透析をしている方へ

体重68.2kg 体温36.1度 血圧124/70 飲水量2200ml 尿量2060ml

私がまだ透析を始める前、移植リストに加わるため、いろんな検査をしたのはすでに書きましたが、胃カメラを受けたときに、ある70前半だと思いますが、立派な体格の男性と一緒でした。彼は透析が始まるところだったと思います。
「自分の人生は終わった。。。」と泣いていて、とてもショックでした。
私は気の毒に思いましたが、
”自分の人生は終わった。。。”なんてとても思いたくもない。。と思いました。
透析をしていても普通に仕事をされている方も沢山いらっしゃいますよね。
自己管理をしっかりして、旅行を楽しんだり、海外にも旅行することも可能です。

ただ私の場合は”オペラ歌手として成功する”というのが夢でしたから、透析をしている限りそれは殆ど絶望的なことでした。
それこそ、”人生は終わった・・”なんて私に言われているようでもありました。
1つのオペラに出るということは、こちらでも最低1ヶ月以上は拘束されます。それも練習、オーケストラ合わせは殆どが夜。
その都度透析の調整はできても、夜練習に加わるのに朝か昼かに透析をしたとしても歌えるわけはありません。体が資本ですからね。たとえ1kgしか落とさなかったとしてもほぼ無理でしょう。

私の恩師も声楽家ですが、透析を機会に辞めてしまいました。
かの有名なテノール歌手、デル・モナコも透析を始めて歌を辞めてしまったそうです。

でも私は移植の可能性がある限り、歌は辞めず続けていこうと思いました。(まぁ移植できなかったとしても、歌っていたと思いますが)
それに移植ができてから、また歌を始めたとしてももう遅いと思ったのです。
何年も長い間歌わなかったら、復帰はもう絶望的でしょう。

オペラに限らず、少しは体への負担が少ない歌曲の勉強も続けました。
結果的には、歌曲の勉強も、私にとってとても有意義のあるものになりました。

このままコンサート歌手としてやっていこうと思ったのも自然なことでした。
コンサート歌手だったら歌手と伴奏者だけで、それも1日限りのコンサートですから、透析をしながら体調管理をし、十分に歌っていけます。

透析をしている皆さん、特に夢を持っている方、ずっとその夢を持ち続けていてくださいね。
諦めなければ、夢が叶うことも不可能ではありません。
夢に向かって進んでください。

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
     ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ
左のBlogランキングもよろしく

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム