スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラハでお買い物

チェコに来た目的はもう1つ。チェコマイセンのブルーオニオンの食器を買いたかったのです♪
あの深い青とデザインが大好き☆なんです。

前回ティーカップ&ソーサを1つだけブラティスラヴァで買ったのですが、本場のチェコだったら安いに違いない!と思ったのでした。
ティーカップをもう1組とデミタスカップ&ソーサを2組。

インターネットで探したらチェコマイセンの専門店が宿泊していたホテルから近い!
でもドジな私は住所を控えた紙を忘れてしまい、ホテルで検索してもわかりませんでした。

まぁ近かったのだからとホテル周辺を兎に角探し回ったのですが、ない。。。
やっと中央広場の食器店にチェコマイセンが置いてあり、欲しかったティーカップはなかったのですが、デミタスはありました。
一応保留にしておいて探し続けましたら、カレル橋を渡った所に専門店がありました。

イタリア人の友人曰く、ティーカップ、デミタスカップ2組買うんだったらまけてくれるだろう。自分が交渉してあげるから(商売人の血を引く人)と言われたのですが、撃沈でした。
もともとチェコマイセンのお店が少ないというので、お客は結構入っていたのですね。
1銭たりともまけてはくれませんでした。

先ほど見たお店のデミタスが若干安かったので、ここではティーカップだけ購入しました。
ティーカップで480CK。約19ユーロ。2千円ちょっとですか。

チェコマイセン

本場ドイツマイセンのお店も発見して見たものの、デミタスで200ユーロ位しましたので眺めただけです。

この友人は値切ることでは才能があるのですが、今回アンティーク調の長テーブルクロスが欲しいと言っていました。
1件目は血筋がイタリア人という女主人の店。
どれもとても素敵なものばかり☆☆☆
でも40%割引してもらっても200ユーロは下らない。。
高すぎる。。友人は60ユーロ位で買おうと思っていたらしい。

”手作りのテーブルクロスなのに、そんな値段で買えるはずが無い!”と少しキレた様子。

そのお店を後にして、カレル橋先にあったお店へ。
そのお店も沢山のアンティーク調のテーブルクロスがいっぱい☆☆☆
どれもため息が出るほど美しい。。。

値段はやはり200ユーロ以上する。
最近の不景気でこのお店はあまりはやっていない様子。
女主人も必死に売ろうという体勢。
女主人と友人の値段の交渉が始まり、お互いの値段が次第に近づいていく。。。

結局は現金で払うということで、なんと65ユーロでゲットしたのでした。
下の写真のような、(これよりもっと細工がしてあって綺麗)うっとりするくらい素敵なテーブルクロスでした。

テーブルクロス

日本人である私はとても真似はできませんが、買い物上手とはこのような人のことを言うのだなぁ。。と改めて感じました。

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。