穿刺針

体重67.9kg 体温36.3度 血圧131/79 飲水量2600ml 尿量2590ml

先日透析施設へ行って、穿刺針の写真を撮ってきました。

穿刺針

上の注射針のようなものが、日本で使われている穿刺針で、下の2本がイタリアで使われているものです。
日本の穿刺針はイタリアのと違うとマッキニスタに言ったら、とても興味をもって、
「イタリアの針と日本の針を交換してもらってきて!」と頼まれました。
そういうわけで、今も尚、透析室に保管されています。
イタリアの穿刺針は日本で点滴に使う針ですよね?
勿論針の大きさは全然違いますが。

穿刺針

見るからに日本の穿刺針の方が長いですよね。
日本での透析の際には穿刺を見ていないので、どれくらい刺されているのか分かりません。
この長い針全部入れているのか。。どうなんでしょうか?
日本の針は細いようですが、透明の筒状になっている部分(穿刺したら、この部分だけ残して針は抜きます)を見ると、大きさは、イタリアのものとさほど変わりはないようでした。
右の黄色の羽の穿刺針が動脈側で15号針、左の緑のが静脈側、16号です。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ
左のBlogランキングもよろしく

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム