イタリア腎臓移植冊子より: 退院後の外来

退院後、コントロールの為、定期的に通院することになる。
各自によって違いはあるが、最初の1ヶ月から3ヶ月は週2回の外来である。

外来に来る日、血液検査の前には絶対に薬を服用しないこと。
(看護士が来るのが7時半。免疫抑制剤を飲むのが8時。すぐに採血できるのであればいいのですが、沢山の人が待っていると、薬を飲む時間が遅れてしまいます。今までで一番遅れたのは。。9時半でした。)

医師が傷口の状態をみて、必要であれば消毒も行う。
退院後暫くしたら、エコグラフィーによる腎臓のコントロールも行う。

外来の午後、検査結果により、医師が薬の調整が必要と判断した場合は、看護士から直接連絡が入る。
外来時には、必ず薬のリストを忘れずに持ってくること。
(採血、尿検査の後、医師の診察はだいたい10時から。検査結果が出るのは午後なので、外来の日には検査結果はもらえません。勿論午後電話で聞くことはできますけどね)

検査結果次第で、外来に通う期間は短くなる。
退院後3ヶ月は週2回から1回に、3ヶ月から6ヶ月は2週間に1度、その後月1度となる。
遠方から来て手術を受けた人は、自宅の近くの病院に通うことができる。
また病院側が用意する宿泊施設を利用することもできる。

パルマは腎臓移植では優秀なのかもしれません。
私が入院してる時も、南の方から来ている人が沢山いました。

イタリアでは献体腎臓移植リストに登録する際(膨大な各種検査も登録料も全て無料です)、2つの市を選ぶことができます。
だいたい自宅近くを選ぶ傾向にあるようです。私はパルマとボローニャを選んでいました。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

障害年金

透析を導入した時はまだ未婚でした。
学生で仕事はしていないので、障害年金ももらっていませんでしたが、結婚後もらえるようになりました。
日本の半分位しかありませんが、主人の遺族年金と合わせてどうにか生活できています。

ここにきて、障害年金の見直しという手紙が来ました。
2月初旬に呼び出しがかかっています。
退院時の書類、検査結果など提出とあります。
移植後状態がよければ、年金が切られてしまうのか。。。とても不安です。。
看護士に聞いても、医師に聞いても分かりませんでした。
移植後何年も経っている人に話を聞きたいのは山々ですが、こちらでは1人も知り合いがいません。
日本では何年か余裕があるのですよね。
いきなり切られたらそれこそ大変ですものね。
イタリアではどうなのか、、、まだ分かりません。

今日先日21日の検査結果をもらいましたが、クレアチニン1.4(先月1.3)、尿酸7.1(先月7.3)でしたが、まだ細菌が増えてしまって、今度は20日間も抗生剤服用になってしまいました。。。
以前尿濁の記事を書きましたが、水分を増やしただけではだめだったようです。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

イタリア腎臓移植冊子より:手術後の管理

退院する事前に、薬物治療、自己管理についての説明がある。
”尿カテーテルが取り除かれてから、1時間おきにトイレへ行きたくなる”これは自然のことであり、手術したばかりの膀胱に負担をかけないためにも、無理に我慢しないように。

退院時に治療に必要な薬、リスト(薬の名前、何時に何錠とかかれている)も渡される。
退院したら、責任をもって管理すること。

薬リスト

このような治療薬を書いた紙を渡され、退院時には薬の名前、量、時間を1つ1つ確認しながら口答させられました。当時の薬は11種類。暫くしてマグネシウム剤が追加されています。
名前も全て覚えるように言われました。(時間がかかりましたけどね)

今日は25日。7ヶ月目です。
現在の薬は、プログラフ       朝8時   1mgx2錠
        メドロール       朝食後   4mg
        ランゾックス(胃薬) 朝10時   30mg

        プログラフ       夜8時   1mg+1.5mg
        カルチトゥリオーロ  夜10時   0.25mg
        (カルシウム剤)
        炭酸カルシウム   夜10時   1g

以上の5種類になりました。
ちょっと最近血圧が高めなので、もしかしたら降圧剤を服用することになるかもしれません。
先日の外来では150/80でした。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

牛乳自動販売機

イタリアではあまり自動販売機を見かけません。
駅、病院くらいで、道路わきとかにはありません。
何ヶ月か前から、牛乳自動販売機を見かけるようになりました。
だいたい、大手スーパーや、人が集まる商店街などにあります。

牛乳自動販売機

絞りたてで美味しいという評判のこの自動販売機、私も移植半年を過ぎて安定期になってから、何度か利用しています(やはり絞りたてというので警戒していました)。コクがあってとても美味しいです。
それに牛乳を直接買えるので、容器を持っていけばとても安くなります。
市販では1リットル2Euro弱。この販売機で容器を持っていくと、1リットル1Euroです。
安くて美味しいとなれば、誰でもこの販売機で買いますよね。

先ほどホームドクターの所へ行った時、待合室で何気なく雑誌を読んでいたら、この牛乳自動販売機について書いてありました。
イタリアではすでに、1024箇所この販売機が設置されていて、新鮮で美味しいという評判だが、要注意とのこと。
設置されたのは去年で、まだそんなに期間は経っていないと思いますが、細菌が原因で、9人の子供の腎臓に問題が出ているそうです。
勿論そのまま飲んだんでしょうけど。
こういう危険もあるので、牛乳は生でなく、必ず火にかけるように!とのことでした。

私も飲む時は必ず火に通していますが、販売機で買った直後、2口ほど直に味見してました。。
止めたほうがいいですね。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

愛について思う

人を愛することって、とても素晴らしいことだと思う。
誰かを大切に思う心。。そこに優しいエネルギーを感じる。

純粋な愛には条件はない。
学歴?エリート?美男子?
本当の愛が生まれた時には、そんなもの何の関係もなくなっている。
たとえ失業していても、病気であっても、純粋に愛していれば関係ない。
そして、片思いに終わっても、その人が幸せであればいいと思う。
愛するって、相手を思いやる心なんじゃないかな?

愛すること。
いつも一緒にいたいって、手元に置いて離さないこと?
自分の都合のいいようにさせること?

愛するって、とても自由なんじゃないかな?
その人を手放してあげる、そこから本当の愛が育つように思う。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

移植外来&生体移植者

1ヶ月ぶりの移植外来でした。
12月22日の検査結果では、貧血はなくなり、ヘマトも39.6(正常値36~46)と今までの最高値でした。
尿酸値が7.3と正常値から0.3出ていましたが、クレアチニンは1.3(0.5~1.4)とこれまでの一番いい値で嬉しかったです。
次の外来は3月6日、1ヶ月半後になりました。

さて、診察を待っている間に、去年8月生体腎臓移植をしたという男性(30代?)とお喋りしました。
腹膜透析を1年半した後、母親から移植したそうです。
仕事をしているというので、腹膜透析だったら、何時間かおきに透析液を換えなくてはいけないから大変じゃない?と聞いたら、彼は家庭腹膜透析をしていたのだそうです。

私は始めから血液透析だったので、腹膜透析に関してあまり知識がなく、4時間おきくらいにしなくてはいけないものだとばかり思っていました。
家庭に透析機を持ち込んで、寝ている間に血液透析をする方法があるとは知っていましたが、腹膜透析も同じようにできるとは知りませんでした。
この方法だったら、仕事には全く差し障りありませんね。

お母様は0型、彼はB型だそうですが、いろいろな検査の結果適合率がとてもよかったので移植したそうです。イタリアでは生体移植の場合、同じ血液型からしかしないものだと思っていました。。
移植後の経過はとても順調で、手術の為に10kgダイエットされたお母様も(母の愛ですね)とてもお元気だそうです。クレアチニンは私と同じ1.3。彼も1.3~1.5の範囲だと言っていました。

見るからに健康そのものといった感じです。
移植して元気な人にあうと嬉しいものです♪

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

Sette anime (7つの贈り物)

Sette animeというウィル・スミス主演の映画を見ました。
イタリア語の題名だと”7つの魂”です。

何気なく映画でもみようかという感じで、下調べもせず映画館へ行ったところ、7つの映画の中で(大きな映画館で7つの映画が同時放映されています)丁度Sette animeとYes manが見れる時間帯でした。でも凄い人ごみでSette animeの上映時間に間に合いませんでした。
でもウィル・スミスは大好きな俳優だし、やはり見たいな。。と思って出直しました。
次の上映時間は22時。終わるのは0時40分でしたが、ストーリーも知らないのに何故か引き付けられました。

イタリアの映画館では、字幕はなく吹き替えです。
私にとっては字幕があったほうが何かと判りやすいのですが。。。
回想録も混じったりして、最初の方は判りにくかったです。。。

全くストーリーを知らないってやはりいいです♪
それだけのインパクトが凄い!
久しぶりに号泣でした。
声は上げませんでしたが(笑)、映画を見てこんなに泣いてしまったのは初めてです。
今でも思い出すたびにウルッときます。。
ただの感動ものではないのですが。

私は移植してしまいましたが、透析時代にみたら、きっと違う感覚を持つのかなぁと思いました。

日本は2月中旬公開だそうですね。
映画好きの人には是非見に行ってくださいね♪
お勧めです。
きっとアカデミー賞などの賞を取るに違いないと思います。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

イタリア腎臓移植冊子より: 拒絶反応

拒絶反応は、自分の体を異物から守るために本能的に起こるもので、”拒絶反応”は腎臓を損なうという意味ではない。しかし、この反応がみられた場合、医師の決定に従って、今までの治療のほかに、すぐに薬物投与を開始しなければならない。

拒絶反応は超急性拒絶反応と急性拒絶反応、慢性拒絶反応に分けられる。
超急性拒絶反応は早急に起きる場合で、だいたい手術中、または数時間後に起こるばあいがほとんどだ。しかし、今日の抗体の探究のお陰で、このようなタイプの拒絶反応は、幸いなことにとてもまれになった。
急性拒絶反応は、一般的に手術後数日、数週間の間に起こる。
手術後3ヶ月が一番危険な時期であるが、まれに1年後とかにも起こりえる。
慢性拒絶反応は、ゆっくりと長期間によって起こる。少しずつ損なわれ、腎臓機能低下や蛋白が認められるようになる。この慢性拒絶反応の進行は急性拒絶反応よりもとても緩やかに進行する。

いずれにしても、どの拒絶に値するのか、見極めと薬物療法はとても難しいものである。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

移植後変わったこと:伸び

移植後、食べ物の好みが変わったり、ぼやけていた頭がすっきりしたり(笑)、
エネルギッシュになりすぎたりなったりと、いろいろとありますが、
変わったことの1つに、しょっちゅう体を伸ばしている。。というのがあります。
椅子やソファーに暫く座っていて、立ち上がる時、必ず伸びをします。
勿論自然にそうなるわけですが。。
両手も両足もぐ~~~っと伸びます。
むずむずして、伸ばさずにはいられないんです。

透析をしていた時は、このての伸びは全くありませんでした。
寝ている間に伸びをすることはありましたが。
そんな時は必ず足が攣ります(泣)
友達の車に乗せてもらって降りるときも、のびのび~っと、必ず。。
なんなんでしょう?不思議ですねぇ。。

ちょっとは身長伸びるかも(笑)


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

金色の噴水(ティヴォリ)

        噴水

夕日に照らされて、噴水の水が金色に輝いています。。
まるで夢の国。。暫くうっとりと見つめたまま、動けませんでした。。
こんな素晴らしいものを目の前にして、目先の小さなことなんて、忘れてしまいます。。

        金色に輝く噴水

皆さんにとって、明日もよい1日でありますように。。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく
プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム