コンピューターが壊れました(泣)

私のポータブルコンピューターは4年の命でした。。
購入して2年ほどは順調だったのですが、フリーズ度合いが増え何度も初期化を繰り返すうち駄目になってしまいました。。

昨日近くのコンピューター専門店にみせにいったのですが、「ハードディスクが壊れている、新しいのと交換したとしても200エウロ位かかってしまう」と言われました。
200エウロ、、日本円で25000円位でしょうか?

10月初旬には日本へ帰国するので、新しいコンピューターを購入しようとは思っていました。でも後2ヶ月。。
コンピューター無しの生活ができるだろうか。。
ブログを更新したり、他のブログを読んだり、情報を収集したり、Skype電話で話したり、日本のTVや映画を見たり、日記を書いたり。。と私にはなくてはならない存在になっています。

ローマ滞在中は友達のコンピューターを使わせてもらっていましたが、今日パルマへ戻ります。
音楽学校ではコンピューターを使うことができますので、たまには更新ができるとは思いますが。。

こういう事情でコメントの返事も遅くなると思われます。
ご了承くださいね。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

移植外来&尿路感染症

ローマの病院で移植科医長の診察を受けました。
今回の尿路感染症も3月の入院時と同じもの。
入院時に完全にシャットアウトできずに、ずっと潜伏しているらしいです。
抗生物質タバニックを服用していましたが、定期的に服用していると効かなくなってくるらしく、(インフルエンザの予防接種でもヴィールスはその都度抗体を作ってワクチンが効きにくくなりますよね)もっと強い薬も使うことはできるけど、移植腎に影響がないとは言えない。。と言われました。

とりあえず、今の所熱も下がったし、尿濁も認められないのでタバニックを中止して様子をみ、再度発症した時は、その都度対処していく方法を取りました。

連日の暑さで夜もよく眠れず、尿濁が認められた前日は2時間ほどの睡眠時間でした。
体も疲れていたのでしょうね。

日本の暑さは想像しただけでぐったりなりますが、どうぞ皆さんご自愛くださいね☆

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

イタリアでの厳しい夏の過ごし方

イタリアの夏は比較的湿気が少なく、気温が30度超えても、日陰に入ると気温の差を感じます。
蒸し暑い日本では夏の間勿論雨戸などしないと思いますが、イタリアでは防犯も兼ねて雨戸はしっかりとしめます。でも工夫がしてあって、写真のように隙間があるんですね。
勿論全部降ろせばピッタリと全ての隙間が埋まります。

Tapparella

一般的に日差しが強い時間帯はこのタッパレッラ(雨戸)を隙間状態で陽が入らないように降ろしています。
夕方遅く陽がささなくなり、涼しくなって来たらタッパレッラを上げて涼しい空気を入れるんです。

イタリアへ来てすぐは、この光景が珍しく、”閉め切って暑くはないんだろうか。。”と思っていましたが、部屋に陽が燦々と注ぎ込んでしまうと熱気が一晩中消えなくて、寝苦しい夜になるということを学びました。
基本的には、薄暗いのは好きではないんですが、寝苦しい夜には代えられません。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

一定期間に発熱の繰り返し?

先週の土曜に尿濁が見られ、タバニック500mgを使用しています。
2日後尿濁は殆どなくなったものの、3日後に発熱38度。
寒気まではいかなかったものの、夜中に強い寒気を感じました。
パルマの病院と連絡をとり、解熱剤のタキピリーナ使用後、また38度以上の熱が出るようであれば、ローマの移植科へ行くようにとのことでした。
16時間後再び38度。。。

すぐにローマの病院へ電話し、翌日血液、尿検査プラス、胸のレントゲン、腎臓と膀胱のエコグラフィーをしてもらいました。
結果的にはインフルエンザの兆候はなく、腎臓、膀胱とも問題なしとのことで安心しましたが、どうやら3月入院した時と同じものらしい。。とのこと。
検査結果が出たらそれから治療方針を決めようということになりました。

6月に移植をしてから5ヶ月後の11月に38度の熱、更に4ヶ月後の3月に発熱で入院、それから今回また4ヶ月後に発熱です。
何か周期のようなものでもあるのでしょうか??

取りあえず今朝は36,2度。だいたい私の平熱です。
午前中37度まで上がりましたが、今はまた36,2度にもどりました。
医師からは熱が下がってから4、5日はタバニックを服用のことと言われています。

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

格安航空券

    JAL


帰国する度に格安航空券を使っているのですが、透析導入前まだまだバイタリティーがある頃は、飛行機を乗り継ぎ乗り継ぎ、、、26時間くらいかけて実家へ戻っていました。
乗り継ぎ時間も6、7時間と気の遠くなるような待ち時間でしたが、5万円も違ってくると考えます。。

透析を導入してからは、透析の関係もあるので、時間を潰すわけにも行かず、短時間で帰国できるもので、翌朝透析といった具合でした。

去年の8月の帰国の為5月には航空券を買っていたので、事情は分かっていたのですが。。

”航空券は日々値上がりする”んです。

今回も9月下旬の帰国に向けて、乗り継ぎ時間が長くなく、かつ少しでも格安な券を探していました。
熊本まではとても高くなってしまうので、福岡着で往復で600Euro。
これにしよう!と思いながらも雑用で購入が遅れてしまい、昨日見てみたら、、、

”1150Euro!!”になってしまっていました(泣)

今回はイタリア人の友人も一緒なので、予定を組むのに手こずり、こんな結果に。。
仕方なくまたまた予定を変更して、更に1週間後の帰国予定にしました。
10月に入ってしまいますが、1回乗り換えで航空券は570Euroです。
約5万円の差は大きいですよね。 

移植後初めての里帰りになります。
楽しみです。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

まぐろの赤身ドーン!

太陽


毎日暑いです。。
今日の気温は38度まで上がりました。
何日か続くもようです(汗)
昼間に外には出れませんね。

パルマは湿気があり、夏の間は湿気と暑さで眠れない日もあります。
今は休暇でローマに滞在しているのですが、パルマに負けないくらいの湿気?
昨夜は汗だくでよく眠れず。。
普段は朝、夕と涼しいのですけどね。

こんなんで美味しいものでも食べて元気になろう!ということで、
市場へ行って新鮮なまぐろを仕入れて来ました!


まぐろ


キロ20ユーロ。500g買いました。
今おじゃましているイタリア人のお宅では皆さんお寿司大好きでして、今日は自ら腕を奮って”まぐろ寿司祭り”にしようと思います。
ローマはパルマと違って新鮮なお魚が手に入るので、今後も楽しみです。

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

卒業しました!

卒業しました。
9日前日、当日と精神的にとても不安定だったのですが、何とか歌いきりました。
アリア5曲続けて歌うのは本当に大変で、緊張でお腹は痛くなるし、暑さで気は遠くなるし。。
(音楽学校は伝統的なので、建物は古く、冷房などの設備は全くありません)
難曲とされている最後のアンナボレーナのアリアも、疲れでばててしまいそうになりながらも、気力で歌ったような感じでした。

口答質問では正しく答えられたのかどうか。。あやふやだったのですが、
結果は110満点+ローデ(賞賛に値するという意味)を貰いました!
”満点+ローデをもらって卒業する”というのが一つの夢だったんです。

以前音楽学校、オペラ科を卒業したとき、透析が始まって丁度1年目でした。
体は透析に慣れてきたものの、歌を歌うにはまだ慣れていなくて、プログラムも技量を見せるものではなく、無難に歌えるものにし、何とか卒業しました。
当時はまだ透析が始まったばかりで、知識もなく、こんなに体がだるいのに、これ以上だるくなっては歌をそのうち歌えなくなるのではないか。。という恐れがあったんですね。
世界的に有名なマリオ・デル・モナコも60台で透析を始めて歌を止めてしまいましたしね。
そういうわけで、何とか歌い9点(10点満点中)を貰いました。
でも私の中では、満点+ローデで卒業したい!という思いがずっとあったわけです。

本当に嬉しかったです。私のことをよく知っている歌曲の先生は、今迄のことがフラッシュバックしてきたのか、感極まって涙を流しておられました。
私も抱き合って泣いてしまいました。。

歌の勉強は勿論続けていかなくてはなりませんが、学校に通うことはもうないでしょう。
これからは体のことを1番に考えて、音楽活動を続けていこうと思います。

*今回の卒業もオペラ科なのですが、何年か前に音楽学校は大学になりました。
オペラ科5年生修了後、更に2年間勉強すると大学修了の免状がもらえます。

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

HbA1c

先日尿検査の結果で安心しましたが、HbA1cが高くなっていました。
許容範囲は6.1までなのですが、今回は6.6でした(汗)

以前移植4ヶ月目の記事でこのHbA1cが6.2だった、6.5以上は糖尿だと書きましたが。。
ああ。。糖尿になってしまったんでしょうか。。。
先日の外来から、もう10日経ちますが、病院から何も連絡がないということは。。どうなんでしょう??

外来では7時半から8時に採血、尿検査、9時から診察となっています。
その診察の時点では、まだ検査結果が出ていないので、医師は前月の検査結果を見て、問診をして終了となります。
検査の結果治療薬が変わる場合、医師から電話連絡が入るのですが、今回は無し。。
もしかしたら、27日からプログラフが0.5mg増えたことによって、8日にもう1度検査に行くので、その時に何かしら言われるのでしょうか。

<HbA1c、グリコヘモグロビン>
HbA1cとはブドウ糖と結びついたヘモグロビン(血色素)で、現時点より過去1~1.5ヶ月間の平均血糖値を反映している。
HbA1cは血糖と違い、食事の影響を受けないため食前・食後を問わずいつでも検査ができる。
正常値は4.4~5.8%。
HbA1cを常に6.5以下にきちんとコントロールできていると、網膜症・動脈硬化・腎症・末梢神経障害といった糖尿病による合併症をかなり防ぐことができる。

先日記事にしたように、グルコースの値は90と正常なんですよね。
インターネットで調べてみたら、グルコースがよくてもHbA1cが高い場合は注意が必要、反対にグルコースが高くてもHbA1cが低い場合は一時的に血糖値が上がっただけと判断されるそうです。
私の場合は前者ですから、”注意赤信号”ですね。
また甘いもの禁止令がでることでしょう。。

ケーキ

時々しか食べていなかったケーキもお預けになるんでしょうね(泣)。。

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

緊張。。

卒業試験が来週の9日に迫りました。
何ヶ月も苦労してやり遂げた卒業論文もやっと提出できましたし、音楽学校の授業も全て終わり、
試験勉強に専念しています。

オペラ(歌劇)のアリアを5曲:ロッシーニのオテロ、ウィリアム・テル、ベッリーニのノルマ、ドニゼッティのアンナ・ボレーナ、ヴェルディのトロヴァトーレ、それに卒業論文に関しての口答試験です。

アリアはオペラの中で所々歌われる独唱なのですが、歌い手の力量の見せ所というわけで、技巧的に難しく作曲されています。
歌手は1つの役を受け持っているわけで、オペラの中で歌いっぱなしというわけではなく、アリアに備えてそれなりに準備できるわけです。

でも卒業試験は5曲のアリアを続けて歌います。約40分のプログラムです。
もう透析をしていないのですから、だるさはありません。
体力的には問題ないのですが、果たして5曲のアリアを歌いこなせるのだろうか。。
口答試験もあるのでやはりとても不安です。。
カウントダウンが始まって、日増しに緊張感も増してます。

先日の尿検査では、また抗生物質のお世話になるのかとヒヤヒヤしていましたが、心配するほどの異常は認められませんでした。

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

献体腎臓移植1年後の治療薬&移植者

移植1年後の治療薬は次のとおりです。

   プログラフ      朝8時      1.5mg
   (免疫抑制剤)   夜8時      1.5mg

   セルセプト      朝10時     250mg
   (免疫抑制剤)   夜10時     250mg

   メドロール      朝食後 9時   4mg
   (ステロイド剤)

   ノルヴァスク     夜10時      5mg
   (胃薬)

   カルチトゥリオーロ  夜10時     0.25mg
   (カルシウム剤)

   炭酸カルシウム   夜10時      1g

   アムロディピーナ   夜10時     5mg
   (降圧剤)

   ウティクラン      夜10時     1カプセル
   (尿路感染症予防)

以上です。

先週の移植外来で、同じ時間帯に透析をしていた男性とばったり合いました。
彼は私より3ヶ月前に移植していたのですが、全く知りませんで、それもステロイド剤のせいか、顔がパンパンで、声をかけられてからやっと気づきました。
体重は増えてはいないとのことでしたが、、、
看護師が言うには、だいたいホルモンの関係から女性のほうがムーンフェイスになりやすい。。のだそうです。
移植腎の経過はとてもいいそうですが、血流をよくする薬を服用していて、その副作用で血管がもろくなってあちこち皮下出血しているそうです。
人それぞれいろいろありますね。。
でも移植腎を守るためですから少々のことは我慢、我慢です。。

別の男性からは(2ヶ月前に移植)私のお腹を見て(多分)
「ちょっと痩せたほうがいいねぇ。。」
「そうなんですよね。。医師からも5kgは痩せるように言われています」
「いや、10kgは痩せないと」

。。。ダイエットをしなさいと言われてから、そういえば更に3kgほど太ったのでした。
ということは8kgはダイエットしないといけないということですね。
正直なところ、この旺盛な食欲では、ウォーキングだけでとても追いつきません。
ああ。。やはり行き着くところは食事制限でしょうね。。

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく
プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム