スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移植外来検査結果

結果は次の通りでした。

                     5月3日       6月22日
                
    WBC                8.71        7.80   (4~10)
    RBC                4.53        4.50   (3.9~5.2)
    Hb                 13.3         13.2   (12~16)
    Ht                  41.6        41.1   (36~46)
    グルコース             99         90   (60~110)
    クレアチニーナ          1.3         1.2   (0.5~1.4)
    尿素                 32         32    (10~50)
    尿酸                 7.6         7.6   (2.0~7.0)
    ナトリウム             140        144   (135~148)
    カリウム               3.8         4.1   (3.5~5.3)
    カルシウム             9.1         9.0   (8.3~10.5)
    リン                  3.0         3.3   (2.5~4.8)
    マグネシウム            1.5         1.8   (1.6~2.5) 
    タクロリムス             8.1         6.1   (5~15)

尿検査
    色                黄色 透明     黄色 透明  (黄色 透明)
    潜血                 0          0      (0)
    蛋白                  0         0      (0)
    細菌                -         43325   (0~3000)

ここ何週間か、僅かながら尿濁を認められていました。
急に暑くなったりして水分の摂取不足が招いたものだと思います。
でも一端増えてしまったものはどうしようもなく、細菌培養をしてからまた暫く抗生剤のお世話になります。
前回服用したのは3月。。約2,3ヶ月おきに服用しているような気がします。
こんなに頻繁に服用していいものだろうか。。
ちょっと心配ですが仕方ありませんよね。

”激しい運動をするとクレアチニンがあがる”と聞いたことがあったので、移植外来が終わるまで約5日間はコアリズムを休んでいました。
看護師に聞いたら、上がるにしてもほんの僅かでほぼ関係ないと言われました。
医師に聞いたら”40分くらいの激しい運動(コアの40分)は何の問題もないでしょう、でも疲れたらしっかり休養をとるように”とのことでした。

1日のピアノ科の試験が終わるまでは何かと忙しく、コアがやれません。。
本番までもう少し。
大詰めです。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。