訂正しました:献体腎臓移植2周年の検査:腹部エコー

献体腎臓移植後2年2ヶ月が過ぎた。
移植後2年検査があると言われていて、いろんな検査をするんだろうと思っていたら、血液検査(6月済)、腹部エコー、腎臓エコーだけだそう。

今日早速腹部エコーの検査に行ってきた。
受付に行ったら、

”水分採った?尿意ある?”

と聞かれた。
注意書きがあったのか(予約の時点で一通り目を通すので、注意事項があれば気がつくと思うのだが)、兎に角検査だから食事は抜きにして水分だけ少し採った(薬の服用の為)と返事をしたら、

”すぐに500mのペットボトルを買って飲み干してください”と言われた。

どうやら、拡張している膀胱を見るらしい。

バックに約300mほどはあったので、それプラス買ってきた500mを飲み干したが一向に尿意がない。

まぁ仕方がないか。。トイレ済ませて検査にやってきたわけだし。。


診察室には女医さんが机に向かっていて、若い(助手、学生?)女性がいた。
診察台に横になると、若い女性がエコーを始めて”この人が女医さんか? 女性はタッチが繊細でいい。。”
2,3分後、机に向かっていた女医さん(結構年配)がやってきて、(本格的に?)エコーを始めた。
(やはり若い女性は助手だったもよう)

しかし、、、、、
痛い。。。。。!!
勿論すべりをよくするジェルは使っているものの、力の入れ方が半端じゃない!

グリグリ。。グリグリ。。グリグリグリグリ。。。。
女性はタッチが繊細でいい。。

叫ぼうかと思った。。。
あんなに力を入れてレナートに支障はないものか!?

腹部全部エコー終了。
結果を聞いたら、
”次回はいつやるの?”と予測とはちょっと違う展開。。
”4日後に移植腎のエコーがある”と返事した。

どうだったのか聞いたら、”私は全部異常ないと思う”と言われた。


検査結果はびっしり専門用語で難しい。。
分かる範囲で訳してみると、

”肝臓は同質で大きさは平均的であり、損害は見られない。胆嚢管の膨張、拡大は見られず。すい臓、脾臓の大きさは平均的である。
移植腎に皺がよっている。(しわ。。。縮んでいるんだろうか。。?数日後移植医に質問します)
生まれたての腎臓と思っていたら生まれつきのだった。。
よって元々の腎臓が縮んでいるということ。一安心。。


腹部の大動脈内における動脈瘤は見られない。
移植腎は右側腸骨の窪みに位置しており、直径10.9cmである。厚さに変化は見られず維持している状態である。膨張性、またネフローゼなどは見られない。

膀胱は満ちている状態ではない。一見したところ、これが限界のような気がする。
(医師は私が水分をとったばかりだということは知らされていなかったよう。看護婦は知っていたんだが、その場にはいなかった。若い助手がエコーをしている時、胃の所で”水分を採ったから”とは言ったのだが)
骨盤に異常は見られない。
腹空に液状なものは見られない”

以上、今朝の検査結果でした。

今週の木曜にレナートのエコーがあります。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お疲れ様^^

移植後2年検査お疲れ様でした。
良い結果で何よりでしたね。

エコー検査、私も何回かしたことがありますが
痛かった事は一度もありません。
エコーで、そんなに力強くしなきゃわかりづらいって事あるんでしょうかね?????
私はエコーの時、いつも男の先生ですが皆ソフトタッチでしたよ。

検査で痛いのは、勘弁してほしいですよね。

お疲れ様でした^^

SORAさんへ

SORAさん、ありがとうございます。

レナートの皺??訳の間違いだといいのですが、皺?=縮んでる?としたら大問題なわけでちょっと心配です。
腎不全になって腎機能が落ちてくると、縮んで小さくなってくるんですよね。

他には問題なさそうでよかったです。

こんなにグリグリされたのは初めてです(汗)
顔を何度もしかめましたよ。。
腹部全部を診られたので、もしかして、ある程度の力は必要だったのかもしれません。

プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム