イタリア人男性は謝らない?

最近道路工事が多い。
家から市内へ行くバスは2つあり、両方が工事中。そのうち1つは通行止め。。
市内へ行くにも遠回り。

いつもは13番、時々2番を利用していますが、今日乗った2つのバス、両方の運転手が道順を間違えた。
2番は曲がらなくてはならないのに、通行止めの道へ入ってしまった。
すぐに降りたので、どこでユーターンしたかは不明。

買い物を済ませ、今度は13番に乗り込んだものの、バイパスを通り出口を間違えた。。。
次の出口で降りて引き返し。。。

「あっ。。折りそびれた」というアチャーという顔つきはしたものの、乗客へは何もなし。
「すみません。道を間違えたので、その先で降りて引き返します」とも何も言わない。
だいたい運転手はマイクを使わないし。。
車内アナウンスがないので、停留所はわかっていてもどこで降りたらいいのかもわからない。
(ここ数年、録音されたアナウンスがつくようになった)

たとえば乗客が尋ねたとしても、間違えたとは言わずに「すぐ引き返すから」というだけ。

長年イタリアで暮らしていて、イタリア人男性から「間違った、ごめん」「自分が悪かった、ごめん」という言葉を聞いたためしがない。

基本的なことだと思うんだけど。。。

なんでも間違いを認めたら、自分が不利になるから。。と誰かが言っていた。

以前謝ってばかりいる知り合いのイタリア人男性がいたが、あまり謝ってばかりいられるのも何だかな。。。

でもいざという時はやはり謝ってほしいものだ。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Yさんへ

こんにちわ。
イタリアの男性って謝らないんですか・・・。
今は日本人もきちんと謝れる人って少なくなってきましたよi-201
でもバスが道間違えるってなんかおかしいですよね。
日本だとありえないことだけど、Yさんがさらっと言うとすごくリアルでおもしろいですi-229

それから・・・コメントに若菜さんという透析を受けられている方がやはりドナーのことを思うと移植できないって書かれていて、それを見た時、私はYさんと同じ気持ちになりました。
少しだけですが、Yさんのお気持ちがわかったようであたたかい気持ちになれました。
罪の意識ばかりではいけないんだということと、これからは感謝の気持ちにかえてゆけるように努力していきたいと思います。
移植して良かったなって、ほんとひさしぶりに思いました。
これからいろんなことがあるにしても、今主人とふたりで生きていけることが何よりも幸せなんですよね。
こんな私ですが、これからも仲良くしてくださいねi-80
Yさんへ・・・i-189

えいちょんさんへ

えいちょんさん、気持ちが少し穏やかになられたようでよかったです♪
移植して10年持てばいいほうなんてことも聞きますが、人それぞれですしね。イタリアでは90%が献体移植ですが、35年前に始まって当時移植をされた方がまだ大丈夫らしいですから。。。
書いていて今気づきました。
えいちょんさんにコメントしたあの70代の婦人だったのですね。
貴重な方と話をしたことになります。。

話がそれましたが、最近透析をしていた時のことは考えなくなっています。
でもいつでも透析に戻っても悔いがないように、毎日充実した生活を送りたいと思っています。

えいちょんさん、ご主人と楽しい時間を一杯満喫して下さいね☆
プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム