膀胱検査

入院中腎臓、膀胱のエコグラフィー、膀胱検査を受けた。

膀胱検査は移植直前に受けている。
尿道カテーテルを使って造影剤を入れ撮影するものだ。

尿を出した膀胱に点滴の要領でかなり早いペースで造影剤が流し込まれる。
1年ちょっと前に受けた時1日の尿量は100ml位だったと思うのだが、液が入って来た途端すぐにもよおしてきた。。100ml位でもうギブアップ気味。
もう少し我慢するように言われ、必死に我慢してもプラス20mlで降参だった。

その後液の排出する様子も見られるので、容器を足に挟み立ったまま排出するのだが、どうしてもできなかった。尿意は強く感じていたが水も飲まされ2、3時間内に3、4度試みたが駄目だった。精神的なものか?結局は一人でトイレへ行ってすぐに排出できたのだが。。

1年前のそんな出来事があったので、ちゃんと排出できるのかどうか心配だった。
カテーテルの挿入に少し手こずり(ちょっと痛く、気持ち悪い。。)液を入れる。。
順調。。。???多分250mlの瓶だったと思うが終わってしまった???

尿意を感じたらすぐに言って下さいと言われていたものの、静かに横になっていると尿意を感じない。。
看護士さんが医師に、1瓶終わってしまったけどもう1瓶追加するか聞いていた。
凄いものだ。1年前はすぐに音をあげたのに。
結局300ml位で尿意を感じた時にはもう結構差し迫っていた。。
感じた途端もう我慢できない状態になってしまった。。。

横のモニターに私の膀胱が映っていて、液が溜まっていってどんどん膨らんで行くのを眺めていたのだが、更に限界まで我慢するように言われる。
どれくらい入ったんだろう。。空洞がほぼ無くなって風船みたいに膨らんでいる。
400ml以上はあったと思う。

しきりに尿意を我慢し(1年前の苦しみとは少し違った。余裕があるというか。。)、何枚も撮影。左右横向き、力んだ状態。。10分程我慢して排出となる。

寝台はそのまま自動で縦になり、容器を挟み排出。それも看護士のGO!があってから。
GO!と言われて1年前はできなかったのだが、今回は集中して無事排出。
検査は滞り無く終了してBRAVA!と言われる。ちょっと嬉しかった。 

検査結果は腎臓、膀胱のエコグラフィー、膀胱検査ともに異常なしだった。
よかった~☆

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム