ヌード?

昨日はとってもいい天気だったので、リトマ川を走っている小型のフェリーでも乗ってみようかと思ったのですが、水量が少ない?とのことで運行してないそう。低い船体で内部から見る景色が面白そう♪と思っていたのですが、また次の機会ですね。
24H切符を買っていたので、行ったところのないところへ行ってみることにしました。

湖方面は結構見て周ったので、今回は北方面へ。
特に何があるというわけでもないのですが、地図を見ていると、なにやら湖か池みたいなものがあるみたい。。

トラム、バスを乗り継ぎ終点まで(61番のバス停終点です)。
そこから歩いて5分と運転手に言われました。

辺りは住宅、遠くに田園地帯、森。。湖は見えませんが。。
Chatzenseeという標識があったので、それを頼りに歩いていくと、な~んにもない小道を家族連れなどちらほら。。
彼らについていけばたどりつけそうです。
森に入り森林浴~
空気も清々しくてなんとも心身共に元気になりそうです。

バスの終点から10分ほどで到着しました。
残念ながらカメラの充電が切れてしまったので、画像はWEBから拝借します。

53890660.jpg

上空から見るとこんな感じ。
2つの湖がくっついてます。

Chatzensee.jpg

湖のほとりには、バーベキューができるようになっていたり、売店もあり、テーブル、ベンチなどがあって、軽食をとれるようになっています。子供達用にちょっとした砂場、後の大部分は芝生で覆われていて、沢山の人が日光浴をしていました。

chatzensee001.jpg

ここの橋げたから鉄の階段が降りており、そこから湖に入って泳げるンですね。
結構沢山の人が泳いでいましたよ♪
80歳は過ぎているであろうおばあさんも。。元気ですね~
スイスでは休日にはスポーツを楽しむ人が多いらしくて、おばあさんもきっと若い頃から体を動かされていたんでしょうね。
旦那様と仲良く泳がれていました。いい光景でした♪

私達も暫く日光浴をしてから、湖のほとりを散歩したのですが、人々が日光浴をしている広場の端のほうになにやら別の入り口が。。
といっても立て札があって中は同じように芝生なんですけどね、なになにゾーンという感じ??
はて、、、

”衣類禁止”と書いてあるみたいです。。。

えええええ??

ヌーディスト専用らしいです。
世界中にヌーディスト専用のビーチがあるとは知っていましたが、実際に目にする?のは始めてでした^^
彼らにはいいでしょうが、他の人の目もあるので、その一帯はちょっとした木の柵で見えないようになっておりました。
でも彼らが水に入るとちょっと遠くからだと見えるんですよね。
丁度全裸の若い女性が水に入っていくのが遠めから見えました。
若かったらまだいいんですけどねぇ~

今度来る時は是非水着を持参で来たいと思います^^

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

金環日食

s-1_1okinawa870923.jpg

昨日は金環日食でしたね。
皆さんの地域では見れたでしょうか?
残念ながらヨーロッパは夜でして当然見れませんので、生中継で見ましたよ^^

夜の11時頃から、(日本時間6時)、和歌山ラジオ放送と産経新聞社による生中継にセットしてスタンバイ♪

産経新聞社のほうは、東京は雲が多くどこに太陽が出てるものやら。。の状況でした。
和歌山はとても晴れていて太陽もズームアップされ満足だったのですが、、、
途中からぼけてしまって、肝心の欠け具合がわからず。。^^;
三日月状態である太陽も太っちょバナナみたいになってましたwww
なかなか焦点を合わすのに苦労されているようでした。

ふとまた産経新聞社に戻ると、、、
太陽がドアップされていて、まぁなんと幻想的な光景でしょう~~

ナレーションなしだったのですが、静まり返った中でこの世とも思えないような美を鑑賞する喜びを引き立たせるものでした。

日本を遠く離れた地にいながら、このような素晴らしい経験ができて嬉しかったです。
関係者の皆さん、ありがとうございました。。

見逃した方はこちらから見れます。
(50分頃から太陽のアップでみれます)


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

検札

チューリッヒではイタリアと同じく、トラムやバスに乗る際あらかじめ切符を買っておきます。

イタリアの場合はTabacchiなどで買った切符を、バスやトラムの中にある刻印機の中に差込み、日付、時間を刻印します。都市によっても違いますが、ローマでは1ユーロ。
バス、トラム、地下鉄(地下鉄は1回のみ)を乗り換えて70分利用できます。

チューリッヒでは街中で使用する分、1番安くて2.60スイスフラン。30分しか使えません。
ということは30分もあれば中心地移動可能なのですね。
でも1枚1.5Euro以上で30分っていうのは高く感じる。。

結構頻繁にトラムを利用するので定期を買いました。
1ヶ月79スイスフラン。高いです。。。
イタリアの倍はするんじゃないかな?
仕方ない。。
(以前は歩いて移動していたんですが、どうも無理をしてしまうようで、体の為にも定期を購入しました)

チューリッヒの自動券売機は小銭が必要で、いちいち面倒なんですよね。
それが解決しただけでも楽チンです^^

でも普通の切符は自動券売機で買った時点で時刻が刻印されてしまいますので、あらかじめ買っておけない。
もしかして、別の買い方もあるのかもしれませんが。。

検札が来ないかぎりは無賃乗車も可能です。
これはイタリアでも同じ。
ミラノ、パルマでは月に1,2度は検札にあっていましたが、ローマでは殆どなし。
なんででしょ?外国人が多い地区にいましたが、皆が皆刻印機に切符を通してはいないんですね。
みな定期?無賃乗車?

イタリアの暴露番組でナポリでの話だったのですが、バスの乗客は切符を持っていないんですね。
無賃乗車です。インタヴューする人する人、”切符持ってる?””持ってない”の繰り返し。

DSC05101.jpg
チューリッヒのトラム

さて、昨日初めて検札にあいました。
1車両に3,4人入ってきて、1人ずつ切符を確認していきます。
抜き打ち切符検査ってちょっとドキッとします。。
定期もってるからいいんですけどね。

無賃乗車はなし!優秀ですね~スイス人!

帰りのトラムでもまた検札が。。
検札の日だったのでしょうか??(冗談)
皆ジーパンに黒いジャンパーを着ていました(制服ではない)。
若い女性がつかまってましたよ^^;

身分証明証を確認してから、名前、住所などを記入して罰金切符を切られていました。
罰金は70,80スイスフランくらいだったと思います。
あ~あ。。80スイスフランあったら、あれもこれも買えたのに~と思ってるでしょうね。。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

続ルツェルン:シルマー塔からツィト塔へ

SORAさんから、”塔の内部はどうなってるの~?”という質問がありましたので、続ルツェルンを記載します^^

ムーゼック城壁の9つの塔があります。
最初に上ったのはシルマー塔。

DSC06096.jpg

城壁のアーチ。なんとも風情があります。

DSC06097.jpg

シルマー塔は木の階段だけで、特になにもなく。
上に上がっていくに従って、幅もだんだん狭くなり、終いには石の階段。
年代を感じますね。。
最後の階段はとても狭くて1人で上れるかどうか。(一方通行ですね。誰かが降りてくると、下で待っていなくてはいけません。お相撲さんには絶対無理です^^)
とっても急でちょっと冷や汗かきました^^;

DSC06099.jpg

シルマー塔から見た、メンリ塔。
メンリ塔は時計塔で、内部はちょっとした博物館のようでした。

DSC06112.jpg

DSC06115.jpg

階段を上った踊り場にいろいろ展示してありました。

DSC06116.jpg

DSC06113.jpg

実際に時が刻まれています。

DSC06107.jpg

小窓から見る街並み。
当時の人たちも同じ変わらない風景を眺めていたと思うと感慨深いですね☆


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

ルツェルン3

瀕死のライオン公園から旧市街を通り、ムゼック城壁へ。

DSC06121.jpg

1386年に建てられた街の壁の一部で、当時のままに残っていて、シルマー、ツィト、メンリとよばれる3つの塔が一般公開されています。

DSC06099.jpg

塔の上からパチリ。

DSC06108.jpg

天気の悪かったLuzernですが、塔に登ったら晴れました♪
なんというラッキー^^

DSC06104.jpg

雲に隠れていた雪山も見えましたよ^^
奇麗~☆

塔から降りたら、また雨が降りました。通り雨でしたけどね。
何かと天気が変わりやすい。。
チューリッヒもそうですが、晴れたと思って出かけると雨に降られたりと。。。山の天気そのものですね^^;
ルツェルンは小さな街で歩いて観光できるのでお勧めです。
街全体が可愛らしい~
フレスコ画を見ながら旧市街を散策するのも楽しかったです♪
チューリッヒから45分でいけるのも魅力ですね☆


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

ルツェルン2: 日本人代表

カペル橋、シュプロイヤー橋、メルカートを見てから旧市街をぶらぶら。

DSC06059.jpg

DSC06063.jpg

DSC06064.jpg

沢山の建物のフレスコ画がありました。
美しい~♪

昼食をとり、瀕死のライオン公園へ。

DSC06077.jpg

ルツェルンの瀕死のライオンは世界的に有名な記念碑のひとつ。
1792年フランス革命時にフランスのチェイルリー宮殿で王家を守り勇敢な氏を遂げたスイス傭兵を偲んでつくられたそうです。自然の岩壁を削って作られた浮き彫りです。
美しいです。ライオンの表情に哀れを誘います。。

DSC06085.jpg

反対側はこんな感じ。瀕死のライオンの前には池。
水は澄んで奇麗です。その両脇には色とりどりのお花の花壇。

が、、、

植え込みから入れないように、簡単な柵があります。
アジア人(国は特定できますが、あえてアジア人で)の観光グループ20人ほどがどやどやと。。

DSC06088.jpg

チューリップと一緒に撮って欲しい~って乙女心は分からないこともないですけどね、、
柵を乗り越えてチューリップの側へ。
1人やりだすと、皆がやりたがる!
還暦すぎたであろうおばさんも!?(注意しろよ!)

ああ。。やめてくれない?!!

DSC06089.jpg

可愛そうなお花ちゃん、こんなになっちゃって。。

外国暮らしが長くなりますが、外国にいる以上アジア人は目立つんですね。
いつも日本代表のような気持ちで行動しているんですが(ちゃんとした行動しないと日本人はこんなんかと思われてしまいます。)、柵があるにもかかわらず、皆でどやどや入っては写真をとる。。同じアジア人としてとっても恥ずかしかった。。
自然、花をこよなく愛するスイス人。彼らにとってどう映っているのか。。。
アジア人ひっくりめて悪印象を持っていられたらと思うととても悲しいです。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

ルツェルンへ

先日の土曜にチューリッヒから列車で45分のLuzernへ行ってきました。
インターネットで調べたら、片道11.5スイスフランだったのですが、窓口で買ったら倍でした^^;
(こんなことならネットで買えばよかったと後悔。。)

あいにくチューリッヒは小雨が降っていましたが、友人の強い意志で決行となりました^^
どうせならお天気の方が。。とも思いましたが、来週の土日もどうやら雨予報。。仕方ないですね。

DSC06006.jpg

Luzerno駅

DSC06005.jpg

美しい~

DSC06011.jpg

カペル橋
14世紀前半に街の要塞として建設された、ヨーロッパ最古の木造橋だそうです。

DSC06019.jpg

内部の梁には、スイスとルツェルンの歴史物語や、街の守護聖人レオデガーとマウリツィの伝記などが描写されています。
残念ながら1993年の火事で大部分が焼かれてしまったそうですが、すぐに再建されたとか。
そのまま残っている部分もかなりありました。

DSC06030.jpg

橋を渡ったら丁度メルカートをやっていました♪
この路地は野菜、チーズ、サラミ、お花などの市。
DSC06050.jpg

シュプロイヤー橋。
1408年に街の要塞の一部として完成。1626~1635年にカスパー・メグリンガーによる67点の板絵”死の舞踏会”がくわえられたそうです。

DSC06051.jpg

死神(骸骨)ばっかり描かれてました。
シュプロイヤー橋を渡ったら、こちら側にはアンティークや、フリーマーケットが開かれていました。
楽しい~♪

思いのほか風があり、友人は寒がって、Tシャツと厚手のトレーナーをゲットしました。
3フランと4フラン。いづれも値切った。

それから、銀であろうこれら。

DSC06158.jpg

おじさんに1つ2スイスフランと言われましたが、全部で15!と友人(イタリア人)が言うと、すんなりとOK。
スイス人ってあまり交渉しないんですかね?
イタリアでは交渉しあって、お互いに納得がいったら交渉成立になるんですけどね^^
おじさん、売ってしまいたかったのかも?
数がちょっと半端ですが、デコレーション、綺麗です。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

信じられない!2

昨日はお掃除お姉さんが来る木曜でした。
12時を過ぎて”お腹すいた~早くご飯にしよう”と思って帰宅すると、玄関ドアが開いていてちょうど真向かいの私の部屋を掃除しているのが見えました。
お掃除の邪魔はしたくないので、5分くらいちょっと散歩してから帰宅しました。

いつものように奇麗にお掃除されてます^^

と、、、

寝室の窓、開けっ放し。。

DSC05991.jpg

え~~~っ!
ここ地上1階ですけど????
私が帰宅しなかったら1日中開けっぱなしってこと!!??

まったく、信じられない。。と思いながらもお昼の用意をしようと思ったら、、、
電気がつかない。。

停電か?どこをつけてもつかない。。
廊下に出てみると、エレベーターの電源は入っているし、地下廊下、洗濯場の電気も正常。
はて?家だけ?

ブレーカーがあるはず。。と調べて見ると、、

DSC05993.jpg

DSC05996.jpg

右の1つだけ下りていました。
なんで??

意地悪?まさかね。。
(外国人の癖で、少し差別意識があります^^;)

冷静になってよく考えてみると、お掃除のお姉さんが掃除をし始めると、よく電源が1度落ちるんですよね。。(すぐに回復しますが)
掃除機しか使ってないと思うんだけど。。
もしかして毎回ブレーカーが落ちて、上げて帰ってる?
いやいや、まさか。。。

以前のまな板騒動の時でも、2枚ともなくなっちゃうし。。
責任者が2枚新しいのを持ってきてくれましたが、3,4日後に発見。

DSC05854.jpg

キッチン。

DSC05853.jpg

こんなところに挟んでありました。2枚一緒に電子レンジの後ろ側。
前から見ても全く見えません。。
(わからないだろっ!)
お掃除お姉さんはいつも同じ人ではなくて、だいたい流しの横に立てかけてあります。
電子レンジ使うのに、問題ないのか?
第一、なんかわざと隠しているみたいに見えない?
意地悪されてるのか(悶々)

兎も角、昨日といい今日といい、信じられな~いといったお話でした。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

信じられない!1

チューリッヒへ来てからというもの、私好みのカレーにまだお目にかかっていないので今夜こそカレーが食べたい!と思って、チューリッヒにある日本食品店へカレールーを買いに行きました。
チューリッヒに住む日本人は皆さんきっとご存知な日本人経営の日本食品店。

DSC05989.jpg

DSC05990.jpg

店内はこんな感じ。乾物、醤油、ソース、焼肉のたれ、豆腐、納豆、お菓子、冷凍食品、食器、炊飯器、折り紙などなど、それほど広くない店内に所狭しと置かれておりました。

隈なく食品を見て周ったあと、ふと棚にあるしば漬けに。。
(お米の右にある袋状のもの)
だいたい日本価格の2,3倍はするので覚悟はしていたんですが、2.9スイスフラン。
しば漬けって100円ちょっとですよね。だいたい300円くらい?
しば漬けは大好きなのでまぁこんなものかと買おうとした瞬間。。

賞味期限3月17日

え~と。。
今日は4月じゃなかった、5月3日ですよね。
1ヶ月半も過ぎています。

お店の人(日本人の若い女性)に、
「賞味期限切れてますが。。」
「・・・」
(何だか知っていて売っているみたい。。)
「スイスでは賞味期限が過ぎても売っていいんですか?日本では賞味期限が切れたものは売りませんが」
「日本は知りません」(なんていう態度?)
「もう1ヶ月半も過ぎてるんですよ」
「ですからお安くなってます」
(絶句)

「賞味期限内のものもありますが」と。
(100円上乗せしたくらいのもので400円弱)

「他のアジア系のお店では、日本の食品を賞味期限が過ぎているにも関わらず売ったりしていることも知っていますが、日本人のお店では初めてです」
と言って出てきました。勿論買い物はしましたが。

ショックでした。。

イタリアでの中国人が経営しているアジア食品店では賞味期限が切れたのを平気で売っていたりします。ローマの中国人経営食料品店でも、1度ごま油を買おうとして1年前だったものがありました。
”これは返品にする”というので、取り寄せたいというと、いつになるか分からない。。と。
その後そのごま油はそのまま陳列台に戻されましたと思われます。
ミラノに住んでいた頃に行っていた中国人経営の食料店では日本食品の賞味期限の上から彼らが決めた賞味期限のテープが普通に張られて売られていました。

この日本食料品店も全然悪びれない態度で、賞味期限が切れたものを当然のように売っている。
安売りという文字もなければ、勿論賞味期限が切れているという表示もなし。
1日2日じゃないんですよ。
1ヵ月半。
まだまだ沢山残ってましたから、このまま売り続けるんでしょうか??
何ヶ月まで?何年先まで??

。。。

日本製品は安全で、技術も素晴らしく世界に誇れる。プライドだけは高いと思っていた。


何だかとても悲しかった。。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

ドイツ語学学校

3週間前から語学学校へ通っています。
沢山学校はあるんですが、結構のお値段するんですよね。

イタリアでは市が運営している語学学校があって、イタリア留学してからというもの専ら市の語学学校に通っていました。
といっても、通ったのは最初の留学地ミラノで2,3年でしたけどね。
無料でした^^

パルマに越してからも市の語学学校へ通おうと思って手続きはしたんですが、、音楽学校が忙しくて通えませんでした。
そこではコピー代だけ負担と言われました。

さて、世界一物価の高いチューリッヒではどうかというと、、、

ありましたよ^^

Letziparkというショッピングセンターの中にありました(トラム2番でKappeli下車)。

DSC05807.jpg

一切無料でして、鉛筆、消しゴムは貸してくれて、プリント代は無料、お水までくれます♪
ただ週に1度の水曜だけなんですね。9時半から11時まで。

50代であろう女性教師はイタリア語も堪能で、殆どゼロ状態の私でも何とか授業にはついていけてます。
というか、普通の語学学校に通う為の予備校みたいなものだそうです。
まるで始めての人向けで、アルファベットから教えてくれるみたい。
私が始めた4月25日はすでに結構進んでいて、時間の読み方(一切分からず。。。)、野菜や果物の名前など習っていました。
授業自体は簡単なプリントを解いて、教師が補足しながら説明をするというもの。
まだまだ聞き取りには時間がかかりそうです。いくつかの単語は分かるんですけどね^^;

週1なのでゆっくり復習もできて、スローペースの私にとってはとてもいいです。
ある程度文法もできていて結構わかる人向きではありませんね。

今日は5月の催し物がのった冊子をくれました。
結構コンサートもあります。
オーディションとかあったら是非受けてみたいと思います♪


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく
プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム