スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院6日目(8月10日の日記より)

移植病棟のベッドが空いたらしく、午前中に移動した。
嬉しかった。隣のナポリのおばさんの鼾やトイレの長いおじさんに悩まされずにすむ。

若い女の子(20代前半かな?)と2人部屋。
腎臓病棟と違って各部屋にトイレがあり、この部屋にはシャワーもついていた(ラッキー!と思いきや、水の勢いがなくお湯にならなかった。。。仕方なく廊下の端にあるシャワーを使った)
窓が小さくちょっと暗いのが難点だが、エアコンも完備。とっても快適!!

        移植病棟の窓から

暫くしたら、女の子は部屋を変わってしまった。
きっと移植間もなくだったのかもしれない。
こういうわけで10日から退院するまでずっと1人部屋だった。

抗生剤点滴3度に加えて生理食塩水1リットルの点滴。
看護士が固定針を取り付けようとしてくれたが、失敗。。
しかたなく小さな羽根のついた針を入れた。
抗生剤は1本だいたい30分。生理食塩水は1リットルで4時間かかる。
なるべく動かないようにして、ほぼベッドに張り付け状態。。

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。