医師に怒られる

2,3ヶ月おきに抗生剤のお世話になっていましたが、4月からは毎月飲んでます(汗)。
というのもAugmentin1gをよく服用していたのですが、効かなくなっちゃったんですね。
4月にAugmentinを10日間服用したものの、暫くしたらまた尿濁になってしまいました。
薬をかえても、また暫くすると尿濁。。。という具合に繰り返し。。

今月また尿濁が認められたので、細菌培養検査をしてから、検査結果を移植病院に電話すると、”Augmentinを服用して”と言われました。
”パルマではいつもAugmentinを服用していて、最近効果がなくなってきた。手元にNorfloxacinaとCiprofloxacinaがあるけど、これではだめか?”と聞いたら、
”言うことが聞けないんだったら勝手にすればいい。もう電話かけてこないで”と言われました。。。

”強い薬はできれば避けたい”と以前言われていたので、それは承知なのですが、私にはどれが強くて、どれが弱いなんてことは勿論分からず。。もしかしたら、医師の処方する薬を否定した形になってしまったかも。。と反省はしております。
言葉の問題でよく分からなかったこともあるでしょうが、強く言われてちょっと驚きました。
勿論、すぐに”すみません。Augmentinを服用しますから”と言って落ち着きましたが。。

忙しくてイライラしてらしたのかもしれません。
何十回かけても移植科に繋がらず、携帯に電話してしまった私がいけなかったのかもしれません。
(すぐに抗生剤を服用しないと。。と私も焦っていましたので)

私もついカチンときて、言わなくてもいいことも言ってしまったり。。
反面教師だったのかな?とも思います。
日ごろから精神を豊かにして、愛のある言葉を使っていこうと改めて思いました。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

あらら^^;

Yさん、こんばんは。

怒られちゃいましたか。
でも、↑あんなに怒った言い方しなくてもよいのにぃ~と患者側からしたら思ってしまいました。 もうちょっと、穏やかな対応をしてほしいですよね。医療のことは素人にはよくわからない事が多いのだから、わかりやすく説明してくれても良いのでは?な~んて私は思いながら読ませていただきました。

症状が良くなるといいですね。

SORAさんへ

移植担当の医師は3人いるんですが、一番偉い先生なんですね。緊急の場合しか使わない携帯にかけてしまったのが、いけなかったのかもしれません。。
取り込み中だったのかもしれないし。。
正直言うと苦手な先生です(汗)。
普段の外来の時には他の先生が対応するので、特別なときにしか話をしないんですけどね。

ずっと付き合っていかないといけない先生なので、今回はちょっと凹みました。。

ありがとうございます。
これといって症状はないんですよ。
今のところ尿濁だけです。
3日前に抗生剤7日間の治療が終わって今日外来へ行ってきました。
勿論細菌培養検査もしましたので、あとは結果待ちですね。
プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム