫉妬深いのでしょうか。。?
同じ時期に移植をして、お互いにもっと話し合うことができたらとても嬉しく思うのですが。。残念です。。

彼女の透析期間はたったの9ヶ月。こんなに早く移植ができて凄く恵まれています。
入院中も彼女はとても経過がよくて、早々と退院しました。(若いせいもあるのかも)
ただ水分を多く取らないと、ご主人が嘆いておりました。
横から私が、”1日2リットルは取ったほうがいいんだよ”と言って、ご主人が伝えましたが、
”no、、”冗談で言っていたのか定かではありませんが、ご主人に言わせるととても頭が固いそうです。でも折角もらった腎臓のためですものね。
私の言うことも神妙に聞いていたし、たぶん変わってくれると思います。


いつも来てくださっている皆さんの中からお一人にクリスマスカードをプレゼントします。
イタリアから郵送するのに結構かかるかもしれませんので、締め切りは12月10日にします。
”クリスマスカード希望”(ニックネームと数3桁も)と書いて、こちらまでご応募下さいね☆
厳選な抽選の上、当選者はブログで発表します。

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ
左のBlogランキングもよろしく
スポンサーサイト

検査結果

体重68.6kg 体温36.2度 血圧135/87,137/84 飲水量2150ml 尿量2190ml

昨夜の記事を訂正しようとしていて、誤って消してしまいました(泣)
コンピューターが気まぐれで熱くなりすぎて、いきなり電源が落ちてしまいます。
こまめに保存していないと、また初めからの繰り返し。。
何度記事を書き直したものか。。

気を取り直して、昨日の記事を再度アップしています。

血液検査の結果

                 11月22日         11月25日
                (発熱38.5度)
    WBC           15.39            9.52   (4~10)
    RBC            4.34            4.42   (3.9~5.2)
    Hb             11.7            11.5   (12~16)
    Ht             37.2            38.4   (36~46)
    グルコース        189             93    (60~110)
    クレアチニーナ      1.7             1.6    (0.5~1.4)
    尿素            32              41    (10~50)
    ナトリウム        136             140    (135~148)
    カリウム          4.4             4.6    (3.5~5.3)
    カルシウム        8.8             8.7    (8.3~10.5)
       
尿検査

    尿色             黄色(不透明)      黄色(透明)
    PH               5.5             6    (5.5~6.5)
    蛋白              30              0    (0~15)
    ヘモグロビン         0.075            0     (0)
    亜硝酸塩           あり            なし    (なし)
    白血球(Esterasi?)     125            0      (0)
    蛋白/クレアチン       300            普通  (150以下)
    赤血球             38             3    (0~11)
    白血球             486            14   (0~15)
    薄く剥れた細胞        23             4    (0~15)
    細菌              20682          1054  (0~3000)

一昨日のクレアチニーナは1.5になっていました。
発熱以前の数値になってくれてホッとしました。
エコグラフィーでも問題はありませんでした。
よかった、よかった。。

拍手を送ってくださった皆さん、ありがとうございます。
残念ながら消えてしまいました。。
また応援宜しくお願いします☆

いつも来てくださっている皆さんのうちお一人にクリスマスカードをプレゼントします。
イタリアから郵送するのに結構かかるかもしれませんので、締め切りは12月10日にします。
”クリスマスカード希望”(ニックネームと数字3桁も)と書いて、こちらまでご応募下さいね☆
厳選な抽選の上、当選者はブログで発表します。

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ
左のBlogランキングもよろしく

またまた大雪。。。

大雪の日


体重68.9kg 体温36.2度 血圧137/82 飲水量1900ml 尿量2000ml

先日の雪がやっと融けてきたと思っていたら、また大雪です。

午前採血で、午後はエコグラフィー。
午前中はまだそれほど積もっていなかったので、車で行きました。
雪道は初めて。。。
ちょっと滑ったりして、怖かったです。


大雪の日


何だか山小屋みたいですね。
一応教会です。水曜日のミサしかありませんが。
右端の柱に十字架が見えます。鐘も付いているのですが、分かりませんね。
ここはちょっとした広場で、バスの停留所、駐車場になっています。

午前の車の運転が少し怖かったので、ごごのエコグラフィーはバスで行くことにしたのですが、

                待てども、待てども。。。。。。来ない。。

先日は30分待ちましたが、今回は40分。。。で諦めました。
予約時間も迫っていたので、急遽車で。。

午前よりも積もっていて(今日は1日中降りました)、30km/hの、のろのろ運転で行きました。
雪国で透析をされている皆さん、本当にご苦労様です。


いつも来てくださっている皆さんのうちお一人にクリスマスカードをプレゼントします。
イタリアから郵送するのに結構かかるかもしれませんので、締め切りは12月10日にします。
”クリスマスカード希望”(ニックネームも)と書いて、こちらまでご応募下さいね☆
厳選な抽選の上、当選者はブログで発表します。

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ
左のBlogランキングもよろしく

杖をついたおばあさんを見て+皆さんへお知らせ☆

体重69.2kg 体温36.3度 血圧137/80,133/79 飲水量1800ml 尿量2170ml

バスに乗っていたら、杖をついたおばあさんが横断歩道を渡っていた。
バスが止まったのでよく見えたのだが、両方の手に杖を持って松葉杖のようなもの)バスの方を少し気にしながらも、おばあさんのペースでゆっくり横断していた。
それを見ていて思った。

                  ”やれる事をゆっくりやろう”


おばあさんは勿論小走りなんてできないが、車を気にしてちょっと早めに歩いたらどうか。。?
。。。転んでしまうかもしれない。。。

つい今迄バスに乗るために小走りになったりしていた。
階段の2段飛びとか、高い段差のある所などは移植をして避けるようになったが、日頃の行動にも気をつけないといけないと思う。
バスの定期を持っているのに、何度も町に出るのが億劫で、1度出ると沢山の用事をかたずけてしまう。。
その結果が今回の発熱にも繋がっていたのではないか?

今日も実はL先生の所へ楽譜を取りに行ってから、卒論を決めるために歌のS先生に会いに行った。
卒論(歌のテクニックの一つであるアジリタについて)を書くために、図書館へいってコピーを取ったらと言われ、必要な本、辞書を教えてもらった。
でも楽譜はL先生のものだからすぐコピーして返さなければならない。
これから図書館へ行って調べものをして、さらに重い本類を持ってコピー店まで行って。。。と考えただけで疲れそう。。。

                  ”疲れすぎはレナートによくない”


と思い、L先生の楽譜だけすぐにコピーし帰宅した。
明朝は採血、午後はエコグラフィーだし。
よくなってるかな。。


        クリスマスカード


さて、クリスマスまで1ヶ月を切りました。
いつも来てくださっている皆さんの中からお一人に、上のクリスマスカードをプレゼントしたいと思います。
(写真べたでごめんなさい。画像の縮小にちょっと失敗したようです。ちょっと歪ですね。実際はとても綺麗で上品な色です)
イタリアから郵送するのに結構かかるかもしれませんので、締め切りは12月10日にします。

”クリスマスカード希望”(ニックネームと数字3桁のパスワードも)と書いて、こちらまでご応募下さいね☆(メッセージも書いていただいたら嬉しく思います)
お一人1回の応募でおねがいします。
厳選な抽選の上、当選者はブログで発表します。

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ
左のBlogランキングもよろしく

イタリア腎臓移植冊子より: 手術後

体重69.6kg 体温36度 血圧144/87(夜) 飲水量2550ml 尿量2200ml

移植手術は4,5時間を要し(1つの腎臓を移植した場合)、その後移植病棟に移される。
腹部は消毒され、少なくとも1つの排泄用チューブをつけられる。
(大体2本のようです。取れる時期は個人差があります。人によっては1週間弱、私は全てが取れたのは退院日の13日後でした)
手術前にストッキングを着用したのは、血栓予防のためである。
術後何日かは幾つかの症状が現れる場合がある;

          ・麻痺
          ・むかつき
          ・吐き気
          ・傷の痛み
          ・頭痛

術後のコントロール
排泄には細心の注意を払う。術後すぐには膀胱には尿を溜めず、尿カテーテルを使用。
尿カテーテルの先にはメモリがついた袋がついており、尿量を測定するようになっている。
看護師は1日の尿量、色をチェック。
術後24時間は痛み止めが投与される。
(私の場合、術後全く痛みを感じませんでした。24時間後も痛みはなかったです。その後2日は全く動けませんでしたので、痛みも感じませんでしたが、全身を洗ってくれた時体を斜めに保つのですが、その時は痛みを感じました。上記のような麻痺、吐き気とかも全くありませんでした)

血液検査、血圧測定、脈拍、体重、体温、1日の尿量がチェックされる。
(術後数日、尿は赤みがかかっていたりするので、心配しないように。約20~30%の移植腎臓は、すぐに尿を作らない。また術後何日も尿が出ない場合もある)

        
☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ
左のBlogランキングもよろしく

つかの間の喜び。。。

体重69.5kg 体温36.4度 血圧145/80,138/76 飲水量2300ml 尿量2180ml

今日のタイトルは”祝5ヶ月!”となる予定だったのですが、、、
最悪の状態に。。。
先日の11月17日の血液検査では、今迄一番成績がよかったので、心の中で”小躍り”していたのですが、この発熱で”急降下”してしまいました(泣)
つかの間の喜びとはこのことです。

恐ろしや、発熱!

レナートはまだ言わば新生児ですものね。
大事に大事に扱わなければならないのに、無理をしてしまったようです。

悲しいかな。。クレアチニーナは今迄最良の1.3だったにもかかわらず、一気に”1.7”。。
グルコースに至っては正常範囲110までなのですが、”201!”
いきなり”糖尿か!”と思いましたが、落ち着いて考えてみたら、発熱した2日間は緊急採血だったので、薬も飲んでいたし、朝食もとっていたのでした。
(採血前は薬、食事禁止)
それにしても高くはないか?

折角異常値を示す★がなくなったのに、倍増です。。

悲しい結果ですが、後々の為に載せておきます。

                11月17日      11月21日     11月22日
                           (発熱38.7度)   (発熱38.5度)
    WBC           6.94        18.93        15.39  (4~10)
    RBC           4.49         4.45        4.34   (3.9~5.2)
    Hb            12.3          12         11.7  (12~16)
    Ht            38.6          37.6        37.2  (36~46)
    グルコース       108          201        189   (60~110)
    クレアチニーナ     1.3          1.6         1.7   (0.5~1.4)
    尿素           42           39         32   (10~50)
    ナトリウム        141         137         136   (135~148)
    カリウム         4.6          3.9         4.4   (3.5~5.3)
    カルシウム        8.3                    8.8   (8.3~10.5)
    
尿検査

    尿色          黄色(透明)    黄色(不透明)
    PH            5.5          5.5              (5.5~6.5)
    蛋白           0           30               (0~15)
    ヘモグロビン      0           0.075               (0)
    亜硝酸塩        なし          あり              (なし)
    白血球(Esterasi?)  0           125               (0)
    蛋白/クレアチン    普通         300               (150以下)
    赤血球          3           38               (0~11)
    白血球          4           486              (0~15)
    薄く剥れた細胞     6           23               (0~15)
    細菌            2          20682             (0~3000)

こうやって見ると凄いですね。
尿検査、真っ赤です(汗)。
細菌2が20682ですか、、、凄すぎです。眩暈しそう。。
レナート君、元気になってくれるでしょうか。。
その前に体をしっかり休めないといけませんね。

C先生から”外をうろつかないように”とのお達しでした。
えぇ、、決してうろついたりはしていませんしません。
緊急に、金曜日レナートのエコグラフィーをすることになりました。

暫く安静にしています。

 
☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ
左のBlogランキングもよろしく

朝起きたら・・・


  大雪


体重69.5kg 体温36.1度 血圧135/82,133/83(夜) 飲水量2300ml 尿量2000ml

朝起きたら、大雪でした!
パルマは雪は少なく、降っても12月中旬以降から。(ちょっと早すぎ)
それも年に数日で積もることはあまりなく、すぐ融けてしまいます。


  大雪


バス停のある駐車場もこの通り。。
結構積もってます。
昨日はお墓参りに行って、そのまま車を外に出しておこうか。。とも思っていましたが、車庫に入れておいてよかった☆
交通が混乱していたのか、来るべきバスが来ない。。
この寒い中30分も待ちました。
折角熱が下がったと思ったら(汗)。。また熱がぶり返さないことを祈るのみ。
急いでダウンジャケットを出して着たのはよかったけど、手袋忘れてしまった、、、


  大雪


見慣れた景色も、雪化粧で綺麗でした☆


今日は、移植後初めての24時間蓄尿検査でした。
昨日の朝7時から今朝の7時まで。(朝7時の尿は捨てます)
どうでるでしょう?ちょっとドキドキです。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ
左のBlogランキングもよろしく

尿混濁

体重69.5kg 体温36.8度 血圧139/87,126/75(夜) 飲水量2700ml 尿量2660ml

発熱する何日か前から尿が濁っていましたが、今朝になって透明に戻りました。
久しぶりに見る”曇りのない金色の透明な尿”。。。綺麗でした。。(変?)
薬が効いたのでしょうね。

正常の状態での尿は透明感がありますが、腎盂腎炎や膀胱炎などの尿路感染症の場合、細菌などが多量に侵入して、尿の中に白血球がたくさん出て、それによって尿が濁るそうです。
それに通常含まれる塩類の量が多い場合、尿路結石が出来やすい人、脱水の時にもみられるとか。。

