スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血尿4

67.8kg 36.5度 132/81 飲水量2300ml 尿量2330ml

朝からウォーキング。血尿が心配だったのだが、綺麗な黄金色で一安心。やはり膀胱に入っていたチューブのせいだったようだ。ホッ。。。

最近ちょっと傷の周りが硬くなっている。まさかレナートが硬くなってしまっているのか?
心配になってネットで拒絶反応を調べてみた。

急性拒絶反応が起こると、移植された臓器の中の血管や細胞の間にリンパ球が集まって臓器が腫れ上がる。腎臓移植の場合、腎臓が腫れ、尿が減り、熱が出る、蛋白尿が出る、などの症状がある。
尿量減少、むくみ、貧血、全身倦怠感等が、血液検査で血清クレアチニン、尿素窒素、アルブミン等で判明。

臓器移植の術後のポイントは、いわば拒絶反応と感染症との微妙なバランスの間で、いかにして適切な免疫抑制法を行うかということにある。しかし移植後3か月を過ぎると拒絶反応の発生頻度は少なくなり、安定期に入る。すなわち免疫抑制剤も減量され、その後に発生する感染症の頻度も減少する。

尿量は一定だし、熱もないし、蛋白も出ていなし、クレアチニンに関しては日本の基準より高めの1.3~1.4をうろうろしているが、イタリアの基準は1.4まで正常であるから、今のところは問題なさそうだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

遊びに来て頂きありがとうございます。
私の受けた病院では、献体移植は年に数回(今年は今のところ2回)だそうです。日本ではなかなか難しいようですね。
血尿は心配ですね。でも原因がわかったので、安心しました。
私は入院中はクレアニチンが0.8~0.9台だったのですが、退院後の受診で1.20まで上がってしまい、明日の健診でどうなっているか?今から心配しています。
昨日は3L飲みました。そのせいか頻繁にトイレに通いましたが、今朝1キロ減でした。
お家でも尿量測っているのですか?

尿量

拒絶反応や感染症にかかりやすい3ヶ月は、しっかり自己管理しようと思っています。起床時に体温、血圧、体重を測って、1日の尿量も量っています。拒絶反応や感染症にかかった場合、すぐに判りますよね。
プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。