サマータイム

体重68.3kg 体温36.3度 血圧142/93 飲水量2600ml 尿量2500ml

一昨日の日曜日、ヨーロッパはサマータイムの期間が終わり、日本との時差は8時間になりました。
夏時間は3月最終日曜日から10月最終土曜日まです。
正確には日曜日の深夜3時を2時に戻しました。

サマータイムは夏の間、太陽の出ている時間帯を有効に利用する目的で、明るいうちに仕事をして、夜は早く寝るようになるので、結果的に省エネルギーにつながるとされています。
イタリアはフランスやスペインから電気を輸入しているので、必要不可欠ですね。

ヨーロッパの他にもアメリカ合衆国、カナダ、オーストリアの1部でも行われています。
日本でも、施行されていた時期があったのですね。
進駐軍の施政下にあった1948年〜1951年の間のみ実施されていたそうです。

それに、高緯度である北海道の夏は日中時間が日本一長いため、北海道全域を中央標準時より1時間又は2時間加えることによって、明るい時間を有効に利用しようという「北海道サマータイム特区構想」にからんだ実験として注目されていて、2004年、2005年に実施されたそうです。
でも時計をいじらず、出退勤時間を1時間早めるという時差出勤の一種だとか。

年に2回時間が変わるのですが、いつも関心させられます。
日本人に比べてそんなに厳格ではないイタリア人が、よく忘れずにできるものだなぁ。。。と。
所々街中の時計は、きちんと合ったりしていないこともあるのですが、イタリア人で”時間が変わったことを忘れていた”というのには、まだお目にかかっていません。
彼らには、当たり前の習慣なんですものね。
時々留学生にはあるのですが。。。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
     ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ
左のBlogランキングもよろしく

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム