スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移植外来&尿路感染症

ローマの病院で移植科医長の診察を受けました。
今回の尿路感染症も3月の入院時と同じもの。
入院時に完全にシャットアウトできずに、ずっと潜伏しているらしいです。
抗生物質タバニックを服用していましたが、定期的に服用していると効かなくなってくるらしく、(インフルエンザの予防接種でもヴィールスはその都度抗体を作ってワクチンが効きにくくなりますよね)もっと強い薬も使うことはできるけど、移植腎に影響がないとは言えない。。と言われました。

とりあえず、今の所熱も下がったし、尿濁も認められないのでタバニックを中止して様子をみ、再度発症した時は、その都度対処していく方法を取りました。

連日の暑さで夜もよく眠れず、尿濁が認められた前日は2時間ほどの睡眠時間でした。
体も疲れていたのでしょうね。

日本の暑さは想像しただけでぐったりなりますが、どうぞ皆さんご自愛くださいね☆

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。