スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院しました

8月下旬にアブルッツォ州の友人を尋ね、3泊4日の予定で帰宅する予定でしたが、出発する1日前の夜お腹を下してしまい、夜中には寒気と熱に襲われて帰宅することができず。。
IMG_2849.jpg

翌日下痢止め、熱さまし(38.8度あり)を服用したらす~っと熱も下がり下痢も治まったので、明日には出発と思いきや、またぶり返しです。
下痢止めを飲んでも治まらないので(2時間おきくらいにトイレ)、何とか自宅へ戻り移植医と連絡を取って救急病院へ行く羽目に。。
白血球が最近高かったのは記事にしましたが、この時18000(正常は9000程度)あり、炎症反応も高かったそうで入院となりました。
救急で抗生剤の点滴をしてもらったお陰か、入院してからは体調もよくなりました。

医師は、この急激な下痢、腹痛、発熱は細菌が原因だろうと言っていました。
大腸スコープ検査をし(生体検査もしたので結果待ち)炎症しているとのこと。
食べ物なのか、細菌なのか、まだはっきりとは原因は分かりません。
原因がわからないと予防もできません^^;

結局は免疫抑制剤やもろもろの薬を服用しているし、まして体力が落ちていると(友人のお手伝いをして、体力的に疲れ果てていました)すぐにいろんな菌を拾ってしまうんですよね。。
インフルエンザになっている人がいると、治りかけでもすぐに移ってしまったり。。
無理は禁物だと新ためて感じました。
スポンサーサイト
プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。