スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝移植3ヶ月!!

体重67.6kg 体温36度 血圧127/67 飲水量2200ml 尿量2190ml

献体腎臓移植をして3ヶ月が経ちました。
3ヶ月が一番危険な時期だと前から聞いていましたので、とくに問題もなくここまでこれて、とても嬉しく思います。
明日は外来ですが、3ヶ月目からは2週間に1回でいいそうですし、免疫抑制剤が少しずつ減ってきたら、それだけ抵抗力も強くなるわけですから、今まで以上にいろんなことに挑戦できそうです。

さて、移植をしてからというもの、食欲旺盛で太ったと書きましたが、移植した腎臓にとって食事管理、血圧、感染症(インフルエンザなど)に注意するのはとても大事なことです。

日本でもそうだと思いますが、移植して暫くしたら移植冊子というものをくれました。
これには1986年から始まった移植の歴史、移植の準備(検査内容)、移植手術の内容、腎生険、拒絶反応について、その症状、服用する薬の種類と説明(細かく何時にどれどれというもの)、その副作用、移植後の生活、食事管理などが載っています。

                移植冊子

私は日本人ですから、辞書をひきひき何度も何度も読んで頭にいれました。
でも医師からは、質問しない限り何の注意も受けません。(聞けば丁寧に教えてくれますが)
こちらでは個人を尊重しますので、一旦冊子を渡しているのだから分かってるはず、ということだと思います。

初めてピサに行ったときに、あの高い斜塔になんの手すりもロープもないので、「危なくないの?」とイタリア人に聞いたら、「危険だと分かっていて上るんだから、それは個人の自由」というわけです。

移植をして自分の不注意で透析に戻ってしまった、という人は個人的には1人も知りませんが、巷ではよく聞く話です。私は献体移植ですので、もし透析に戻ったとしても悲しむのは私一人。

ほとんどが生体での移植であろう日本の皆さん方。
偉大な愛情で腎臓を与えてくれたドナーを、またご家族を悲しめないためにも、どうぞくれぐれも節制して自己管理してくださいね。

腎臓移植したから他の人と同じように健康体になったとういうのは、100%本当ではないと思うのです。
それに一生もってくれるという保障は全くありません。
一生薬は飲み続けなければならないし、ちょっとした不注意でインフルエンザをもらってしまって透析に戻ってしまった。。。その時の悲しみは計り知れないません。ここまで頑張って自己管理してもだめだった。。だったら諦めもつくかもしれませんし、腎臓をくれたレシピエントも納得するでしょう。

どんな方たちが見に来て下さっているのか全く分かりませんが、移植した方々、少しでも長く移植腎を持たせるために頑張りましょう!!


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんのお陰でBlogランキングの方も8位になりました。
どうもありがとうございました。
(注:それぞれ、1日1回のクリックしか有効ではありません)
     ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ
左のBlogランキングもよろしく

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

術後3ヶ月無事に迎える事が出来て、おめでとうございます。
私も来週には3ヶ月目を迎えます。
おっしゃるとおり、健康体に戻ったわけではありませんので、これからもず~~と自己管理は続きます。
私も勇気あるドナーの為に、1日でも長く移植腎を持たせたいと思います。
日本ではこれからが色々な感染症の季節ですので、予防を頑張ります(p`・ω・´q)

お互い無理せず頑張りましょう。

No title

移植3ヶ月、おめでとうございます。

僕もあと10日ほどで3ヶ月になりますが、僕の場合は何事も無くではりませんでしたが・・・

ボチボチ活動を再開しようと思っています。

お互い、頑張りましょう!

ピクピさんへ

ありがとうございます。

本当にこれからが勝負だと思います。
風邪の季節でもありますが、免疫抑制剤も徐々に減ってきて、体も調子がよくなると、気も緩んでしまいがちですからね。

ピクピさんも私と同じ時期に移植されているので、ピクピさんが順調だととても嬉しく思います。

お互いに頑張りましょうね。

ひろしさんへ

もう退院されたのでしょうか?
入院中は本当に大変でしたね。
とても辛い思いをされたと思います。

すぐ仕事に復帰されるそうですが、くれぐれも無理をなさいませんように。
ひろしさんとも移植の時期が近いので、何かと気になるのです。
いつも小姑みたいに煩くてごめんなさいね。

また元気な様子を知らせてくださいね。

移植後

初めまして、マサさんのところから来ました。
移植3ヶ月半、まだまだ落ち着かないし、色々な変化に戸惑っているかもしれませんね。

私は移植して5年半になります。
慣れとは恐ろしいものですっかり油断していました。
最近数値が悪くなり自分自身気を引き締めなければと実感しています。
皆様も移植直後の気持ちをお忘れなく。
透析には戻りたくないですし、できるだけ先に延ばしたいものです。

やすこさんへ

やすこさん、ようこそいらっしゃいました!!

やすこさんは移植5年半なのですね。
私はもうすぐ4ヶ月になるところです。

やすこさんもブログをされているんですね。
まだチラッと見ただけで、まだ詳しくは読んでいないのですが、クルージングをされるとか。。。☆ステキ☆です!
何だか夢のような話。。。

イタリアで透析を開始して、移植もこちらですし、こちらには移植仲間は1人もいません。
ブログを始めて少しずつ勉強しているところです。
移植の先輩として、いろいろと”喝”を入れてくだされば、とても嬉しく思います。

これからもどうぞ宜しくお願いします。
プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。