今朝は平熱よりは少し高めでしたが、日中も37度以上にはなりませんでした。
よかったです。
ともかく一人暮らしというのは、何かと大変です。
熱が高いと買い物にも行けないし、洗い物は溜まる一方だし、熱が下がらなくて不安な夜も1人で耐えなければなりません(涙)
いざとなればダニエレにSOS送るのみですが。
先日の高熱の時には助けてもらいました。
買い物をしてきてもらって、ミネストローネ(数種類の野菜が入ったスープ)を作ってもらいました。
勿論いちいち段取りを説明しましたけど。。
今回はL先生に振舞った夕食のあまりがあったので、それで繋ぎました。

でも身内が近くにいるって心強いです。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ
左のBlogランキングもよろしく

発熱2日目

体重69.2kg 体温38.4度 血圧145/81,138/77(夜) 飲水量2400ml 尿量2590ml

夕べはまた38.4度まで熱が上がってしまったので、解熱剤を服用しました。
朝起きても38.4度のまま。もう1度解熱剤を飲んで病院へ。
タキピリーナ(解熱剤)は38度以上熱が上がった場合6~8時間おきに飲むように言われています。

昨日ほどはだるくなかったです。
昨日と同じタバニック500mlを点滴してもらって帰宅。
明日からはレボフロキサシンの錠剤になります。
2箱10日分処方してもらいましたが、全部飲むんでしょうね(汗)

11月17日の血液検査結果をもらいました。

                       11月3日      11月17日

           WBC          3.54          6.94   (4~10)
           RBC          4.44          4.49   (3.9~5.2)
           Hb            12.1         12.3   (12~16)
           Ht            38.9          38.6   (36~46)
           グルコース       106          108   (60~110)
           クレアチニーナ     1.5          1.3    (0.5~1.4)
           尿素           30           42    (10~50)
           尿酸           6.8           6.8    (2~7)
           ナトリウム        141          141   (135~148)
           カリウム         4.3           4.6   (3.5~5.3)
           マグネシウム      1.4           -    (1.6~2.5)
           カルシウム        8.9          8.3    (8.3~10.5)
           リン            3.8           -    (2.5~4.8)
           タクロリムス       8.2           5.3    (5~15) 

尿検査では蛋白、潜血無しでした。 
WBC、クレアチニーナも正常値になって一安心です。

まだ熱がありますが、(22時半現在37.8度)移植をしてとても元気になったと過信していたのかもしれません。
透析の時と比べてだるさがなくなったので、つい無理をしていたようです。
ちょっとずつ、ゆっくりゆっくりですね☆


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ
左のBlogランキングもよろしく

発熱38.7度

体重69.2kg 体温38.7度 血圧160/90,137/74(夜) 飲水量2500ml 尿量2930ml

昨日頑張りすぎたのか、またまた発熱です。
昨日はピアノのL先生を夕食に招待したのですが、午前中婦人科、その後大型スーパーへ買出しにいって、帰宅後部屋の掃除、L先生を音楽学校まで車で迎えに行って、それから4種類の料理。
料理している間先生とお喋りしていましたが、先生は寒い。。と言うのに私は暑く感じていました。もしかしたら、少し熱があったのかもしれません。
すぐ暖房を入れましたが。

楽しくお喋りをしながら夕食を取り、先生を駅まで車で送っていきました。

就寝する前の血圧も正常でしたし、特におかしなこともなかったのですが、夜中凄く寒くて目が覚め、薄い掛け布を足して寝ましたが、熱が出る前の寒気が襲ってきました。寒気が過ぎると例のごとく発熱です。。。

7時43分に熱を測ったら38.7度。。すぐにタキピリーナ(解熱剤)を飲みました。
先日熱が出た時は2時間後には37度まで下がったのですが、今回は2時間過ぎてもまだ38.5度でした。
病院に電話をして、すぐに診察してもらいました。
38度以上熱があると、車の運転も辛いですね。。。
でもバスの乗り継ぎでは病院にはいけなかったかも。

風邪の症状は全くなく、内診しても異常なし。
疲れでしょうか。。
それともスーパーでヴィールスもらった?

熱が下がらないし、ちょっと膀胱炎の症状みたいなものもあったので、タバニックという抗生剤の点滴(500ml)をしてもらいました。
明日もう1度点滴だそうです。

”レボフロキサシン/れぼふろきさしん(Levofloxacin)
合成抗菌剤(ニューキノロン剤)。レボフロキサシンは一般名であり、日本の商品名はクラビット、米国の商品名はレバキン、欧州の商品名はタバニック、レボキサシン”



午後は36.9度まで下がりましたが、夕方からまた上がってきて、現在(22時02分)38.4度です。
もう寝ます。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ
左のBlogランキングもよろしく
プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。