Caravaggio展へ&障害者特典

ミラノ生まれの画家Caravaggio没400年を記念して、2月から4ヶ月間ローマで”Caravaggio展”が開かれました。
Caravaggio大好きな私はとても楽しみにしていて、土曜日友達を誘って早速行ってきました。
が、、、長蛇の列。。。
2月から始まってもう2ヶ月も経っているのに、訪れる人は後を経たない様子。。

200人以上は並んでいたと思われます。
ちょっとがっかりしたのですが、ものは試し。。と思って、
「障害者なんですけど。。」と75%障害者である証明書の用紙を見せると、すぐに通してくれました。
一応チケット売り場に行ってくださいと言われて行きましたら、私とお友達の分無料になりました。
(一般券は1人11ユーロ)

あまり障害者特典のないイタリア(もしかして知らないだけ?)言ってみてよかったです。

1000000リラ

まだリラの時代に彼の作品は、100000リラに印刷されていて親しみがありました。
明暗を顕著に浮き出し、リアリズムを表現した彼の画法は1500年代には画期的なことであり、大成功を収めています。

内部は彼の作品40点のうち30点が展示され、どの作品も畳2畳から4畳ほどもある大作品。


果物籠

果物籠:くすんで見えますけど、実際はとても鮮やかで圧倒されました。

宗教画

宗教画も数々。。まるで動き出しそうな雰囲気。

Caravattio 1

30点の絵画のうち、宗教画のマリア、農家の老婆を除いた女性はこの人1人だけでした。
残忍ですね。。Caravaggioにとって女性はどう映っていたのか。。

Caravaggio

絵画の半分ほどは受胎告知、イエス・キリストの誕生、キリストの受難などの宗教画、後は上の絵画のように若い男の子をモデルにしたもの。???と思いましたが、勘はあたっていたようです。
この絵画の果物は”満たされるもの=性欲”の象徴だそうです。

ピアノの練習に明け暮れて、たまには目のいいものを鑑賞するのはいいですね☆
また新鮮な気持ちになれました。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム