風邪をひいてしまった。。

日本にいる頃はしょっちゅう風邪をひいていたが、イタリアへ来てからというもの殆ど引かなくなった。
透析時代もインフルエンザにはかかっても、いわゆる普通の感冒は殆どひいていない。

移植してから”移植腎を守るためにも風邪には要注意!”と頑張ってきたのではあるが。。
自宅での体調管理はスムーズに行くものの、外泊してしまうとそうはいかなくなってしまう。。

実はブラティスラヴァプラスプラハ(早口言葉)へ行ってきた。
冬場の航空運賃が安いうちに。。
それにブラティスラヴァのお友達がプラハへ行きたがっていたので、ここぞとばかり。。

イタリアは最近暖かくなってきて、そろそろ春だなぁ。。と思っていた矢先、、ブラティスラヴァはまだまだ冬。
気温は1,2度。部屋の中はまだ暖房がガンガンに入っていて空気は乾燥していた。
暖房が入る季節になると、風邪をひきやすくなるので、水を張ったり水を湿らせたタオルを干したりするのだが、1夜目は何もせず。。
翌朝のどがヒリヒリと。。
まずい。。と思ってすぐに水を張ったがあまり効果なし。
外は寒すぎて部屋の空気交換もなかなかできないし。

いや、もしかしたら1日目の夜、バイキングのレストランで食べ過ぎて、それを少しでも消化しようと35分かけて歩いて帰ったのだが、着込み過ぎて汗をかいてしまい、それが冷えたのかも。。

結局のどの痛みは次第に強くなり3日目には声が出ない。。(6日後に歌わなくてはならないのに失敗した。。)
その時期からくしゃみ、咳攻撃にあう。

薬局でのどスプレーを買って使用したら炎症はわりとすぐに治まったが、まだ鼻水じゅるじゅる、くしゃみ、咳はまだ時々出ている。

明日は移植外来。
レナートに異常ありませんように。。

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム