スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

費用

体重66.8kg 体温36.2度 血圧133/77 飲水量1900ml 尿量1900ml

インターネットで調べたら、「移植後も慢性腎不全であり、1級障害者は変わらない。」とのこと。
免疫抑制剤を使っているうちは(一生なんだけど)腎機能に以上があるとみなされ、そのまま障害者になるとのこと。でも年金は3年くらいで無くなるそうだ。私は日本では年金は受けていないけど、イタリアでもそうなんだろうか?何年かに1度障害の程度の診察を受ける診察も移植をしても更新できるのだろうか?免許証の心配もそろそろしなくてはならない。診察は今月の30日の予定だ。明日でも先生に聞いてみよう。
重度障害者医療費受給者証も返還しなくていいらしい。医療費も今まで通り9割は戻ってくるようだ。よかった。

ネットで調べたら、免疫抑制剤など毎日飲んでいる薬の価格は、
1日で 約8000円。
1年で 約290万円、にもなるらしい。

一般的には腎移植にかかる費用は約400万円。
一般的には透析にかかる費用は年間約500万円。
ちなみに、透析の時も、移植の際も、移植後も、いろいろな制度に守られており、一次負担はあっても、還付されるので、ほとんど自己負担はないとのこと。

とてもお金がかかっているんだなぁ。。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。