胆石騒ぎ終了?

5月14日、15日にみぞおちの痛みで救急へ行って、胆石があると診断されてから1ヵ月半。。
胆石が発見されてからすぐに移植医に相談し、”胆のう炎になってしまうと、移植腎も失いかねないから胆嚢ごと取った方がよかろう”と言われた。
1日後外科医の診察。手術に向けての採血、心電図、胸部レントゲン。。
でもエコーでは胆石は発見されず。。
その時は1ヶ月以内にもう1度エコーをしようと言われる。

ほぼ1ヶ月経とうとしたころに、外科医から”明日手術だから”と電話があった。
エコーでは胆石が発見されなかったのだが、なんで手術???
2回発作があったし。。と云々。。
結局再度エコーをすることになった。

そうこうしているうちに6月19日3度目の発作が。。
またまた救急のお世話になり、エコーを撮ってもらう、、、が胆石は発見されず。
この時点で消化器科受診を勧められた。

早速予約して行ってきたが、女医が言うには”胆石がある以上(1回目発作時のエコー診断書を見て)取ったほうがよろしい。胆石が発見されなくても胆嚢が膨れていたり、砂が溜まっていたりしている場合は手術をしたほうがいいだろう”とのこと。

1週間後外科医が予約してくれた再エコーを受けた。
胆石なし、胆嚢も正常。
やれやれ。。
ひとまず手術は回避されたもよう。

すぐに消化器科の女医に伝えると、”ひとまず、今は安定しているので、9月まで待って状態が変わらなかったら薬を減らしていこう”ということになった。
でもまた痛みがきたら?この痛み、原因を突き止めなくてもいいんだろうか。。?


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム