スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞記事

何回か前の記事を読み返して、もしかしたら沢山の人に不快感を与えたのでは。。。?と思いました。

Cicchetti氏がどのように透析生活を送っていたのか、"毎夜在宅透析10時間”ということしかわかりません。
”こんなのは人生ではない”"透析の束縛から逃れられてとても嬉しい”とコメントされています。
(実際には奴隷のようなと形容されていました)
この記事を透析者が見たらどう思うのでしょう。。
仮に体調が悪く、自己管理も上手くいってなくて、毎回の透析がとても苦痛な人にとっては、この記事は不快だったかもしれません。
Cicchetti氏も、透析生活は充実したものではなかったのでしょう。

でも勿論同じように透析をされている方でも充実した毎日を送っている人は大勢いらっしゃいます。
人それぞれ、透析をしていても、自己管理をしっかりしていて、状態もよく体力があれば、沢山の可能性があります。私もその一人で、透析をしながらもいろんなことに挑戦してきました。

結果的には、この記事は”血液不適合腎臓移植”を促進する為のものだったのでしょう。

もし不快に思われた方がいらしたら申し訳ありませんでした。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく
スポンサーサイト

イタリア初血液型不適合腎臓移植者の新聞記事

        
        移植

誤って記事を消してしまいましたので、再アップします。

2008年8月6日にイタリア初血液不適合腎臓移植をされたGiuseppe Cicchetti氏の新聞記事が移植病棟に貼ってありました(日付を見るのを忘れてしまいました。。汗)。

Cicchetti氏(75歳)はリミニ在住で奥さんとの間に2人の子供を儲け、4人のお孫さんもいらっしゃる。
毎夜10時間の在宅透析を経て(看護士に聞いたら3年くらいされたそうです)今回奥さんからの血液不適合腎臓移植をされた。

イタリア初ということで、血液不適合移植の前例がないイタリアはこの技術では先立っていたスェーデンにならって実施。
当初は7月29日に行われるはずが、拒絶を最小にするため抗体を下げる治療を行われたが、思うように結果が出ずに断念。
その後再度の試みでも、4回目の治療で五分五部の成功率と言われ断念しようとした矢先、5回目の治療で奇跡的に抗体が下がり移植を実行。

”毎夜10時間の透析をしていた。。。こんなのは人生じゃない”
”私達は透析の束縛から逃れられ、とても嬉しく思っている”
”神が私に再び健康を与えて下さった。体の不調は全くない”
とコメントされている。

現在週1回リミニの病院、月に1度パルマの病院へコントロールに行かれている。

以前外来の時に、偶然にもこのご夫婦と会っています。
すぐに私の番が来てしまったので、ほんの2言くらいしか聞けませんでしたが、奥様はとても輝いていて嬉しそうでした。とてもいい印象が残っています。
60代だと思っていたのですが、ご主人より2,3歳年下の70代だそうです(看護士証言)。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

イタリアの病院食:昼食

イタリアの病院食のお昼は、パスタとお肉、サラダか煮野菜、パン、果物、お水(500ml)です。
時々パスタの代わりにリゾット、お肉の代わりに魚やチーズがでたりはしますが、殆ど上記のものです。
お水は食事の度にくれます。それだけでも1日3回で1500mlになります。
その他に今は1500mlのボトルを何日かおきにくれます。

入院するとすぐに、配膳のおばさんがメニューを書いた紙を持ってきます。
パスタ類、肉類、付け合せ、果物の項目に分かれていて、5種類ずつメニューが書かれてあります。
その中から食べたいものに印をつけるわけです。
でも目新しいのは1食につき1種類で、後の4種類はいつも同じです。
たとえば、パスタ類だったら、その日の日替わりパスタ、トマトソースのパスタ、ご飯、パスタの入った野菜スープ、パスタだけのスープといったかんじです。

            Pranzo2

ニョッキ(ジャガイモで作ったパスタ)のトマトソースに仔牛肉ソテー、フライドポテト添えに洋ナシ。
量が多すぎ(汗)ですね。
            
            Pranzo3

貝の形をしたパスタにストラッキーノという柔らかいチーズにサラダ。

            お昼

こちらは魚介類のパスタに白身魚のパン粉焼き(フライではありません)、煮たいんげん、オレンジ、パンです。美味しかった。。
基本的に油物はでません。
2週間の入院中、1度だけ棒状の魚のフライが出ましたが、完全に油はきってありました。。というか、もしかしたら、少量の油で焼いたのかもしれません。

9年前、透析開始前に入院していたのですが、当時と比べるとメニューも豊富になって、美味しくなりました。まるでちょっとした食堂のようです。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

入院日記:3月8日より退院まで

              女性の日

今日はFesta di donna、女性の日。
毎年男性が女性にミモザの花束をプレゼントする。
今年は残念ながらもらえないなぁ。。と思っていたら、T子ちゃんがミモザのついたキャンディーをくれた。さすがT子ちゃん、気が利くではないか。

8日:平熱 165/90 尿量4000ml 降圧剤開始
9日:平熱 140/80 3250ml クレアチニン1.4 グルコース96  PCR36.6
10日:   130/80 3000ml クレアチニン1.4 グルコース101 PCR23
11日:   110/90 2300ml クレアチニン1.3 グルコース95  PCR20.9

ここ3日血圧が高かったので、今日から降圧剤を服用することになった。

3月8日から更に10日弱入院することになったわけだが、なかなかPCRが正常範囲にならないので(正常値は5まで)、毎日抗生剤100mlX4本、生理食塩水1リットル~2リットルの点滴をしていた。
7日から熱は出ていなかったし、状態は安定していたので、12日に外出許可をもらって3時間ほど帰宅。バスを乗り継いで約30分の道のりだが、結構疲れた。
夕方病院へ戻ってからすぐに点滴を開始したが、2時間ほど熟睡した。

その間に点滴の液漏れで右手がパンパンに。。。
熟睡してなかったら、すぐに気づいたであろうに。。グローブのようになってしまった。。

              可哀そうな右手

可哀そうな私の右手。。指も曲げられなく腫れ上がってしまった。。小指側の甲に固定針を刺していた。

              普通の状態の左手

普通の状態の私の左手。この日はもう左腕に普通に点滴。

その日の夜、看護士が入れ替わり立ち代り、3人が悪戦苦闘して右腕の静脈を探す。。
また中で探られ悲鳴を上げる。。計6回。。全て失敗に終わった。。。

1日後の13日の金曜日、とっても無愛想な意地悪そうな看護士ミザリーがやってきて(ミザリーの主演女優に似ていた)、右肘にククッと1度で入れてくれた。ちょっと見直した。単純な私。

抗生剤の治療は19日(木)までの予定だったが、月曜にPCRが4.4に下がり、17日(火)に退院した。
やれやれ。。

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

イタリアの病院食:朝食

イタリアの病院食は勿論イタリア料理です。
入院が長期になると、日本食がとても恋しくなります。

              朝食

典型的なイタリアの病院朝食。
カフェラッテ(コーヒーと牛乳を半々に入れたもの)、ラスク、ビスケット、ジャムです。

毎日配膳のおばさんがやってきて、何食べる?と聞いてくれます。
飲み物はカフェラッテか紅茶。カフェラッテはカフェイン無しもあります。
それにラスク(だいたい2枚入りが2袋)かビスケット(3個入りを2,3袋)。希望があればジャムも。
イタリア人はラスクをカフェラッテに割り入れて食べる人がほとんどです。

一般的なイタリア人はエスプレッソコーヒーだけか、カフェラッテとブリオッシュ(ジャムやクリームが入ったクロワッサンの形をした甘いパン)やビスケットで済ませます。

          ブリオッシュ

私はクロワッサンが大好きで、日本にいたころは結構食べていました。
イタリアで見つけた時はとても嬉しかったです。でも食べてみたら。。甘かった。。。がっかり。。

イタリアではメインがお昼ですから、美味しく食事するためにも朝は軽めです。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

入院日記:3月7日より

平熱 血圧140/70 170/90 クレアチニン1.8 グルコース117 尿量3600ml PCR121 
下痢の為の薬開始 抗生剤4本、生理食塩水2リットル プログラフ1日3.5mgから2mgになる

ここ何日か便が緩めだな。。と思っていたが、昨日から本格的に下痢になってしまった。
医師に言うと、抗生剤を使っていると下痢になるとか。。珍しくはないらしい。
よって今日から下痢の薬開始(下痢止めではないらしい。シロップのようなものを水に溶かして服用)。

入院して5日間。抗生剤の点滴は毎日3本していたが、熱は上がったり下がったり。。
抗生剤にも種類があるらしく、私の細菌に的確に効果があると思われる、新しい抗生剤を試すことになった。

抗生剤1本30分、生理食塩水1リットル4時間、今日はトータル10時間の点滴。。。
一昨日、右腕に固定針を設置しようと試されたのだが、上手くいかなかった。
中で探られるのが一番痛くて絶えられなかったので(泣)、毎回点滴の度に刺していたのだが、点滴10時間にもなるとそうも言っていられない。
一昨日はまだ入りたてという感じの可愛い若い女性だったのだが、今回は30代であろう男性看護士。右手の甲にククッと入れてくれた。
痛くて涙が滲んだ。。
固定針って針が太いんだもんね。。

針を固定した時にはとても痛かったが、手も動かせるし食事も普通にできるし、その後はとても楽だった。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

入院日記:3月6日より

血圧160/80 クレアチニン1.8 グルコース115 尿量3100ml PCR177

昨日は夜中に38度の熱が出たが、入院して初めてTachipilinaを服用せず、自然に熱が下がった(とても苦しんだが)。
調子はいいようだ。腰や関節の痛みもなくなった。

ずっとベッドにいて、十分眠っていたせいか、夜はあまり眠くなく、0時過ぎから上階の足音、物を動かす、落とす、いすを引きずる音がとても大きく響いて更に眠れない。夜中の2時に看護士を呼んで上階に注意してくれるように言ってくれないだろうかと頼んだ。上階に言ってくれるのかな?と思ったが行かなかったらしい。その後もずっと音が煩くて、精神世界の本を読んでいた私は、これは何かの暗示に違いない、私にもっと寛容になれということか?これから何を学ばなければならないのか?物事は中庸で私のネガティヴな観念を変えたらへっちゃらになるのか?といろいろ考えていた。でもそんな考えの中でも、なんのそっけもなくゴン!と上から物を落とされたりするとコンチクショーという気になる。4時までが限界だった。
誰がそんなことしているのか、誰がかかとのある靴をカツカツやっているのか見届けてやろうと思い上階へ。

丁度私の病室の上はナースセンターになっている。その隣りは洗い場になっていた。
私が上がると同時にアシスタントという感じの女性がその洗い場から出てきてさっと部屋へ行ってしまった。
ドアは開けっ放し。。ちょっと除いてみると、女性の老婦人の体を洗っている所だった。(こんな夜中に?それともそそうしたのか?)
声をかけられる状態ではなかったので、看護士が帰ってくるのを待って”足音が煩くて眠れない、あのアシスタントが踵のある靴をはいているのではないか?”といって確かめてもらったが、ゴムのだったらしい。看護士も皆ゴム。。。
果たしてあの足音は??と思っていたら、1人の看護士が歩き出すと、カポッカポッと足音が。。彼女が原因だったのだ。
それも仕事をしているからといって、階下の病人には気にもしないというのは困るので、一言言ってやった。私はこの下の部屋にいるので、夜中は音を控えてくれるようにと。。判ったんだかどうだか。。。?
日本の病院はカーペットで足音はたたないようになっているんだけどなぁ。。。
伝統を守るイタリアでは病院も古いまま。。困ったもんだ。

結局音はなりやまず。。看護士の当番が変わったであろう5時以降少し寝た。

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

クレモナ郷土料理

イタリア各地を訪問する時は、その土地の郷土料理を味わうことにしています。
それも街中のレストランよりも地元の人お勧めの、町の中心より少し離れた郊外のトラットリーアやオステリーアで食べたほうが美味しく頂けます。(両方ともレストランというより、大衆食堂といった感じです。トラットリーアにはメニューがありますが、オステリーアは日替わりメニューでその日によって変わります)

              ラザーニャ

              リゾット

第1皿にラザーニャとアスパラガスのリゾット。アスパラガスのリゾットを食べると、春が来たなぁ。。と思います。ホッペが落ちそうでした。。半分こして両方頂きました。

              茹で豚

クレモナ料理で有名な茹で豚(腰肉、舌、肩肉)とレンティッケという豆料理とトウモロコシの粉で作ったポレンタの副菜です。
クレモナで有名な下の写真のモスタルダという、果物を甘辛く調理したものと一緒に頂きます。
舌はと~っても柔らかかったのですが、形がモロ。。。でして、一口だけしか食べれませんでした。。

              モスタルダ

                    モスタルダ2

お菓子屋さんに置いてあった、大きな瓶詰めのモスタルダ。
売り物ではありませんでした。

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

クレモナへ行ってきました!

Ieri 22 marzo 2009.....
                  クレモナ

昨日はとってもいい天気でしたので、彼と一緒にクレモナまでドライブしました。
クレモナはパルマから車で60kmにあるトッローネ(お菓子)とストラディヴァリ(ヴァイオリン)で有名な町です。
ストラディヴァリは世界一(と思います)値段の高いヴァイオリンで、少なくとも1億円以上します(ビックリです)沢山のヴァイオリン工房があり、1人の日本人の工房もありました。
日曜でしたので、残念ながら訪問できませんでしたが。。。

            Stradivari

ストラディヴァリの博物館もあり、1566年から1900年代までのストラディヴァリのヴァイオリンが展示してあります。入場料は3Euroでした。

博物館を見学した後、クレモナで有名なトッローネというお菓子を食べました。(卵白、蜂蜜、アーモンドなどで作られています)

 Tollone  Torrone

              Torrone

トッローネと、ヴァイオリンの形で作られたアーモンド菓子です。素敵です☆
クレモナの郷土料理も食べたのですが、また次回にでもアップします。

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

イタリアの病院 2

入院に必要なもの。
最低限、パジャマ、着替え、洗面用具、タオル、スリッパ、くらいかな?
以前はナイフ、フォーク、コップ、カップなども持参でしたが、今は食事の際に全部ついてきます。
後は個人的に必要なものくらい。

今回健康保険証を忘れてしまったのですが、医師も看護婦も顔なじみ。
いらない、いらない。。と言われました。
まぁすでに健康保険の番号とかは以前から控えてあるでしょうしね。

財布は持って行きません。
以前腎臓病棟に入院した際に、盗まれました。。。
日本円で3000円位しか入っていませんでしたが、、、
それも病室を出たほんの僅かな5分間。。
う~ん。。。狙っていたのかな?
今はほんの小銭程度持って行きます。

毎日ベッドメーキングしてくれますし、シーツも2,3日に1度は取り替えてくれます。
それに退院したら、全部、マットレスも取り替えます。
退院した時、すぐに私のベッドのマットレスが運び出されて、”Sporco(汚れ物)”という張り紙がされていました。。。ちょっと複雑な気分。。

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく
プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。