スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦情

体重68.8kg 体温36.2度 血圧144/80 飲水量2200ml 尿量1620ml

音を出す私達音楽家にとっては、家の中で練習するというのは苦労が伴います。
日本で音大に通っていたころは、音大生専用のアパートがあちこちにありました。
イタリアにはそんな住居はなく、皆さん苦労されているようです。

私がミラノに住んだとき、上階のおばさんにワインを持って挨拶に行ったら、(イタリアでは引越しをして来ても特別に挨拶周りなどしないようです)

”あなたも歌を歌うの?参ったわね。。”と言われました。

一応音出しの時間は10時から12時までと夕方の16時から20時までと大家さんに言われていました。
でも石造りですから、相当響くのかもしれません。
特にアクート(高音の鋭い音)を歌っているとき、何度も上から杖のようなもので”コン、コン!!!”と叩かれて嫌な思いもしました。

パルマに引っ越してから暫くして透析を始めたので、週3度の午後は練習はできません。
そのうちピアノも始めたので、透析のない日は午前ピアノ、午後歌という風にやっていました。
幸い居間に接している隣のおばさんは、とても人がよく、音楽好きとあって、会うたびに”上手だね、あの曲いいね”と言ってくれます。

パルマのこの家には、もう8年住んでいるのですが、ここに来て初めて苦情が来ました。
居間が接している隣の娘さんからでした。

”毎日練習されたらたまらない。それにあなたが叫ぶと(発声が気に入らない様子)神経がピリピリするのよ。いや、私じゃなくってこのアパートのおばあさんがね。。。”(おばあさんに摩り替えて言っているような気がしました。

確かに、コンサート前だったし、毎日練習していました。

移植したので、張り切って練習していたのですが、やはり毎日は無理なのでしょうか。。
でも来年はピアノ科の卒業試験があり、何の問題もない人は1日7,8時間弾くようです。
(私は周りを考えて、最高2時間までしかしていません)

L先生が心配して、防音のために自分のカーペットをくれると言われ、昨日取りに行きました。
とても厚手のものです。
ピアノは隣の居間に接していたので、それを反対側に移し、カーペットをその壁に張ろうと思います。
それにピアノの後ろの隙間に、使っていない古い賭け布団を入れたら、相当防音効果がありそうです。
歌は防音のしようがないので、寝室で歌うことにしました。

幸い他のお宅と接しているのは1件だけですので、ちょっとは期待できそうです。


いつも来てくださっている皆さんの中からお一人にクリスマスカードをプレゼントします。
イタリアから郵送するのに結構かかるかもしれませんので、締め切りは12月10日にします。
”クリスマスカード希望”(ニックネームと数3桁も)と書いて、こちらまでご応募下さいね☆
厳選な抽選の上、当選者はブログで発表します。

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ
左のBlogランキングもよろしく

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お元気ですか

Yさん、お元気ですか・・・。
私は、今日 渋谷にいって 人に酔ってしまいました
世の中の早い流れには ついていけない自分がいました。
手術に備えて ちゃんとマスクもしていきましたが・・・。
イタリアは ゆっくりとした時間が流れてるのですか?

いつも、応援しています。

チャッコさんへ

チャッコさん、こんばんは。
はい、元気にはしているのですが、コンピューターの調子が悪くて、昨夜初期化しまして。。元に戻すのに苦労しています(汗)
お気に入りだった新緑のテンプレートも、なぜか変なレイアウトになってしまい、この紫陽花に変えざるをえませんでした(涙)
ブログ村の更新記事も反映されない状態です。。
何とか頑張ってはいますが、どうなることやら。

こんなんでチャッコさんのブログへも行けていません。。
久しぶりに人込みに出ると疲れますよね。
パルマは都会ではないので、混みませんよ。

イタリアはゆっくり時が過ぎていきます。
人の動きもゆっくりで、走る人なんかほとんど見ません。
初めてイタリアで入院した時に(もう9年ほど前)、ある検査で救急車が迎えに来たのですが、小走りに走っていくと、”走らないでいいから、ゆっくりね”と言われハッとしました。
なんかいつもテキパキと、人を待たせず急がなきゃ。。と思っていたので、とても意外でした。
銀行や郵便局なども、皆さん仕事はゆっくりです(笑)
丁寧といえば丁寧ですけどね(丁寧すぎる?)

お疲れが残りませんように。
ゆっくり疲れを癒してくださいね☆
プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。