スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の体調

過ぎていきます。セルセプトを500mgx2から250mgx2と半分にしてからというもの、お腹の調子はよくなってきました。
精神的なものが大きかったとは思うんですけどね。
一人暮らしもそろそろ4ヶ月、精神的にも落ち着いてきました。

1月末にパルマに戻った頃に比べると、、、
なんと、4kgほど太ってしまいました(大汗)。

戻った当初は食欲不振、お肉なんて見ただけでもういい。。。という感じだったんですが、最近食欲が出てきまして、体重がうなぎ上り。。。
ひとつにはN子ちゃん実家米が美味しすぎて、つい食べ過ぎてしまうという傾向にあるせいだと思うんですが。

何ヶ月もお腹の調子がすぐれず、体もだるく、体重減。。で運動もほとんど休止していたのですが、さすがに今の状態だと加速式に増加してしまいます。
ちょっと考えないといけません。

1人だから自由で何でもできるのは有難いことですが、反対に何の制限もなくだらしなくなってしまうのも嫌なので、起きたら洗面、ラジオ体操をしてウォーキングへと出かけています。
今は新緑の季節で目に映るものが美しいですね。
朝から気分も上々です^^
朝というのは1日の始めですから、とても大事だと思います。

最近イタリア語の生徒さんが増えて、その準備もあるので結構時間が過ぎていきます。
とても有難いです。。
学校は卒業し、透析にも行かなくていい、毎日行かなければならない仕事はない、友人とはなかなか会えず海外で一人暮らし。精神的にとてもダメージを受けていて、こんな状態が続いているとうつになってしまいかねない。。と思っていました。いったん帰国した方がいいのではと皆から勧められていました。

こんな時週に1人でも生徒さんと会話をすると張り合いが出るんですね。
人は仕事や家族、子供、友人、趣味、目標などがあると生きていられる、そんな気がします。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく
スポンサーサイト

料理3本立て

日本にいる時はそれほどでもないのに、イタリアにいると日本の食材が手に入らないというのもあって、時々いろんなものが無性に食べたくなります。
去年の暮れ帰国した際に持ってきた”あげ”。
味噌汁の具ではつまらないので、”いなりずし”にすることにしました。

日本ではスーパーやコンビにいけばすぐ手に入る”いなりずし”。
ここでは作るしかありません。
子供もいないし、今まで作ったこともなかったんですが、人生初挑戦でした。

IMG_0584.jpg

クックパッドのレシピを参照して、あげを甘く煮て1日おき、ゴマ入りのすし飯を入れてみました。
1日置くと味が染み込んでとても美味しくなるんですね。
どれくらいの期間食べてなかったのか分かりませんが、飢えというのは、こんなにも幸福感を生み出してくれるんだな~と感動しました。

IMG_0681.jpg

そしてぜんざい。
これも人生初挑戦で小豆を煮ました。
まぁ日本で主婦をやっていたわけでもないので、(イタリアでは売ってませんね。。)小豆を煮る機会もありませんでした。ぜんざいは大好きなので、帰国する度におばさんや母が作ってくれてまして、自分で煮るという機会はありませんでした。

台所の整理をしている時に発見した^^;あずき。。
以前日本人の歌の先生にもらっておいたもの。
随分前になるんですが、大丈夫ですね。。?

というわけで人生初の”ぜんざい”作り!
あずきを1日水につけておいて、翌日鍋で煮ました。
圧力釜も考えたんですが、その場合は水につけなくてもいいようだし、水の量も変わってくるので今回は鍋で炊くことに。
結構時間掛かりましたね。。
サラサラよりちょっと豆がつぶれ気味が好きです♪
小麦粉でお団子を作っていれてみました。
美味しかった~至福の時。。。

IMG_0686.jpg

こちらは料理というわけではないんですが、、
N子ちゃんが持ってきてくれた実家製お米とイタリアンお米の食べ比べです。
見ためですぐに分かりますよね~

手前が日本のお米です。真っ白!
イタリアのお米は炊いてすぐ、すでにポロポロ。。粘りがありません。
翌日はチャーハンにするしかありません。

それに比べてN子ちゃんが持ってきてくれたお米!
1口食べたら、”えっ!?コシヒカリじゃないの!?”と思いましたよ。
実家でも義姉実家米を食べているんですが、遥かに違いますね~~。1粒1粒が独立して主張しているみたいな(大げさ?)。
もうY感激~!!っていう感じです^^

それ以来美味しいN子ちゃん実家米を毎日美味しく頂いていますが、カレーを作る日に、
”カレーを食べるとき、お米のよさがあまり分からないからイタリア米で食べよう”と思ったんですが、
口が肥えてきたところに、イタリア米は辛かった。。。
雲泥の差ですよ。
よくこんなの食べてたもんだ、と。
N子ちゃんのお米、あと数日でなくなりそうです。。
寂しいなぁ。。日本に帰ろうかしら?

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

イタリア旅行:ミラノ&パルマ料理

ヴェネチアから一旦パルマに戻り、ミラノへは日帰りで行ってきました。
パルマから電車で1時間半と割と近いんです。

あいにくの雨。。

IMG_0677.jpg

ドゥオーモ。
いつも思うんですが、ドゥオーモの中って時間が止まっている気がします。
大きなお墓の中にいるみたいな。。
観光客でざわついているんですが、不思議に落ち着くんですね。

IMG_0680.jpg

ヴィットーリア・エマヌエーレ2世ガッレリーア

IMG_2540.jpg

牛のあそこに踵をつけ、願い事を3回唱えながら廻ると叶うそうでして、順番を待って廻ってきました^^

次女のMちゃん、大のワンピースファンでして、イタリア語版のワンピースを買って帰りたい!とずっと言っていたんですが、何件か本屋を見たんですがなかなかないんですね。
ワンピースはイタリアでも凄く人気があって、ワンピースのファンのイタリア人が、この漫画をきっかけに日本語の勉強を始めたという人も少なくないんですよ。

ローマ、ヴェネチアでも探しましたが、なかなか見つかりませんでした。
ローマには数冊ありましたが、彼女が探しているものではなかったらしく。。
いくら何でもミラノにはあるだろうと思って、このガッレリーア内にある本屋へ行ってみたんですが、、、
ありませんでした。
でもそこの店員が”この近くに漫画専門店があるから、そこならあるでしょう”というので、早速行ってみました。Duomoから伸びているVia Torinoから入ったところにありましたよ。

ワンピースって私は読んだことがないんですが、60数巻出ているそうですね。
ここには殆ど揃っていました。
その時のMちゃん、舞い上がってました^^
お目当ての巻を購入し、これでイタリア語を勉強するんだ!と嬉しそうにしていたので、店主に説明すると、
おまけにワンピースのポスターまでくれました♪
熱狂したのはいうまでもありません。

雨が降っていて寒かったので、早々にパルマに引き上げました。
夜はパルマで人気のお店でパルマ料理。

IMG_0315.jpg

パルマときたら、やっぱりハム!ですよね。
ということで、ハムの詰め合わせ3人分。
サラミ、生ハム、ラード、普通のハム、肩ロース部分のハム。
5人で行ったのですが、数種類の料理を食べたいのでということで、3人分お願いしたのですが、結構な量でした。

IMG_0316.jpg

こちら、ポレンタといって、とうもろこしの粉を練ったものを揚げてあり、ラードと一緒に食べます。
(ハムの盛り合わせの白いものがラード)
揚げてあったので結構お腹にたまってしまいました^^;

IMG_2565.jpg

こちらもパルマの郷土料理でトルテッリ。
詰め物パスタなんですが、1種類にはジャガイモを茹でたもの、もう1種類にはリコッタチーズと青野菜が入っています。だいたいはもう1種、かぼちゃの煮たものもあるんですが、この日はもうかぼちゃのトルテッリは終わってました。人気あるんでしょうね。
茹でてからバターとパルミッジャーノチーズを振りかけて頂きます。

この時点でお腹いっぱいになってしまい、、、それにちょっと重かったのでサラダをもらい、デザートで終了になってしまいました。。
セコンド無しです。

IMG_2568.jpg

マチェドニア(フルーツポンチ)にこのコーヒーシャーベットを頼みましたが、、、
すっごく甘かった。。
それにシャーベットではなく、コーヒークリームのような感じでした。

IMG_0320.jpg

お店の人からグラッパを頂きました!
40度以上あり、口から火が出そうでしたよ。

1週間の旅はあっという間に終わってしまいました。
初めてのイタリア旅行、楽しんでもらえたかな?
また今度は別のところに、近場の外国あたりでも行きましょうか?

たくさんの楽しい思い出ができました。
ありがとう♪


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

イタリア旅行:サン・マルコ広場へ

2日目はホテルから歩いてサンマルコ広場へ。
船に乗らずに行ったのは初めてでしたが、いろんなお店を眺めながら楽しかったです♪
まずドゥカーレ宮殿へ。

ヴェネチア共和国の総督邸兼政庁だった建造物。8世紀に創建され、14世紀(1309年)から16世紀にかけて現在の形に改修されました。

IMG_0653.jpg

ドゥカーレ宮殿中庭からサンマルコ寺院を眺める。
一部修復中でした。

IMG_0655.jpg

ドゥカーレ宮殿武器室からの眺め。
落ち着きます~

IMG_0658.jpg

ドゥカーレ宮殿と牢獄を結ぶ”ため息橋”内部より。

IMG_0662.jpg

こちら反対側。

ため息橋からの眺めは囚人が投獄される前に見るヴェネツィアの最後の景色であった。ため息橋という名前は、独房に入れられる前に窓の外からヴェネツィアの美しい景色を見られるのは最後であるというので囚人がため息をつくというところから、19世紀にジョージ・バイロンが名づけたものである(Wikipediaより)。

IMG_0673.jpg

ため息橋。
地元の言い伝えによれば、恋人同士がこの橋の下で日没時にゴンドラに乗ってキスをすると永遠の愛が約束されるのだという。このため、橋の下の水路は、ゴンドラでヴェネツィアを観光する時の定番のコースとなっている。この伝説をモチーフとして、『リトル・ロマンス』(1979)という映画も作られている(Wikipediaより)。

素敵ですね~☆
誰かと乗ってみたい~(もう遅いよ!という突っ込みはなしで^^;)

IMG_2523.jpg

美味しそう~~~^^
思わずパクリといきたくなりますが、
全部ガラス製品です^^
面白いですね~

IMG_0682.jpg

こちら、私が一目ぼれで買ってしまったもの。
直径4cmくらいです。
薬入れに使っていますがイヤリング、ネックレスなどの小物入れにもいいですね♪


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

イタリア旅行:ヴェネチア2日目

ヴェネチア2日目は日曜日。
イタリアの日曜日はお店が閉まります。1日ヴェネチアでゆっくりできるというもの、休日で店が閉まっているんじゃないかと心配しましたが、どこも通常営業でした^^
観光地は普通営業なのですね。
サンマルコ広場までの通路、すべてお店!
おみやげ物、雑貨、服飾、レストラン、楽し~い♪

IMG_0647.jpg

今回はヴァポレットに乗らず、歩いてサンマルコ方面へ。
街は迷路のようになっていますが、分かれ道には標識があるので迷わずに行くことができます。
小さな水路をゴンロラが。。優雅です。

IMG_0642.jpg

こちらちょっと暇そうなゴンドリエーラ。
一艘6人乗り、40分で80Euroが相場らしいです。
大人数で乗ったほうがお得なわけですね。
人にもよるのでしょうけど、中には観光客と見てふっかけてくる場合もあるようです。
200Euro払った人もいるらしいので、事前交渉でしょうね。

交渉というのは幾らにもなりますから、その掛け合いが結構楽しいです。
店を構えているところだと、主人以外交渉できませんが、屋台などは交渉しだいで安くなります。
特に高いものを買ったり、2つ以上買ったりする場合は安くしてもらえますよ。

IMG_0645.jpg

リアルト橋からの眺め。
人は多いのですが、気分的にはなんともゆったりしてきます。
水路脇の建物に住んでみたいなぁ~


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

イタリア旅行:ヴェネチアへ♪

IMG_0640.jpg

ヴェネチアへは過去何度も来たことがあります(多分5回ほど)。
でも、いつも駅からヴァポレット(船)に乗りサンマルコ広場まで行くパターンでして、ヴェネチアの町を散策したのは僅かです。

今回はヴェネチアに1泊ということで、ホテル探し大変でした^^;
もしかして、イタリアでホテル代の一番高い町なのではないでしょうか?
街中ではダブルでも2万円は越しますね。
隣町のメストレへ行けばかなり格安になりますが、いちいち電車を使わないといけないし、折角ヴェネチアに行くんですから気軽に買い物できたり、海の夕日を眺めたり、ヴェネチアの絶景を堪能したいですよね。
何日も探しましたよ^^;
もう諦めかけたころ、駅から歩いて10分強の所に格安ホテルを見つけました!

Eden.jpg

”Hotel Eden”
4人部屋で24000円位だったかな?と~っても安いですよね。
トイレ、シャワー付き、朝食もついていました。

4泊の旅でしたので、それぞれボストンバックを持っていけばいいと思っていたのですが、彼女達はお土産もいろいろと買わないといけないとのことで、トランク1つに彼女らの荷物をいれ、私はボストンバックでした。

このホテル、一応3つ星なんですが、エレベーターがありません。
確かイタリアでは4階以上になるとエレベーターをつけないといけないという法律があると聞いたことがあります。私たちの部屋は最上階の3階。というか、日本でいう4階にあたります。
(日本では地上は0階ですが、イタリアでは地上は1階になります)
重いトランクを4階まで運ばなくてはいけませんでした。
チラリとフロントのおじさんに「トランク持って行ってくれない~?」と次女のMちゃん、可愛く聞いたのですが、却下されました^^;
男性は女性に甘い、女性は男性に甘いところが往々にしてあるんですが、フロントのおじさん外国人でしたから通用しないんでしょうか(多分アラブ系)。

IMG_0641.jpg

部屋の窓から見た眺め。
どこを取っても絵になります☆


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

イタリア旅行:ローマ2日目

さて、ローマ2日目はコロッセオ、真実の口広場、サンピエトロ寺院へと行きました。

IMG_2412.jpg

ホテルはPiazza Reppublicaのすぐ近くだったので、地下鉄でコロッセオまでスムーズにいきました。
この写真は出口の方なのですが、入り口はやはりツアーが多く人だかり。。
ここも身障者パスで並ばずに窓口へ。
助かります。

IMG_2397.jpg

コロッセオを見学した後、真実の口広場に行くのにちょっと不便でした。
ちょうどこの丘の向こう側にあるのですが、地下鉄で1つ駅からもバスか歩き、バスで行っても乗り換え。。とちょっと面倒くさい。
暫くバスを待っていたのですが、なっかなかお目当てのバスが来ないし、結局歩いて行きました^^;
20分位だったかな?
とってもお天気がよくて帽子が必要でしたね。

IMG_2416.jpg

オードリー・ヘップバーンの”ローマの休日”で一躍有名になった真実の口。

真実の口

サンタ・マリア・イン・コスメディン教会の外壁、教会の正面柱廊の奥に飾られていて、元々は下水溝のマンホールの蓋であったらしい。海神トリトーネの顔が刻まれている。 手を口に入れると、偽りの心がある者は、手を抜く時にその手首を切り落とされる、手を噛み切られる、或いは手が抜けなくなるという伝説がある。

ここも沢山の人でした。列に並び20分ほど待ちました。
皆さん、口に手を入れての撮影会です^^;
中には手を入れて抜けなくなるという写真を撮っていた人も^^

そこから23番のバスでサンピエトロ寺院近くまで。
昨日クーポラへ上れなかったのでね。
しかし今日はまた一段と凄い人出でした^^;
やっとの思いでセキュリティを入りましたが、クーポラへの入り口も人だかり。。
エレベーターで途中まで昇って、それから階段を上がるのと、直接階段だけで上がっていく方法とあるのですが、彼女らは階段で上がりたいということで、私は下で待機することに。

10分位して戻ってきました。
列が全然動かないし、チケット売り場までまだまだ遠くて、チケットを買うまでに1時間は掛かりそう。。とのことで引き返してきたそうです。14時半にはヴェネチア行きの電車に乗ることになっていたので、乗れなかったら困るとのことで。
せっかく来たのに申し訳なかったのですが、こればっかりは当日来てみないと分かりませんからね。。
観光客は皆、朝早くだったら入れるだろうと思うようで、朝はと~っても混んでいます。
閉まる2時間前から1時間くらいが狙い目でしょうね。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

イタリア旅行:ローマで夕食

ヴァチカン美術館、サンピエトロ寺院~スペイン広場、トレヴィの泉、それからバスを使ってホテル近くまで戻り夕食。
交通機関は地下鉄にたっくさんのバスが通っているのですが、路線を見るのも一苦労。。
夕食後にホテルに帰るのではちょっと不安もありましたし、地方によってバスの終了時間なども変わりますしね。
ローマのレストランは調べていなかったのですが、ホテルからほんの3分くらいのところにあるトラットリーアへ行きました。(庶民的なレストラン)

IMG_2378.jpg

ハムとチーズの詰め合わせ

IMG_2379.jpg

ローマではやっぱりアマトゥレチャーナでしょう!
グアンチャーレ(豚のほほ肉)入りトマトソースです♪
ペコリーノチーズが掛かっております。
チーズを振りかけるといったら、パルマではパルミッジャーノチーズなのですが、ローマではペコリーノチーズをかける場合が多いような気がします。
パルミッジャーノチーズはそのまま食べたりしますが、ペコリーノチーズはとても塩辛くて、料理向きなのかもしれません。風味がとてもいいですね。

IMG_2380.jpg

なぜかとても食べたくなったラザーニャ

IMG_2381.jpg

海老とイカのグリル焼き。
ローマは海の近くなので魚介類が新鮮で美味しいです☆
N子ちゃん、今まででこれが一番美味しかった!と言ってました。

IMG_2383.jpg

フルーツケーキ。
これはイタリア独特の甘すぎ!トルタでした。


ローマ1日目終了。なんやかんやとグッタリでした。。。

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

イタリア旅行:ヴァチカン市国

波乱万丈のこの旅、まだまだ終わりません。。
無事にホテルにチェックインを済ませた私たち。
ヴァチカン美術館の入館は16時まで、閉館は18時。
午前中は長蛇の列だけど、午後からは並ばなくても入れるという情報をあてにして、一刻も早く美術館へと急ぎました。
バスでもいけるのですが、とても入り組んでいるし、時間もよめないので、地下鉄AでOttavianoまで行き、そこから歩き。

着いたのは15時半でわりとギリギリでした。
列などまったくなく、スムーズに入り口へ。。

内部は。。
人でごった返していました(大汗)。
やはりツアーが多かったようです。
セキュリティを通り、人を掻き分け身障者の窓口へ。
身障者プラス付き添い人1人無料。
あと2人分は一般なのですが、係員が気を配ってくれて、一緒に購入することができました(ホッ)。

昼食も取らずにきた私たち、館内に入ったのでまずは腹ごしらえと、レストランへ行くことに。

が、、、

閉まってました(ガ~~ン!)。
というか、店じまいしているところで、数人はまだ食べていたんですけどね。
16時まで入館で閉館は18時なのだから、普通に開いていると思いきや。。
イタリアでは何が起こるか分かりません。。

そうそう、奥にピザ屋もあったはず。。と行きましたが、ここももう終わり。。
がっくり。。
仕方なく唯一開いていたBarのパニーノを食べました。

IMG_2310.jpg

袋入り。コンビ二のパンと変わりありませんね。
せめて暖めてくれたら。。と思いましたが、それもかないませんでした。
このPizza bianca(ピザの生地)にProsciutto cotto(ハム)が挟んであるもの、私結構好きなんですが、すっご~~く塩辛かった(大汗)。
よく粒粒の塩を振りかけて作ったりするんですが、食べる度に塩がボロボロ落ちてくるほどで。。
半分ほどしか食べれず。。

人に揉みくちゃにされながら、何とか見学終了。
最後の審判のあるシスティーナ礼拝堂にいたっては、これまた人を掻き分け移動しなければならず。。
こんなに混んでるの初めての経験でした。

IMG_2337.jpg

出口への階段。いつ見ても素敵です。

IMG_2341.jpg

そのまま歩いてサン・ピエトロ寺院へ。
何か式典でもあるのでしょうか?たくさんの椅子が並べてあったし、迷路の用に通路を区切ってあって、寺院に入るにもセキュリティを通らなければなりませんでした。

IMG_0179.jpg

暫しため息。。美しい。。

内部を見学した後、例のごとく彼女らはクーポラの上に上る!と張り切っていたので、私は下で待つことに。
暫くして戻ってきたと思ったら、もう閉まってしまったとのこと。18時までだった~ああ。。
10分しか過ぎていないのに~(またもや添乗員失格。。)
明朝戻ることにして、その後閉館の心配のないトレヴィの泉、スペイン階段などを見学に行きました。

IMG_0194.jpg

いつ見ても感動!大迫力に圧倒されます。

IMG_2365.jpg

これ、どんなトリックなんですか?


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

イタリア旅行:ローマ(とんでもないことが!!)

フィレンツェ滞在2日目、Duomoを見学してクーポラに上りたいという彼女たち。
私はちょっと自信がなかったので下で待つことにしたのだが。。
夕方行ったら閉まってた(汗)。16時に閉まるって早くないですか!?
仕方なく翌日に見学することにしました。

ローマ出発の電車が11時。
朝早く見学に行ったら大丈夫。。と9時頃行ってみると、、、

IMG_0586.jpg

閉まってました(大汗)
添乗員失格。。ああ。。
昨日時刻をしっかり見ておくんだった。。

10時にしか開かないんですね。
だいたい教会は8時半には開いているものなのですが。。フィレンツェのDuomoは特別なんですね。

しかたなく、町をぶらぶら。。
屋台は開いていましたので、ちょっとお買い物をし、10時を待って入りました。
(列ができていました。この時期どこも混雑しているようです)
クーポラに上りたかった彼女たち。。
私が駅まで荷物を持って行っておくから、上ったら走っておいでと言ったのですが、、、
時間もないので諦めました(申し訳ない。。)。

気を取り直してローマへ!!
ローマまでは1時間半弱。
24時間券(というか、その日の0時までです。6ユーロ)を買って、トラムを使ってホテルへ。

ここで事件が!!

前に宿泊客の家族がチェックイン手続きをしていたので、30分ほど待たされ(待たされすぎ!)、やっと順番が回ってきたら、確かめるのでお待ちくださいと延々と待たされる。。
私たちは荷物を置いてすぐにヴァチカン美術館へ行く予定だったので、少々イライラ。。

それから更に20分ほど待たされ、痺れを切らした私は、
「これから観光に行きたいので荷物を置かせてもらって出かけたい。部屋は確実なんでしょう」というと、
「それを確認中だ」という。

そうこうしていたら、なんと!!!
部屋がキャンセルになっているとのこと!!

えええええええええ!!!!!

皆びっくり~~!!

3月中旬にインターネットを使って予約を入れ、予約番号も控えている。
ホテルとしてはカードが有効でないと判断して、すぐに予約できていないとメールを送ったという。
彼女たちに聞いたら、受け取っていないと。。
そのメールは確かめようがなく、ホテル側はそのメール送信のコピーを渡してくれた。
部屋は満室。どうしようもない。。

すぐに近所のホテルを数件当たってみたものの、どこも満室。
困った!!!

仕方なく、ローマでお世話になっていた友人に連絡し、インターネットで急遽探してもらうことに。。
ホテルが見つからないことには観光もできない。
明日はヴェネチア行きなのに、このままでは折角のローマ観光もおじゃん??

不幸中の幸い、割と近いエリアに最後の4人部屋が開いているという。
すぐに押さえてもらって、タクシーで移動し無事にチェックイン。
いや~参った。。
どうなるかと思った。
飛行機のリコンファームと同じく、ホテルも事前に予約確認が必要だと思った。
このホテルに関しては、まだ後日談があるので、また今度。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく
プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。