透析中の体重管理

体重69.5kg 体温36.2度 血圧142/80 飲水量2000ml 尿量2090ml

腎不全の期間は1年間でしたが、その間約25kgのダイエットをしました。
当時90kg近くあったのは既に書いていますが、透析を始めた当時60kgでした。
石やコンクリートでできたベンチに座ったりするとお尻が痛かったです(笑)

叔父が透析をしていたものの、透析に関しては全く何も知りませんでした。
食事制限のことはその時聞きましたが、ダイエットで胃が小さくなっていたせいか、透析をしても除水は3時間で1kg行きませんでした。時には全然増えていないことも。。

肉、魚は食べ過ぎないように、野菜も果物も少しだけ。
果物は1日小さなりんご1個と言われました。柑橘類が好きでしたが、”オレンジは絶対食べちゃだめ!オレンジ1個食べたら、次の日も透析しなくちゃいけなくなる”と初日のおでぶちゃんに言われました。
卵も白身だけ。(白身だけの卵なんて食べる気になれません。。)
チーズもほとんどだめ(唯一リコッタチーズを時々はいいとのこと)、ミネストローネ(パスタの入った野菜スープ)、ブロード(雌鳥と牛肉、香草野菜と煮込んでパスタを入れたもの)などのスープ類もだめ。
スープ類は結構主人が好んでいましたので、結構食卓にでました。
大好きなラザーニャもチーズが入っているし。。
塩気の多いハム、サラミ類も少しだけ。
最初のうちは、何を食べていいものやら途方にくれました。
こんなんで、体重はほとんど増えませんでした。

それが、だんだん、少しずつほとんどの食品を食べるようになりました。
電解質の異常が全くなかったので、食事管理もだんだん甘くなってきたと思います。
勿論ほとんどの食品を食べるとはいっても、食べないように言われていた食品は、ほんのちょっと味見する程度。最初の2年ほどは、果物は林檎1個だけでした。

でも水分管理は難しく、飲めないと思うと水のことばかり考えてしまいました。
それでちょいちょいと、ちょっとずつ取るようになりましたが、ちょっとずつの回数が多いとやはり取りすぎになるのですよね。

こんなんで、移植前のドライウェイトは68.3kgでしたが、中1日で2.5~3.2kg、中2日で3.2~4kg除水していました。さすがに4kgになると血圧は下がるし(最高血圧90~100)足は攣るし、透析が終わると、体を引きずるように帰宅していました。
翌朝も重い体のまま、午前中はほとんどだるさを引きずっていました。
その度に、”もうこんな思いはしたくない。食事管理気をつけよう!”と自分自身で強く誓うのですが、除水が2kgくらいに落ち着いてくると、またルーズになってくるという繰り返しです。。

中にはすごい人もいて、中2日で10kg増えた人もいました。
あまり増えすぎると1回の透析では何kgも残ってしまうので、ある人は週に4,5度通っていた人もいます。

もう30年を超えた叔父が、

          ”食事、水分管理をしっかりやること。ルーズにしていると長く生きられない”

とよく言っていました。私への戒めだったと思います。
その叔父は40kg台ですが、いつも除水は1kgちょっとです。
優等生ですね。


いつも来てくださっている皆さんの中からお一人にクリスマスカードをプレゼントします。
イタリアから郵送するのに結構かかるかもしれませんので、締め切りは12月10日にします。
”クリスマスカード希望”(ニックネームと数3桁も)と書いて、こちらまでご応募下さいね☆
厳選な抽選の上、当選者はブログで発表します。

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ
左のBlogランキングもよろしく

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

初めまして(^-^)
私も腎不全で透析を初めて16年になります
移植の希望は出していますが
日本ではまだまだ難しいようですね

海外に留学しながらの移植って始めて聞きました
移植後の免疫抑制剤がかなり大変だとも聞きましたが
その後の体調はいかがですか?
これからもブログ読ませてもらいますので
いろいろ教えてくださいねm--m

海外の方のブログは初めてなので
これでちゃんと送信できるのか不安ですが・・・
とりあえずこれからもよろしくお願いします(*^-^)

ひろちんさんへ

ひろちんさん、ようこそ!!

透析16年ですか。私の丁度倍ですね。
体調はどうでしょうか?
私の叔父は30年過ぎましたが、とても気をつけているので、
とっても痩せてはいるのですが、いつ会っても明るく元気です。

腎不全が発覚した時に、帰国してしまおうと思っていました。
でもまだまだ勉強したいことが沢山あったことと、日本へ帰国
してしまえば、移植の可能性はとても少ないと聞いて、こちらに
残りました。
当時主人と知り合っていたので、励みにもなっていたと思います。
独りぽっちだったら、どうなっていたか。。。

留学して透析をしている人も知りませんし、移植をした人も
知りません。私が第1号?かもしれませんね。

免疫抑制剤がかなり大変というのは、どういう意味でしょうか?
一生同じ時間に服用、忘れたら大変なことになる。。ということ
でしょうか?

移植をして、3度熱が出ましたが、今は落ち着いています。
全くの健康体になったわけではないのに、つい無理をしてしまうようです。

イタリアの移植事情なので、日本と違うところもあるかとは思いますが、少しでも参考になれば幸いです☆

コメント大歓迎です!!
またいらして下さいね☆
プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム