ショック!!

もろもろの雑用でパルマへ行ってきました。
必要不可欠はものは住所変更したのですが、思わぬものが入っておりました。

車の罰金です。
日付は今年の4月。

はて?
もう2年はローマで使っているし、パルマで罰金を受けるはずはないんだけど。。。

と、早速行ってみると、、、
2010年のものでした。

えええええええええ!!

自宅から駅まで行くのに、中心街を通り抜けて行くのが近道。
今までは特に制限はなかったものの、ある日中心街へのは入り口に、電子モニター(というのかしら?)が
設置されていて、”ここから許可証がないものは進入禁止”と出ておりました。

いつごろ気づいたのか、もう随分前だったと思いますが。
その前に気づかずに通り抜けてしまったんですね。
わかりませんが、カメラが設置されているようです。

なんと、1回の進入禁止の罰金が、

163.94Euro。

2回もやってしまっていて、合計373Euroの罰金!!

ああああああああ

酷い。。。中心地通っただけなのにぃぃぃぃ
と言ってもしょうがない。
とても痛い出費でした。

パルマ市に少し貢献したと思えばいいでしょう。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

豪華客船の旅:クレタ島

DSC06576.jpg

クレタ島の港からは歩いて中心部までは行けず、バスを使用。
10分ちょっと掛かりました。

中心部といっても、何だか小さな町という感じ。
商店街はどこも似通ってますね。

DSC06577.jpg

商店街の小さな路地にはハイビスカスが♪
見たのは沖縄以来です。

地中海の旅、ギリシャ、クレタ島に行くんだったら、絶対海水浴!!!!
と楽しみにしていたんですが、、、
連れの1人が足を痛め長く歩けず、早々に引き上げました(泣)。

乗船客が海水浴の準備をして次々と船を降りる中、私たちはショボショボと(多分私だけ)乗船したのでありました(辛かった。。)

その後屋外プールへ。

DSC06414.jpg

船に初めて乗船した際撮ったもの。まだ人がいません。
大人専用プール。
向こう側に更に広い2つのプールがあります。

DSC06575.jpg

同じ大人専用プール。
泳ぐ人は稀で、皆日光浴を楽しんでいます。

私たちは大体こちら側でなくて、奥のもっと広いプールサイドへ行き、日光浴をしたりジャグジーバスへ入ったりしておりました。
大人専用には大きめのが2つ、その奥のプールサイドには大きいのが2つ(10人程入れる)、小さめの(8人程)が2つあり、いつも人で混んでいました。
私も魅了されてしまい、毎日入ってました。ちょっとした温泉気分~♪♪♪

毎日朝食後、プールサイドで日光浴し(または観光)、昼食後軽く部屋で休みショッピング(だいたいウィンドー)、夕食後カジノで遊び、恒例のショータイム(スケートのショーも素晴らしかった!スケートリンクもあり、体験入学みたいなものがありました)が一番楽しめたかな?

写真を撮り忘れましたが、最終日のお昼はプールサイドでバーベキューでした。
焼きたてのお肉最高ですね^^
勿論冷製パスタ、サラダ、温野菜、果物、お菓子もたっくさんあり、目移りしそうでした。
私の横に座っていたごっつい体のお兄さん、お皿から溢れるくらい持ってきてました。
すごい食欲。。

今回は1週間の旅で4箇所周遊でしたが、結局は観光できるのは頑張っても半日程度。
ヴァカンスということで、テンポもゆっくりしたものだったので、観光してきたというよりも、ちょっと海外の空気に触れてきたという程度でしたが、この1週間ゆっくりと過ごせました。
ただ難点は食事、かな~。
乗客半分以上イタリア人なのだから、もっとイタリア料理を増やしてほしかった。。
もしまた次回もあるとしたら、イタリアの船かな~?

ちなみに時期にもよりますが、1人あたり6万円位からいけますよ^^
お考えの方は是非1度どうですか?

豪華客船の旅終了です。
何かご質問があればなんなりと!

DSC06574.jpg

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

豪華客船の旅:アテネ(ギリシャ)

DSC06529.jpg

豪華客船の旅、4日目の早朝アテネ(ギリシャ)に到着。
港から中心部までは結構な距離がありそうなので、ツーリストバスを利用することにしました(1日券22Euro)。
1時間半くらいかけて、国会議事堂、大統領官邸、パンテオン、国立博物館など中心街を通っていきます。
普通のバスのようにツーリストバスのバス停があり、乗り降り自由です(パンテオンを通りすぎたあたりで気づく。。)。

DSC06532.jpg

パンテオン、工事中でした。

DSC06544.jpg

アテネの商店街で一旦下車し散策。

DSC06549.jpg

長~いアーケードの内部は肉屋、肉屋、肉屋。。。
別のところでは、また長~い魚屋。。

DSC06548.jpg

子羊ちゃん。。
全体的に、価格はローマの2分の1でした。

DSC06550.jpg

こちら、骨董店。
好きなんです~~♪

DSC06551.jpg

通り道もないほど、いろんなものがゴチャゴチャ~っと置かれていました。
高価そうなものもそこらへんにゴロゴロ。。

経済難のギリシャ。
失業者が増える中、ある人々は車を売ったり暖房を止めたり。。と聞いたりもします。
そんな人たちの持ち物だったのかな。。。とちょっと感慨深い思いになりました。
イタリアも大変なんですけどね。。

DSC06560.jpg

DSC06569.jpg

ツーリストバスの中から撮った風景

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

豪華客船の旅:Kusadasi(トルコ)

3日目は1日航海。
4日目の早朝トルコに到着しました。

DSC06514.jpg

Kusadasiの港
海はとても澄んでいて、15cmくらいの魚がゆうゆうと泳いでいました。

DSC06522.jpg

グランバザール(商店街)
前からくる男性、チャイという紅茶を運んでいます。
イタリアでエスプレッソコーヒーが飲まれるように、ここではチャイという紅茶をよく飲むんですね。

トルコは物価が安いのかと思いましたが、あまり変わらなかったですね。
トルコの通貨はTürk Lirası(テュルク・リラス)なのですが、両替しなくてもお店でユーロに換算してくれて買い物できました。

連れのイタリア人は商売人の家系でして、買い物は定価では買わないのが鉄則。
ブレスレット(75Euroを35Euro)、ベルト(25Euroを10Euro)、海水パンツ(8Euroを5Euro)に負けさせていました。

商売人同士の掛け合い。。
ブレスレットに関しては、2度も店を後にしながらも引き止められました^^;
不況なんでしょうね。。
私だったら、とても真似できない。。

私もちょっとだけ見習って(?)、5Euroのオリーブ油できたハンドクリームを4Euroで購入しました。
トルコのおじさん、優しい?

DSC06523.jpg

カーペットを紡いでいる女性。
図面を見ながら、1本ずつ糸を通して結び、カッターで切っていきます(上に置いてあるのが図面)。
気の遠くなるような作業です。
カーペット類は高かったですね~
こんな大変な地味な作業なんですから、当然と言えば当然ですね。

DSC06524.jpg

路地で見つけたモザイク。
この青い目のようなものは魔除けでして、お土産店などではキーホルダー、ペンダントヘッド、ブレスレットとかによく使われています。

魔除け

何かたくさんあると、、、気持ち悪い^^;
誰かに見られてる?


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

豪華客船の旅:メッシーナ

乗船してから1日後、シチリアのメッシーナに到着。

DSC06468.jpg

港から市内までは歩いて10分ほど。
昼食後に行ったので、残念ながらほとんどのお店は閉まっていました。
(イタリアでは、中心街以外のお店では12時過ぎから16時くらいまで閉まります)

DSC06487.jpg

メッシーナのDuomo(大聖堂)。
パルマのDuomoのようにピンクがかった大理石で作られていて、とても綺麗でした。

DSC06483.jpg

お祭りの準備をしているようでした。馬にまたがった巨大な王様とお妃様。

街を散策するにもお店はしまっているし、14時すぎという最も暑い時間帯。
多分30度は軽く超えていると思われます。
カンカン照りの中、1時間も歩いたらぐったりしてしまいました。。

お目当てのオレンジグラッパとアーモンド菓子を購入して退散。。

DSC06461.jpg

夜はカジノをして、ショータイム。
劇場の中にウェイトレスがいます。
やってくる観客に声をかけ、飲み物いりませんか~と声を掛けられるのですが。。
この中での飲料は有料。
基本的な飲み物はタダなのに、こういった劇場内では有料なんですね。
ちなみに、船室の中に冷蔵庫があり、水はタダと思って飲んでいましたら、ある日冷蔵庫の補充に来た係員と話をしていたら、水は4ドルとのことでした。アチャ~
それからは専ら5Fのプロムナードにある飲料場(笑)へ行って補充していました。
たくさん飲むにはお金を使うか、ちょっと手間をかけるかですね。

DSC06460.jpg

ショータイムは勿論料金に含まれているので、見放題です^^
歌手、ダンサー、バンド。。。
クラッシックコンサートにはしょっちゅう行っていましたが、ショーというのは初めて。
皆さんとてもレベルが高くてすごかったです☆
毎夜たくさんの人で賑わいました。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

豪華客船の旅3:カジノ

毎晩21時半からショーが催されるのですが、
夕食後少し時間があるので、カジノへ行きました。
本格的なのは初めて~

DSC06433.jpg

ジャジャ~ン!
煌びやか~☆☆☆

DSC06434.jpg

ガラスバリの床も目が眩みそう~~^^;
スロットマシーンが多かったですね。
0.02~1ドルで遊べました。
楽しんで長く遊べる0.02ドルのマシーンで挑戦!
2、3ドル使ったころに、当たりが!!
1500枚のコインがジャラジャラと落ちてきました♪
(約40ドル分)
勝つと楽しいですよね^^
結局毎晩カジノで遊び、勝ったり負けたりしながら1銭も損はしませんでした。

DSC06508.jpg

カジノに来たら、是非ブラックジャックに挑戦したい!と思っていたのですが、敷居が高い。
毎晩眺めていましたが、ペースも早い!
でも最後の晩に挑戦しましたよ。
5ドル換えたら5ドルのチップを1枚くれました。
1ドルチップ5枚と思っていたので???
と思っていたら、1回5ドルだそうです^^;

勇気がいりますね。

1回勝つごとにハラハラドキドキ。。。
結局3度連続で勝ちましたが、そのあと勝ち負けを繰り返し、あっという間に終了。。
もっと遊ぶこともできましたが、初回はまず経験ということで。
楽しかったです♪

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

豪華客船の旅2:食事

さて、4ツ星レストランは3階から5階までの吹き抜けで、ほとんど毎食そこで食事をとっておりました。
その他、11階にあるセルフサーヴィスレストランがあります。

DSC06418.jpg

世界の料理いろいろ。。
イタリア、アメリカ(ハンバーガー、サンドイッチ、ポテトフライなど)、インド、中華、アラブ料理などなど。。

DSC06419.jpg

デザートコーナー。この裏側にもびっしりと。。

このセルフサーヴィスレストラン、朝早くから夜遅くまで開いていて、飲み食い自由です^^
プールと同じ11階にあるので、人の出入りも激しいんですね。
写真を撮った初日は、乗船してすぐでまだ乗客もまばらでしたが、いつも人で賑わっていました。

ちなみに初めて食事した時の1枚。

DSC06423.jpg

あまりお腹が空いていなかったので軽めに。

ちなみに4ツ星レストランの食事では。。

DSC06451.jpg

DSC06495.jpg

DSC06583.jpg

DSC06492.jpg

DSC06452.jpg

こんな感じでした☆
前菜、プリモ、セコンド、デザートのメニューでしたが、前菜とプリモ、デザートか、前菜、セコンド、デザートで済ませていました。どのお皿も完全には完食できず。。
美味しいんですけど、お魚料理の下には必ずバターを使ったソースがひいてあるし、野菜がとても固めに茹でてあって殆ど食べれず。アメリカ人は固めが好きなのかな?
(言えばよかったかも。結構対応してくれましたので)

朝食メニューも豊富でした。
ホットケーキ&メープルシロップ。フレンチトースト、パンいろいろ(プレーンなものと甘いもの)、フルーツプンチなどなど。。
これはそのうちの1つ。

DSC06462.jpg

まさにアメリが人が好みそうなメニューですよね~


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく
プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム