スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

透析者になって

体重 67.8kg 体温36.2度 血圧127/72 飲水量2400ml 尿量2610ml

透析をするようになって、家族、親しい友人、音楽学校の先生には言いました。
でもあえて自分から、いろんな人に「私は透析をしているんだよ」とは言いませんでした。
なぜって、一つにはいつも健常者の意識でいたかったし、”透析をしているの?まだ若いのに可哀相に”という目で見られたくなかったから。
それに透析をしていると分かった途端に、腫れ物に触るように扱われたり、自分も皆と同じにちょっとしたお手伝い(体力仕事)ができるにもかかわらず、Yは座っていてと特別扱い。。皆の気遣いは嬉しいのですが、ちょっと悲しかったです。

ボローニャのAちゃんの所へ遊びに行った時、日本人の男性のお友達が来ていました。(この方も声楽家)
Aちゃんは何気なく「Yちゃんは透析してるんだよ」と言ったんです。
その場は何も言いませんでしたが、後でメールしました。
”透析をしていることはごく少ない人にしか言っていないし、必要であれば私から言うので広めないで欲しい”と。それに日本の音楽界は本当に狭いんです。

まだその頃は、移植をして日本でも活躍したいと思っていましたので、”あの人は病気”というレッテルをはられるのが怖かったんです。

透析開始当時は体も精神的にも慣れていなかったのでしょうね。

ある日、Verdiのコースがあって受けたのですが、(勿論事前に歌の先生には、私が透析をして移植を待っていることは告げてありました)私のレッスン中に、先生が
「ねぇ、言っていい?言っていい?」というので何のことかも分からずに???だったのですが、
何人も生徒のいる中で、
「この子は透析をしているんだよ。こんなに大変な病気になっても健気に頑張っているんだよ。偉いよね~」と一旦説明した後、私に向かって、
「移植ができたら嬉しいでしょ?何をしたいと思う?その時の嬉しさをイメージして歌ってみて」と。

私は知らない人には勿論透析をしているなんて言っていなかったし、それを言われてしまったというだけでショックだったのですが、また移植をした嬉しさをイメージして歌う???
とてもイメージできませんでした。むしろ、悲しみが襲ってきて泣いてしまいました。
勿論私の状況を皆が知っていての発言だったら、すんなりイメージできたかもしれません。

こういった精神的な不安定は1年ちょっと続いたと思います。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ
左のBlogランキングもよろしく

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

複雑ですよね・・

Yさん

私も、透析をしている事を隠していましたよ。
強いて、こちらからは言いませんでした。
でも、夏になり袖が短くなるにつれ、穿刺部位が見え
「これ、どうしたの?」と聞かれ、
シャント部位も庇うので、回りの近い人には
わかってしまうし、話さなければならない状況になりますよね。
そうすれば、自然に話は広がるものです。
でも、直接聞いてくる人はやはり、少なかったですね。

こういう内面的な事は、自分自身でクリアし、どこかで折り合いを
つけていかなければならない事ですね。
病気そのもの以外にも いろいろ悩みは尽きませんね。

momoさんへ

夏になっても透析をしている人は皆さん長袖が多いんでしょうか?
こちらでは、血管がとても発達して瘤状になっている人は長袖が多いですが、そうでもないと半袖の人もいるようです。大体において傷が目立たない人が殆どです。

私は色がそんなに黒くはないので、4度のシャントの傷はしっかり見えます。それにケロイド体質なので、傷が広がっています(泣)
でも夏は長袖に耐えられず、半袖を着ています。
ショルダーバックに手を添えたりしていると、歩いている分には分かりませんしね。

自分では見慣れていますが、他人が見たらやはり”ぎょっ”とするのでしょうね。(1度されたことあります。冗談で自殺未遂して。。なんて言ってみたい気持ちになりますが、まだ機会がありません)

ブログにもシャントの写真を載せようと思っていましたが、健常者もいらっしゃるでしょうから、まだ決めかねています。

シャントについて

Yさんへ

そうですね・・・透析患者さんは、割と長そでを召されている方が多いと思います。
年齢層が高くなるとその傾向は強いように思います。
私も、夏場は七分袖や半袖になります。家ではノースリーブも着てます。
オフィスや電車は冷房が強いので、一般の方でも長袖のカーディガンなどを着ている方が多いです。
透析をするようになってから、薄手のカーディガンが、よく目に止まるようになりました。
枚数も種類も増えました。
隠すわけではないのですが、シャントも発達して瘤になれば、ぶつかったりすると危険でもあるので、何か羽織るようにしています。

シャントの写真は、今回シャント閉鎖手術をした事をBlogの載せようと思っています。
手術日から1ケ月後、2ケ月後と写真を撮ってありますので、静脈瘤が小さくなっていく様を繋げて載せようと思っています。
私たちのBlogを見ている方は、少なかれ透析に関係されていらっしゃる方が多いと思いますので、大丈夫かと思って計画しています。
あまりシャント写真は、掲載されていませんよね。
見た目美しいものではないですが、掲載する価値はあるとものだと思います。

長くなってすみません。
最後に。。。自殺未遂・・・言ってみたら、どんな反応か教えてください・・日本人とイタリア人では反応が違うのかしら・・・ちょっとウツムキ加減の小芝居風で・・・^_^;

momoさんへ

こんばんは。日本はもう朝ですね。
私はこれから眠る所です。

>シャントの写真は、今回シャント閉鎖手術をした事をBlogの載せようと思っています。
手術日から1ケ月後、2ケ月後と写真を撮ってありますので、静脈瘤が小さくなっていく様を繋げて載せようと思っています。

楽しみにしています。傷でも綺麗だといいのですが、私のは引いてしまうと思います。
見たい人だけにメールで送ろうかしら?
考え中です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます

Yさん

リンクを承諾して頂き、ありがとうございます。
早々、貼らせていただきました。
YさんのBlogは、移植や透析のことも話題が豊富で
イタリアのことも、雰囲気やいいにおいが伝わってきそうな
素敵文章ですね。
毎回楽しみにしています。
機会を作り、ヨーロッパへも出かけてみたいです。
これからも、よろしくお願いいたします。

momoさんへ

凄い早業ですね(笑う)
たった今、コメントを書いたばかりだったので。。。
日本は。。。もう2時過ぎではないですか!?
お肌に毒ですよ。
腎臓のためにもしっかり休息とって下さいね☆

リンク貼らせて頂きました。

プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。