訂正しました:献体腎臓移植2周年の検査:腹部エコー

献体腎臓移植後2年2ヶ月が過ぎた。
移植後2年検査があると言われていて、いろんな検査をするんだろうと思っていたら、血液検査(6月済)、腹部エコー、腎臓エコーだけだそう。

今日早速腹部エコーの検査に行ってきた。
受付に行ったら、

”水分採った?尿意ある?”

と聞かれた。
注意書きがあったのか(予約の時点で一通り目を通すので、注意事項があれば気がつくと思うのだが)、兎に角検査だから食事は抜きにして水分だけ少し採った(薬の服用の為)と返事をしたら、

”すぐに500mのペットボトルを買って飲み干してください”と言われた。

どうやら、拡張している膀胱を見るらしい。

バックに約300mほどはあったので、それプラス買ってきた500mを飲み干したが一向に尿意がない。

まぁ仕方がないか。。トイレ済ませて検査にやってきたわけだし。。


診察室には女医さんが机に向かっていて、若い(助手、学生?)女性がいた。
診察台に横になると、若い女性がエコーを始めて”この人が女医さんか? 女性はタッチが繊細でいい。。”
2,3分後、机に向かっていた女医さん(結構年配)がやってきて、(本格的に?)エコーを始めた。
(やはり若い女性は助手だったもよう)

しかし、、、、、
痛い。。。。。!!
勿論すべりをよくするジェルは使っているものの、力の入れ方が半端じゃない!

グリグリ。。グリグリ。。グリグリグリグリ。。。。
女性はタッチが繊細でいい。。

叫ぼうかと思った。。。
あんなに力を入れてレナートに支障はないものか!?

腹部全部エコー終了。
結果を聞いたら、
”次回はいつやるの?”と予測とはちょっと違う展開。。
”4日後に移植腎のエコーがある”と返事した。

どうだったのか聞いたら、”私は全部異常ないと思う”と言われた。


検査結果はびっしり専門用語で難しい。。
分かる範囲で訳してみると、

”肝臓は同質で大きさは平均的であり、損害は見られない。胆嚢管の膨張、拡大は見られず。すい臓、脾臓の大きさは平均的である。
移植腎に皺がよっている。(しわ。。。縮んでいるんだろうか。。?数日後移植医に質問します)
生まれたての腎臓と思っていたら生まれつきのだった。。
よって元々の腎臓が縮んでいるということ。一安心。。


腹部の大動脈内における動脈瘤は見られない。
移植腎は右側腸骨の窪みに位置しており、直径10.9cmである。厚さに変化は見られず維持している状態である。膨張性、またネフローゼなどは見られない。

膀胱は満ちている状態ではない。一見したところ、これが限界のような気がする。
(医師は私が水分をとったばかりだということは知らされていなかったよう。看護婦は知っていたんだが、その場にはいなかった。若い助手がエコーをしている時、胃の所で”水分を採ったから”とは言ったのだが)
骨盤に異常は見られない。
腹空に液状なものは見られない”

以上、今朝の検査結果でした。

今週の木曜にレナートのエコーがあります。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

Val d'Aosta州Pontのキャンプ生活1

6日間のキャンプ生活から帰ってまいりました!
生まれて始めてのキャンプ生活、大自然の偉大さに感嘆し、自分自身自然と一体化したような感じを受けました。
思ったよりも山の気候は厳しく、寒い暑いの繰り返しで体調が心配でしたが、無事に帰還しました♪

中部イタリアのローマからPontまでは900kmくらいでしょうか。
一端私の自宅のパルマで1泊し、次の日ミラノ経由でVal d'Aosta州へ。
山が見えてきて、空気もすぐに冷風に。。

パルマから約4時間で目的地Pontキャンプ場(標高2000m)に到着♪
素晴らしい景色に感激です!

Pont2

右の建物はホテルでして、スイス風で可愛いですね♪
朝食、夕食付きで65ユーロだそうです。
私たちはテント生活なので関係ないのですが、一応念のため聞いておきました。

手前の小さな小屋がインフォメーション、奥の建物がマーケット店です。
最小限必要なものがおかれていました。

写真には写っていませんが、左の方に更に建物があり、トイレ、シャワー室(男女別10室くらい)に食器洗い場、洗濯物洗い場(お湯も出る)があり、ところどころに流しっぱなしの水道が設置されていて、そこから水を補給しました。

Pont
雪や氷が残る山々です。
到着した日は天気に恵まれ、気温も18度くらい。
空気も澄んでお水もとびっきり美味しい♪

DSC00080.jpg

私たちは山の景色を満喫できると思い、道をず~っと行ったキャンプ場の端っこにテントを張りましたが(上の写真はテントを張った所から撮ったものです)、トイレ、洗い場が遠い。。。
どちらを取るかですね。

キャンプに慣れている友人がテントを張り、私がもろもろの物を整理しました。
3時間ほどでようやく終了。。

さすがに今日は疲れ果てて料理ができないので、ホテルの1階食堂で夕食。

Cena1

チーズ入りのペンネ

Cena2

ラタトュユ(人参、玉ねぎ、ズッキーニ、セロリ、パプリカ、茄子)&ポレンタ(とうもろこしの粉で作ったもの)半分ずつ

Cena3

ブラックベリーのトルタ 半分こずつ

1日目の感想:今まで見たこともないような大きな山々に囲まれて、ちょっと頭がクラクラ。。2000mって空気が薄いと聞いていたのでそのせいか?
ちょっと動くと息切れがするし、心臓バクバク。。。
こんなんで1週間も生活できるんだろうかと思った。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

ペーストジェノヴェーゼ

”キャンプへ行って来ます”って書きましたが、先ほどペーストジェノヴェーゼを作ったので紹介したいと思います。
材料は決まっているのですが、以前作ったときにコクが足りなかったので、再度挑戦です。

今回はイタリアのレシピで試してみました。

材料・バジリコ  50g
・オリーブ油 1カップ
・パルミッジャーノ 大匙6
・ペコリーノ(チーズ) 大匙2
・松の実   大匙1
・塩少々

バジリコの量が100gあったので、倍で作りました。

Pesto Genovese

綺麗な緑色です☆

Spaghetti genovese

しっかり濃くがありましたよ♪
カロリー高そうなので食べ過ぎ注意です。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

標高2000mの山でのキャンプ(初挑戦)

今までキャンプはしたことがないのですが、明後日からValle d'AostaのPontへキャンプをしにいくことになりまいした。
広さが50.000m2もあるヨーロッパ一大きいキャンプ場らしいです。

Pont キャンプ

何度も行った事のある友人と一緒なので心強いのですが、、、
気温を調べてみると、2度~20度という気温。

真冬から夏ですか!?

オールシーズンの服装がいるということですか!?

日中12度~20度。長袖必要ですよね。
それにズボンも冬用プラス夏用。

半袖半ズボンはいらないと思っていたのですが、友人に「暑くなるから」と渋々数枚。
朝2度というのが気になるので、厚いソックス、ストッキング、冬用ジャンバーも持参。

何だかもうハチャメチャです。

一応移植医師に電話して、

標高2000mへヴァカンツァに行こうと思っていることと、山水は飲んでも大丈夫か?ということを伺いましたらどちらともOKでした。
勿論山水は味見程度にしようと思いますが。

・寒くて眠れないんじゃないだろうか
・寝袋で寝れるんだろうか
・夜間のトイレは大丈夫だろうか
・服装はこれで足りてるだろうか
・ちゃんと自炊できるんだろうか(キャンプ場にはセルフサーヴィスの飲食店もあるようです)
・ハイキングコース(1時間半から6時間半)なんて歩いていけるんだろうか。行きで疲れ果てて帰れなくなるんじゃないだろうか ecc.

と心配事は山のように出て来ますが、何事も経験ですよね!!(強がってみる)
透析時代は体力もなかったし、キャンプなんてお誘いがあってもいかなかったでしょう。

1週間キャンプ生活満喫してきます☆

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

Ferragosto&ブラックベリーを摘みに

FerragostoのOおばあちゃんの料理は次の通りでした。

Prosciutto&Melone

アンティパスト:生ハムとメロン

DSC00011.jpg

カンネッローネ(肉詰めパスタのグリル焼き)

DSC00012.jpg

ポッロ アッラ ディアーヴォラ(鶏の唐揚げ)&ピーマンのグリル焼き

DSC00013.jpg

ミニドルチェ&エスプレッソ

昼食後、腹ごなしに山へブラックベリーを摘みに行ったのですが、、、

まだまだ早かったようです。
収穫率は1%というところでしょうか。

DSC00016.jpg

少なかったのですが、ジャムにしてみました。

DSC00021.jpg

たったのこれだけです~。。
すぐになくなってしまいますね(汗)

濾した残りはジュースにしてみました。
これはこれで美味しかったです♪

_DSC00022.jpg

綺麗な色でしょう☆


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

祝日:Ferragosto

8月15日、祝日です。
この日を境にイタリアは徐々に秋に向かっていくと言われています。
最近はとても過ごしやすいです♪
朝夕は肌寒いほど。。

亡き主人の田舎アブルッツォではこの日、Pasta al forno(”パスタ アル フォルノ”ラザーニャ)を食べます。
私もよく作っていました。

今日はOおばあちゃんに招待されていて、Cannellone(”カンネッローネ”詰め物筒状パスタ)を作ってくれる予定です。
最近Oおばあちゃんから教わったのが、私の大好きな(Parmiggiano alla forno”パルミッジャーノ アル フォルノ”茄子とパルミッジャーノのグリル焼き)です。
ラザーニャのようにミートソース、茄子、パルミッジャーノの層になってます。

Melanzane alla Parmiggiano

見よう見まねで作ってみたことはあるのですが、失敗続き。
茄子は一度揚げるんですね(カロリー高そう。。)
コックさんだったOおばあちゃんに教わって、やっと美味しくできました♪


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

焦った。。

現在ローマにいるのですが、薬をちゃんと数えてきたはずなのに、プログラフ0.5mgが足りなかった。。
パルマでは免疫抑制剤のプログラフ、セルセプトは病院内の薬局でくれるのだが、(医師の処方箋が必要)。ローマの病院へ電話したら、セルセプトは病院から支給するけど、プログラフは一般の薬局で購入とのこと。

もう夏休みに入っている薬局が多くて、やっと1件探しだした。

”ここにはない。予約が必要”とのこと。

まぁ、一般人対象ではないので、すぐ手には入らないだろうとは思いましたけどね。
予約をしていつ入るかは判らない。。と言われて、別の薬局へ。

やはり、予約が必要で、明日には入荷するとのことで一安心。

。。保険はあるけど、日本円で1カプセル1000円くらいしたよなぁ。。いったい幾らかかるんだろう。。と、ちょっとドキドキでしたが、2ユーロでした(ホッ)。

イタリアの夏休暇はだいたい1ヶ月くらい取りますが、お店も2週間から1ヶ月閉まります。
今は休暇の真っ只中。
車の窓も閉まりにくくなって修理に出したいのに、近くの修理工場2件とも閉まってます。

猛暑が過ぎて涼しくなり、一息ついていたところ、また最近暑くなってきました。
毎日30度以上。。
仕事は手につきませんよね。

日本も猛暑とのこと。
暑中お見舞い申し上げます。

おまけ

Tivoli

ティヴォリのオルガン噴水



☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

停滞期脱出

1ヶ月以上も68kg内をうろうろしていましたが、ここ3日やっと脱出できたようです。
ここ3日の体重は67.5kg。ダイエットを始めて5.6kg減、いい感じです。

停滞期でも毎日コアリズム、土日はウォーキングを頑張っていました。
食事は最近イタリア料理の方が多く、ダイエットにいいと言われる日本食があまりつくれませんが、食べ過ぎた時には夕食抜きとか、翌日少なめにしたりとコントロールしています。

コアリズムを始めて3ヶ月経ちましたが、くびれはまだまだまだまだ。。。ですね。
見た感じ以前よりはスッキリしてきましたが。
”メドロール(ステロイド剤)の副作用でお腹周りに脂肪がつく”そうですが、お腹の脂肪を落とすのは難しいのかもしれません。

どこのお肉が落ちたのかな~と思っていたのですが、どうやらお尻の肉が落ちたよう。
最近ベンチに座るとお尻が痛いんです(笑)。

う~~~ん。。。落ちてほしいお腹周りは落ちないで、お尻とは。。
うまくいきませんね。。


おまけ
にら

日本から持ってきたにら。
餃子作りにはかかせません。
元気に育っています。

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

死に際

おばが亡くなった。
去年の春、子宮ガンが発覚し、気づいた頃には腹水が溜まっていた。
手術して抗がん剤治療。

おばがいると周りがパッと明るくなる、太陽のような人だった。
「Yちゃん」というちょっと甘ったるい鼻にかかった声を今でも鮮明に思い出す。

去年里帰りした時見舞いに行ったら、(多分)65kgくらいあった体重が50kgくらいになってた。
おばさんは相変わらず痩せて皺になった笑顔を向けてくれて、
”Yちゃん、移植して元気になれて、本当によかったねぇ”と言ってくれた。
お互いに体を労わって頑張ろうね、と言っていた去年の秋。

おばは去年の時点で、もう死ぬ覚悟をしていたらしい。
古希のお祝いに父が写真を撮ったのだが、おばは”葬式の為の写真が1枚もないわぁ。私も撮っておこうかしら”
と言っていて、先月2度目の腹水が溜まって入院した時も、覚悟はしていたらしい。

最後の最後まで平常心でいたおば。
私だったらできるだろうか。。
死を前にして、怖くなって泣き叫ぶかもしれない。

死に際には満足して死にたい。
ああ、いい人生だった、と。

いつも明るかったおば。
彼女の人生はとても幸せであったのだと確信する。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

ダイエットその後

ダイエットを始めて4ヶ月が過ぎました。
最初の頃は腹筋50回、お腹ペタンコ体操、背伸び運動、ウォーキング30分をこなしていましたが、コアリズムを知ってからは、平日コアリズム40分、土日ウォーキング1時間に変更しました。

体調はとてもいいです♪
ウォーキングに関してはずっと45分していたのですが、それでもやっと。。。と言う感じでした。
(自宅に戻るとバタンキューという感じです)
今は(もしかしたら歩くペースが少し落ちたのかも)1時間できるようになりました。
終わった後は少し股関節が痛みますが。

現在体重は68.1kgです(5kg減量達成)。
1ヶ月以上68kg内で行ったり来たりしていまして、ここ1週間68.1、68.2kgで止まっています。

厳しい食事制限はしていないので、食べ過ぎないようにすることと、なるべく甘いものを取らないようにすることくらいなのですが、運動は殆ど毎日やっています。
ずっと同じくらいの体重なので、停滞期なのかな?と思っていますが、移植時の記事を見てみると、透析時代はドライウェイト68.2kgだったんですね(はっきりした数字は忘れていました)。

移植時の体重に戻ったわけです。
これはこれとして嬉しい♪

医師には65kgくらいまで体重を落とすように言われています。
自分の目標としては63kgかな?

少し服が緩くなったかな?とは感じます。
そう言えば、昨日サンダルを新調したのですが、ずっと37だったのに(ヨーロッパサイズ)36になっていました。
驚きです。
足も痩せるんですね☆

おまけ
ナポリのパスタ屋さん。
Napoliのパスタ屋さん

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく
プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム