移植外来

昨日は移植外来でした。
すでにヴァカンツァの時期に入ったので、環状線はすでに渋滞。。
1時間弱で着くところ2時間かかりました。

免疫抑制剤を飲まなくてはならないので、ちょっとあせり気味に病院へ行くと、、、
誰もいないので、”ラッキーすぐ採血できる”と思いきや、、、

”別棟に引っ越した”という張り紙が。。

車ですぐの所ですが(病院が2つくっついている)、駐車場を探し、大きな病院なので中でちょっとうろうろ。。。
やっと見つけた時はすでに8時半。
採血は8時半までと張り紙がしてあって、ギリギリセーフでした。
やれやれ。。

問診を受けてから、数々の検査結果を見せ。。
降圧剤を倍にするというのは却下。
Calcio Carbonato1g(炭酸カルシウム)について、どうして服用しているの?と聞かれましたが、移植してからというか、透析時代からずっと服用しているもので、パルマの移植医が決めたことであり、私はなんとも分かりません。
今はもう必要ないだろうということで削られました。
Carcitriolo0.5g(カルシウム剤)に関しては、そのまま服用。
一連の胸と背中の痛みも、もしかしたらカルシウム過剰が関係あるかも。。とのこと。

それにまたタクロリムスの値が上がったようで、プログラフ朝の1mgが0.5mgになりました。
少しでも薬が減ってくれるのは嬉しいことです♪

Augmentin効いてくれてるといいなぁ。。



☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

医師に怒られる

2,3ヶ月おきに抗生剤のお世話になっていましたが、4月からは毎月飲んでます(汗)。
というのもAugmentin1gをよく服用していたのですが、効かなくなっちゃったんですね。
4月にAugmentinを10日間服用したものの、暫くしたらまた尿濁になってしまいました。
薬をかえても、また暫くすると尿濁。。。という具合に繰り返し。。

今月また尿濁が認められたので、細菌培養検査をしてから、検査結果を移植病院に電話すると、”Augmentinを服用して”と言われました。
”パルマではいつもAugmentinを服用していて、最近効果がなくなってきた。手元にNorfloxacinaとCiprofloxacinaがあるけど、これではだめか?”と聞いたら、
”言うことが聞けないんだったら勝手にすればいい。もう電話かけてこないで”と言われました。。。

”強い薬はできれば避けたい”と以前言われていたので、それは承知なのですが、私にはどれが強くて、どれが弱いなんてことは勿論分からず。。もしかしたら、医師の処方する薬を否定した形になってしまったかも。。と反省はしております。
言葉の問題でよく分からなかったこともあるでしょうが、強く言われてちょっと驚きました。
勿論、すぐに”すみません。Augmentinを服用しますから”と言って落ち着きましたが。。

忙しくてイライラしてらしたのかもしれません。
何十回かけても移植科に繋がらず、携帯に電話してしまった私がいけなかったのかもしれません。
(すぐに抗生剤を服用しないと。。と私も焦っていましたので)

私もついカチンときて、言わなくてもいいことも言ってしまったり。。
反面教師だったのかな?とも思います。
日ごろから精神を豊かにして、愛のある言葉を使っていこうと改めて思いました。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

心臓内科受診

おととい近くの病院へ、心臓内科受診の予約をしに行ったのですが、来年待ちと言われました(大汗)。
緊急の場合はホームドクターに頼んで直接予約してもらうことはできますが、このホームドクター結構頑固で、自分が診断したものでないと判断できないと怒らせたことがあり、どうしようか。。と思っていたところ、”直接心臓内科へ行って頼んでみては?”と勧められました。

心臓内科の事務所へ行き、いままでのいきさつを話すと、やはり”ホームドクターのところで。。”と言われましたが、事情を話すと次の日に予約を入れてくれました。移植しているし、例外中の例外だとは思います。

そういうわけで、昨日行って来ました。
予約は12時。ちょっと遅れているとは言われたものの、13時、14時と過ぎてゆき、後からきた人々は私を追い抜いていく~~
14時半まで待って、11時半から待っているけどまだ呼ばれないと看護師に訴えると、すぐに入れてくれました(なんだったのか?忘れられてた?)

問診、心電図、診察を受けましたが、異常なしとのこと。
みぞおち、背中の痛みは多分内臓系だと思うとのこと。
血圧が上昇したのはいろんな原因が考えられるからはっきりとは言えないけど、甲状腺の検査もしてみたほうがいいとのこと。それから不整脈も時々起こるというと、とりあえず24時間心電図もしてみましょうということに。

降圧剤を5mgから10mgにしましょうと言われましたが、これは移植医に相談しなくてはならないし、血圧上昇があったのは痛みが起こった時だけ。普段は125/75といたって普通なのに、これで薬を倍にしたら低血圧になりかねないと思いました。
IgAも知らなかった若い女医さん、ちょっと不信感。。。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

消化器科受診

消化器科を受診してきました。
まとめてみると、今回のみぞおちと背中の痛みは今までのと同じものだったのですが、違う点はというと、

1)空腹時に痛みだしている
2)背中が痛いせいか、呼吸が浅く、肺が圧迫されているかんじがする
3)降圧剤を飲んでいるにもかかわらず、156/90と血圧が高い(横になっているにも関わらず、この高い状態は3時間ほど続いた)

そういえば、救急へ行った時痛みが結構あったのですが、血圧はというと、189/110でした(汗)。

消化器科の医師が言うには、
”胃腸に問題があっても血圧は関係ない。ストレスと気持ちの高ぶりで、一時的に血圧上昇はあるかもしれないが、何時間も続くのは考えられない”
ということで、心臓科を受診することになりました。

以前、移植3周年の検査で心臓科受診も含まれていて、その時”心臓の弁がきっちりふさがってない”と言われ、心電図をとったりしたものの異常はなし。
時々不整脈があったりはするのですけどね。。

なんだかいろいろありすぎて、頭がよく周りません(汗)。

DSC03659.jpg

ヴァチカン市国の近くまで行ったら、丁度パオロⅡ法王の展示会をやってました。
世界中の人々から愛されていた法王。展示会はとても興味深く、VTRもあったりして、感無量でした。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

みぞおち痛い。。

昨日、12時くらいからなんだかみぞおちに違和感が。。
痛くはないけどちょっと圧迫感。

昼食はいつものように軽めにバジリコトマトスパゲッティにサラダ。

DSC03654.jpg

ちょっと茹で過ぎた。。
3分の2しか食べられず。。

その後みぞおちの鈍痛はあいかわらずで、背中の痛みも加わった。
この症状って今までの痛みと全く同じなんですね。
今回違っていたのは昼食前の空腹時から始まったこと。
でもよく考えてみると朝食時から違和感はあったかも。

胆石じゃないとすれば。。
いろいろとインターネットで調べてみると、
食後の痛み(みぞおち、背中)は胃潰瘍の疑い、空腹時、夜中の痛み(みぞおち、背中)は十二指腸潰瘍の疑い、あと盲腸、すい臓炎の可能性も。。

19時半になっても相変わらずなので、Buscopanという痛み止めを1錠服用。
血圧は普段130/80ですが、ず~っと156/90あたりをうろうろ。。
その後イタリア人の友人にカモミッラティーを勧められて飲み、2時間ほど眠ってしまいました。
安眠作用があるそうです。
目覚めたら痛みは治まり、血圧も正常になっていました。

消化器科の医師からは、このまま状態がよければ、胆石の薬を9月から少しずつ減らしていこうと言われたばかり。
火曜にまた受診してきます。

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

胆石騒ぎ終了?

5月14日、15日にみぞおちの痛みで救急へ行って、胆石があると診断されてから1ヵ月半。。
胆石が発見されてからすぐに移植医に相談し、”胆のう炎になってしまうと、移植腎も失いかねないから胆嚢ごと取った方がよかろう”と言われた。
1日後外科医の診察。手術に向けての採血、心電図、胸部レントゲン。。
でもエコーでは胆石は発見されず。。
その時は1ヶ月以内にもう1度エコーをしようと言われる。

ほぼ1ヶ月経とうとしたころに、外科医から”明日手術だから”と電話があった。
エコーでは胆石が発見されなかったのだが、なんで手術???
2回発作があったし。。と云々。。
結局再度エコーをすることになった。

そうこうしているうちに6月19日3度目の発作が。。
またまた救急のお世話になり、エコーを撮ってもらう、、、が胆石は発見されず。
この時点で消化器科受診を勧められた。

早速予約して行ってきたが、女医が言うには”胆石がある以上(1回目発作時のエコー診断書を見て)取ったほうがよろしい。胆石が発見されなくても胆嚢が膨れていたり、砂が溜まっていたりしている場合は手術をしたほうがいいだろう”とのこと。

1週間後外科医が予約してくれた再エコーを受けた。
胆石なし、胆嚢も正常。
やれやれ。。
ひとまず手術は回避されたもよう。

すぐに消化器科の女医に伝えると、”ひとまず、今は安定しているので、9月まで待って状態が変わらなかったら薬を減らしていこう”ということになった。
でもまた痛みがきたら?この痛み、原因を突き止めなくてもいいんだろうか。。?


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく
プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム