豪華客船の旅♪

さて、1週間の地中海クルーズに行ってまいりました♪
ローマのチヴィタヴェッキア港から、メッシーナ(シチリア島)、クサダシ(トルコ)、アテネ(ギリシャ)、クレタ島と廻りました。
アメリカ船だったのですが、とてもサーヴィスが行き届いていて、久しぶりにいい思いをしましたよ^^

出航時は、客船と鼻の先にある駐車場に駐車。そこからは歩いても300mと近いんですが、シャトルバスが停車していて船まで連れて行ってくれました。近いといっても荷物があるので、お年寄りや子供連れにはとても便利です。

DSC06515.jpg

ド~ン!15階まであり、内部はエレベーター移動です。
停泊しているとまるでマンションが出現したようです。
今回は2300人乗船し、そのうち1500人がイタリア人、ついてアメリカ人、イギリス人、ドイツ人となっており、その他フランス人、ポルトガル人、インド人、中国人、日本人の家族も1組見ました。

DSC06430.jpg

船内のプロムナード。4階分吹き抜けになっています。まるでショッピングセンターですね。
貴金属、お土産店、化粧品店、Barなどがあります。

DSC06426_20120831010330.jpg

このプロムナードにあるBarでの飲料はお金が掛かりますが、普段の飲料水(水、レモネード、アメリカンコーヒー、紅茶各種)は自由に飲めます。
このプロムナードには1週間のうち4日ほどバーゲンセールの日があり、2,3割引き、半額セールなどやってまして(ドルでした)、エレガントな時計プラスブレスレット、ネックレスのセットは99.9ドルが39.9ドル!財布の紐はきつい私ですが、ついついつられて幾つか買ってしまいました^^;

DSC06424.jpg

船室。丸窓が2つ。ドアを入ると左にトイレとシャワー室、右手に2段ベッド&クローゼット、その奥右手にソファーベッド、左手にはクローゼット2つ。ちょっとした収納家具、冷蔵庫、TV、机、鏡がありました。
今回は3人でしたのでファミリールームで過ごしました。割と広くてよかったです。これが2人用だと半分の広さになります。

ダブルとソファーベッドで休もうということになったのですが、、、
長さが足りませんでした。。(子供用?一応6人用の船室なんですけどね)
仕方なく2段ベッドに収まりました。まぁ狭いんですが寝心地はよかったです。

DSC06432.jpg

超豪華は4ツ星レストラン!!パチパチ!
毎食ここで頂きました。
シャンデリアの後ろにある踊り場にはピアノが置いてあり、生演奏を聞きながらのディナー。。
夢のようでしたよ。。

給仕も素晴らしく、サーヴィス万点。
ちょっと味が気に入らなかったりしても、他の料理と替えてくれたり、”トマトソースが塩辛い”というと、少し薄く仕上げてくれたり、大海老3つのところ2つ追加してくれたり、デザートで迷っていると2種類持ってきてくれたり。。。至れり尽くせり。。

ただただ、、、
アメリカ人対象らしくて(多分)、バターや生クリームを使った料理がほとんど。。
美味しいんですが、量的にはあまり食べれませんでした。
ディナーでは前菜、プリモ(スープやパスタ、ご飯類)、セコンド(お肉、魚)、デザートなんです。
週に1,2度だったらまだしも、毎日となると大変なものがありました^^;

それに飲み物には氷入り。冷房もガンガン効いていて半袖だと肌寒い。。
薄手の長袖だけでは寒いくらいで、厚手のショールをよく掛けておりました。
こんな調子でお腹の具合はなかなか良くならず。。

つづく


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

残暑お見舞申し上げます

暑い毎日です^^;
湿気が低いので比較的過ごしやすいのですが、日中外に出るには勇気がいります。
車の中はオーブンのようだし、ハンドルは熱くて触れず。。
一気に体力消耗してしまいそうです^^;
残念ながら、私の車は冷房完備ではありません(え~~~~~!!?という声が聞こえてきそうです)。
多分イタリアでは半分くらいの車が冷房完備ではないと思われます(私個人的な意見ですが)。
湿気が低いので、窓を開けたら我慢できる範囲なんですよね。
家庭にも冷房があるというのは少ないのではないかと思われます。扇風機がないお家もあるくらいですから。

さて、最近体調がいまいちでして、食欲不振、だるさに加え、お腹を下しています。。
以前はお腹を壊すと正露丸のお世話になっていましたが、今はImodiumという下痢止めを飲んでます。
でもこれは酷くなった場合のみ。
1日に5回以上お腹を下した場合。それも水に近い状態で。

軟便も下痢と思ってカウントしていた時期がありましたが、医師に言わせると”それは加えない”とのことでした。
なので、ひどい状態になってから初めての服用になります。

こんな状態だと、ちょっと動くにもふらふら。。
食事を作るのもかったるい。。

だるくて何もできないので医師に相談したら、Supradynというビタミン剤を処方してくれました。

DSC06407.jpg

考えてみたら、去年もこんな状態でしたね。。
食欲がなくて、食べれず。。
秋に帰国して和食三昧したら、みるみる体調がよくなりましたが^^
あ~早く帰りたいな~

皆様も、お体を労わり暑い夏を乗り切ってくださいね☆


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

胸のエコグラフィー

先日のマンモグラフィーでは異常はなかったものの、一応エコグラフィーもやったほうがいいとのことで、今日やってきました。
毎日の炎天下、1時間かけての通院は辛いものがあります。
(500mlのペットボトルを2本持っていったのですが、車の中に置いておいた1本は、帰る時にはお湯になっておりました。ばてますね~)

検査終了後、すぐに結果を持たせてくれて、移植医の診察。
問題なしでした。よかった、よかった。

先日ローマの病院でやった血液検査の結果を知りたくて、コピーをお願いしたのですが、入院扱いでやったのでコピーは出せないとのこと。ちらっと見せてもらっただけでした。
クレアチニンは1.0!(*^^*)
タクロリムス(血中濃度)は7.1と先日より若干上がっていました。

プログラフを2錠服用した次の日でしたので、1錠服用したときの5.2よりも上がったのは自然なことと思えますが、今日の担当の女医、7.1は高いと思う。しばらくしてからまた検査しようとのことで、30日の心臓科診察の際に血液検査再検査をすることになりました。
この病院には4人医師がいて、そのうち3人が交代で診察するんですね。
多分ずっと診察を受けていた男性医師だったら、7.1という値でも”こんなもんでしょう”ということで終わっていたと思われます。
医師それぞれの意見も違ったりして、時々戸惑う時もありますよ^^;

血中濃度が不安定なのも、プログラフの取り方に問題があるような気もするのですが。。
現在0.5mgX2、0.5mgと交互に服用しているのですが、これ以上減薬はできないとのこと。。
どうなるやら。。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく


プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム