スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレアチニン クリアランス

外来に行って来ました。
先日クレアチニンクレアランスの検査もしてもらいました。

結果は次の通り

                  9月19日        9月26日
                
    WBC            10.39          11.42   (4~10)
    RBC            4.51           4.56   (3.9~5.2)
    Hb             12.5           12.8   (12~16)
    Ht             39.6           40.2   (36~46)
    グルコース           63             58   (60~110)
    クレアチニーナ        1.6           1.4   (0.5~1.4)
    尿素             54            48   (10~50)
    尿酸             8.2             8.1   (2.0~7.0)
    ナトリウム         141           144   (135~148)
    カリウム           3.6           3,7   (3.5~5.3)
    カルシウム          9.3            9.9   (8.3~10.5)
    リン             3.0             2.9   (2.5~4.8)
    マグネシウム         1.6            1.8   (1.6~2.5) 
    タクロリムス         8.4            5.5   (5~15)

尿検査
    色             黄色  透明      黄色 透明
    潜血              0            0
    蛋白              0            0

19日にクレアチニン、クレアランスの検査もしたのですが、結果は49.65ml/分でした。意外に低かったのでちょっとがっかりしましたが、クレアチニンも高めだったし、年齢も関わるそうです。もっと水分を取って、肉類を控えるように言われました。
腎機能は96%でした。


基準値
女性より男性のほうがやや高めになります。

* 男性…90~120ml/分
* 女性…80~110ml/分

検査結果の判定
低値のときは、心不全や、糸球体腎炎、腎硬化症、糖尿病性腎炎、膠原病や尿管閉塞などによる腎障害が考えられます。異常値の程度としては、50~ 70ml/分で軽度、30~50ml/分で中等度、30ml/分以下で高度の障害が考えられます。30ml/分以下になると、心臓麻痺、腸閉塞、昏睡などを引き起こす尿毒症が疑われ、大変危険な状態です。

異常な場合に疑われる病気

* 高値…糖尿病、末端肥大症など
* 低値…腎硬化症、糖尿病性腎症、糸球体腎炎、膠原病などによる腎障害、心不全など


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。