スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームドクター

   秋

体重68.5kg 体温36.4度 血圧132/75 飲水量2500ml 尿量2390ml

木の葉が綺麗な時期になりました。
少し靄がかかっていますが、これから本格的な霧の季節になります。

さて、イタリアではそれぞれホームドクターがいます。
健康保険証を作るときに決めるのですが、皆さん大体近所の医者を選ぶようです。まず診察してもらってから処方箋、必要なら検査などの証明書を書いてもらいます。
ホームドクターは診察するだけで、費用は一切かかりません。

処方箋は薬局へ行ってもらいます。
普通の人は何割か払うようです。勿論処方箋無しで、正規の値段で買える薬もあります。
私は障害者100%(日本での1級でしょうね)なので、基本的には薬代はかかりませんでした。
移植した現在でも同じです。

検査が必要な場合はマッジョーレ病院まで行くか、他にも予約が出来る所があります。
私が通っていた透析施設の上階でも予約ができました。
午前中の予約で、約1~2時間かかります。
透析をしている身では辛いものがありました。

ある時偶然、透析室で働いている人にバッタリあって、予約で並んでいることを言うと、
「予約は私たちがやるから、帰っていいよ」と言われました。
その時初めて彼らが予約してくれることを知りました。
学生扱いで保険証を作っていて毎年払っていたのですが、これも更新時、偶然透析医に会って、
「君は払わなくていいはずだが。。?」と言われ、すぐに手続きしてくれました。

こういうところ徹底していません。
透析導入者に事務的なことを伝えてくれる人がいません。透析冊子みたいなものもないし。。
勿論食事制限のことは散々言われましたが。(笑)


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
     ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ
左のBlogランキングもよろしく

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。