大韓航空2

さて、2週間後に私も渡伊することになっていて、そのことを伝えると、
”まだ時間があるので、本社に問い合わせて返事をする”とのことでした。

出発1週間前に電話があり、”今回はペナルティで100ユーロ払えば搭乗できる”とのこと。
ほっとしたのは言うまでもありません。

当日搭乗手続きに行くと、新人さんで、後ろに先輩が控えて指示していました。
ペナルティを払うことを承諾して。。。
後ろの先輩、
"荷物が3.8kgオーバーですので、20kgまでに減らしてください”とのこと。

大韓航空を使うのは今回が初めてですが、今までの日本の航空会社で2~3kgの超過は見逃してもらえました。
前回発った友人は21.8kg。何も言われず。。

せめて友人と同じくらいの22kg位まででいいですか?と聞いたところ、即却下。。

機内荷物はもうパンパンだし、減らすと言ってもどうしようか。。。
しばし考え込んでしまいました。。。

Ryanairの時のように着込むのは無理。。。
(当時の記事はこちら(タクロリムスの下記事)こちら
着込んだとしても脱いで荷物にできないし、そのまま着込んで10何時間の飛行では気絶してしまう(大汗)。

ふと閃いたのが、カーディガンのようなコートを羽織って(カーディガンにも見える)もともと来ていたコートの中に薄手のコート、皮のジャケットを通したのでした。さもコート1枚のように見せかけて(無理?)。。

更に別のカウンターでの手続きの続きをし、21.4kgでパスしました(先輩のいるカウンターでなくてよかった)。

その後も、航空券を買ったときはソウル-ローマだったのに、帰りはミラノ経由になっていて、ネット上には"経由”など何も書かれてなかったのに、、、と呆れました。。その度に荷物の移動には骨が折れました。

ネット上で安く手ごろに買えるとはいえ、何とも考えさせられました。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム