スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯医者

先日直接歯医者へ予約をしに行き、障害者証明書の期限が切れていることが判明し、それから数日後やっと更新できた。
健康保険書は今まで100%の障害になっていたが、移植をしたことによって75%になり、健康保険書も少し変わるらしかった。

歯医者の予約時に診察代18ユーロと書かれてあったが、これもその場で予約書類を作り直してくれた。

日本でも歯医者によくかかるのだが、代金は一旦支払い、役場に申請すれば9割戻ってくる(歯を作る場合は割引なし)。
パルマでは予約の際に支払い料金も記載されてあって、診療の前に前払いすることになっている。障害者の場合は無料。
腎臓関係以外は歯科しかまだかかったことがないのだが、治療費は今まで払ったことはない。

勿論移植腎に必要な薬の数々も、ホームドクターに処方箋を書いてもらい薬局へ。
免疫抑制剤:プログラフ、セルセプトは一般の薬局では扱っていないので、病院内の薬局で貰う。
日本みたいに一旦全額払って、後日払い戻しという面倒なことがなくていい。

しかし、たとえばローマで薬を貰おうとしたら3割くらい取られた。
う~ん。。ローマの移植者は皆薬代払ってるのかな?

さて、今朝歯医者へ行ってきたわけだが、初めての歯医者さん。。
60代であろう。。年配だったので少し安心。。
奥歯の詰め物が取れたことを説明して治療開始。

。。。ものの10分で終了。。。

白いものを詰めてくれたが。。これでお終い??

。。。これでお終いらしい。光も当てなかったよね。本当にこんなんでいいのか?
まぁ帰国した時までもてばいいか。

☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。