イタリアの大晦日料理

ずいぶんご無沙汰してしまいました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

ちょっと前になってしまいますが、イタリアでの大晦日料理を紹介しますね。

大晦日に食べられるのはザンポーネという豚の足です。豚の前足の皮に挽肉、脂身などを詰めたものなのですが、最初に見た時には、
「ええっ!?豚の足丸ごと食べるの?」と思って、見ただけでげんなりしていました。
今までコテキーノという豚の爪なしの詰め物を食べたことがあったのですが、脂身が多すぎてすぐギブアップでした。

お友達が連れて行ってくれた美味しい豚肉専門店でザンポーネを仕入て、どういう風に調理するのか教えてもらいました。
いや。。。単に大鍋で茹でるだけなんですけどね(笑)

Zanpone

ちょっとグロテスク。。。3人分切り取った後です。

以前食べたコテキーノのようなんじゃないかと心配していましたが、なんと脂身が少なくとても上品なお味でした♪

レンティッキェという豆(日本語でヒラマメ、レンズマメと言うらしいです。日本では調理したことがありません)のトマト煮込みも教えてもらって、今回は私が担当で作りました。
初めてにしては上出来☆

☆大晦日のメニュー☆

066_convert_20100113214408.jpg
アンティパスト:ハム詰め合わせ(生ハム、サラミ、コッパ)、オリーブ、酢漬けの野菜、ブルスケッタ
(トーストしたパンにニンニクを擦りこみ、オリーブ油、塩をかけたものです。ちょっと齧っちゃった。。)

068_convert_20100113214516.jpg

プリモ:キノコのパッパルデッラ(太いきし麺。手作り)

070_convert_20100113214549.jpg

セコンド:ザンポーネ
付け合わせ:レンティッキェのトマト煮込み

073_convert_20100113214617.jpg

ドルチェ:お友達のお姉さん手作りの。。。名前忘れました(汗)これも伝統的なお菓子だそうです。チョコレート、アーモンドなどが入った焼き菓子で、特徴は僅かに唐辛子が入っています。
しっとりしていて、とても美味しかったです♪
イタリアでは日本のようなクリスマスケーキは食べません。
売ってもいないんです。お国柄ですね。

夕食の後、コロッセオへ行って年を越しました。
ずっと天候が悪く、大晦日も雨が降っていましたが、年が明けた途端。。。
雲がすっと消えて満月が。。。

092_convert_20100113214720.jpg


081_convert_20100113214647.jpg

今年もよい1年になりますように。。

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム