スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移植外来

移植外来に行ってきました。
結果は次の通りです。

                     9月1日       1月17日
                
    WBC                9.38        12.24   (4~10)
    RBC                4.61         4.47    (3.9~5.2)
    Hb                 13.7         13.1    (12~16)
    Ht                  42.7        41.0    (36~46)
    グルコース             92         99    (60~110)
    クレアチニーナ          1.1         1.4    (0.5~1.4)
    尿素                 47         53    (10~50)
    尿酸                 7.1         6.1    (2.0~7.0)
    ナトリウム             140        139    (135~148)
    カリウム               4.7         4.2    (3.5~5.3)
    カルシウム             9.5         9.1    (8.3~10.5)
    リン                  4.0         4.2    (2.5~4.8)
    マグネシウム            1.7         -    (1.6~2.5) 
    タクロリムス             7.0         9.3    (5~15)

尿検査 タンパク              -          0       (0)
      潜血                -          0       (0)

11月帰国する前にローマで血液、尿検査をしたのですが、資料が手元にありません。
その時はタクロリムスが9以上あるので、プログラフを0.5mg減にしようと連絡がありました。

朝、1mg+0.5mg、夜1mg服用していましたが、朝の0.5mgを減らすことにしました。
2週間後検査をするように言われて、日本で検査をしましたら、タクロリムスは3.5。。基準値(5~15)を切ってます。。
日本で医師に聞いたら、だいたい6程度を維持するようにしているとのこと。

早速国際電話でローマの医師に相談しましたら、”白血球の値(WBC)が高くなければそのままでもいい”と。
結局はまたもとに戻したのでした。

しか~し。。今回また9.3。。。
どうなんでしょう?パルマの医師は別に問題はないと言っていましたが。
気になるところです。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

数値もトスカーニーニも十色?

こんにちは。
過日は製作発表会無事終了されたご様子、おめでとうございます。
講堂での収録、トスカーニーニをどんな感じで聴かせていただけるのか、春先を楽しみにしております。
FK濃度、病院、さらには患者ごと基準値が異なっている、と私自身は思っています。
主治医は通常4~6が基準といいますが、私の数値は2.5~3.5です。
少なくとも私にはこのトラフ値がちょうどいいようです。
だから今はあまり基準値にこだわらず、トラフ、体調変化を基本にして、血液検査値を参照して調整されています。もっとも調整はFK0.1~0.2の加除です。
以前数値を拝見した時、イタリアは検査方法、基準が日本とは違う、と思っておりました。
検査タイミング、日々の食事時間、体重の3点によりトラフ値が振れる、少なくとも私はそう考えており、注意しております。
トスカーニーニも歌う場所などにより同じ譜面が変化するのと同じかな?
また、イタリア、東欧だより楽しみにしております。

No title

ご無沙汰しております。
改めて出遅れで、明けましておめでとうございます。
今年もどうかよろしくお願いします。
ところで、タクロリムスって免疫抑制剤の事なのか、菌の名前なのか?だったので、調べたら薬の一つだったのですね(汗)
ちゃんと検査で血中の濃度を調べているんですね。って言うことは、
濃度の調節が難しいのかしら?  数値気になりますよね。
これで何か症状があるなら、信頼しているお医者にもう一度聞いてみたらどうでしょう? 精神的ストレスがあってもよくないし。
私はシクロスポリンを服用してます。血中濃度を調べているようなのですが、量が普通より少ないので(副作用を恐れて)よく分からないとか前回の時いわれ、次回からは飲んだまま調べる事になりました。どうなっているのやらです。

ブルネッロ・Kさんへ

ブルネッロ・Kさん、お久しぶりです。

>過日は製作発表会無事終了されたご様子、おめでとうございます。

ありがとうございます。今までやってきたことが、形になって残ることにとても嬉しく思っています。
地道な活動をこれからも続けていきたいと思います。

ブルネッロ・Kさんの血中濃度は2.5~3.5なんですか!?
驚きました。
基準値外でも人それぞれなんですね。

検査、薬の服用時間など日本とは結構違いがあります。
こちらの数値で正常でも日本の数値に比べると異常になってしまいますしね(汗)。
でもレナートは(多分)イタリア人ですし、イタリアの方針に沿っています。

腎臓移植した人たちとは個人的にコンタクトがなく、一人悶々としてしまいます。
貴重な情報ありがとうございました。

もあさんへ

もあさん、こちらこそ、今年も宜しくお願いしますね☆

血液検査に血中濃度と書いていればよかったですね。
タクロリムスは成分名(一般名)で、プログラフ(免疫抑制剤)が製品名でして、正確には免疫抑制剤の血中濃度なんですね。

今までは5~7くらいを維持していて、ここのところ9台になっています。
今はローマでの移植外来が多いので、医師の方針が違っていたりするとちょっと戸惑ってしまいます。
勿論パルマで移植していますので、ローマよりも信頼は大きいんですが、ローマにいる以上はこちらの病院の方針に沿うしかないかなと思います。

もあさんも、はやく落ち着かれたらいいですね。
ローマは最近とても寒く、最高気温9度くらいです。
デンマークは零下の世界でしょうね。。
お体ご自愛ください。
プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。