腹部CTスキャン

先日病院からおよびがかかり、腹部CTスキャンをしてきました。
この検査を受けるにあたり、前日、当日、後日1日2回Fluimucil600mlを溶かしたものを飲用し、この3日間は少なくとも3リットルの水分を取るようにと言われました。
3リットルというのは本当に大変で、なるべく外出せずにひたすら飲んでました(笑)。

当日検査の1時間ちょっと前に行き、Fluimucilを溶かした生理食塩水500mlを点滴。
1時間弱で終わるとのことでしたが、1時間半かかりました。
看護婦が「検査でまた針をささなくてはいけないから、針は刺したままにしておきましょうね」と言われ、血管が細い私としては”よかった”と思ったものの、点滴が終わった時点で看護婦は帰宅してしまい、当直の先生だけ。
「針は残したままって言われました」とは言ったもの、針にもいろいろ種類があって、使用した針はできないとのこと。
仕方なく抜針。


これから悲劇は始ったのでした。。


検査は15時半予約だったのですが、20分ほど遅れて到着。
まぁイタリアはだいたい遅れるので問題はないのですけどね。

それから更に1時間20分ほど待たされてようやく順番がまわってきました。
造影剤を入れるために針を入れるからと言われ、まずは点滴の針を刺したすぐ側へ。
(左手はまだシャントがあるため使用できず)
すんなり入ったものの、ためしに生理食塩水を入れられると痛い。。
失敗。。

軽く腕をたたいたり、グッパーしながら血管を浮き出させようとしましたが、なかなか難しい。。
手首に近い血管にトライしたもののまた失敗。。

看護婦に応援を頼んで変わったもの、腕をバシバシ叩かれ(その方が痛い。。)
失敗。。見る見るうちに腫れてしまった(大泣)
更にもう1度失敗され、5度目にやっと成功したのでした(号泣)。
中で探られると悲鳴をあげるくらい痛くて、5度目は祈る思いでしたよ。

tac.jpg

寝台の上に寝て、両腕を頭の上に組んで待機。
”息を吸って~止めて。普通に呼吸して”の繰り返しで何度も繰り返し。。
途中で造影剤が入ってきて、舌の下、喉、肛門がカ~ッと熱くなり、徐々に体中に広がっていった。
頭も熱くなって何だかぼ~っとしてしまった。
検査は10分位で終了。

昨日検査結果を聞きましたが、特に異常はないとのこと。
胆管が少し広がっているというだけでした。
CTスキャンの結果と今までの検査書類を持って最終エコーをした先生の診察に行くことになりました。

ちょっと他の病気でも!?と心配しましたが、とりあえずよかったです♪


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ご無沙汰です。

ご無沙汰です。

僕も血管は細めで、しかも腕は普通の♂と違いムキムキ血管が浮き出るタイプではないので、点滴とかの針は看護師が苦労していました。男性看護師が失敗すると『ぶっとばす!』と言って脅してました。

腕はまだ、シャントを残しているのですね?
僕は閉鎖しましたが、手術が下手だったのか、痕がぷっくりと膨れてしまい、そのままで、そこを触られると痛いです。

その後、ダイエットは続いてますか?

僕は術後、かみさんに言われても飲み続けた、サントリーのDAKARAと言う飲料を止めて、水かお茶にしました。

少しは痩せるかなぁ?

ひろしさんへ

ひろしさん、お久し振りです~♪
男性は結構血管が出ている方が多いと思いますが、ひろしさんはご苦労されているんですね。
「ぶっとばす」と言われて看護師さんも大変でね~www
私はため息つきながらもひたすら我慢です。
入院中は結構穿刺があるので、穿刺の上手な看護師さんに当たるよう祈っていましたよ。

ダイエットは成功しました☆
移植後7kg太って75kgまでになりましたが、58kgまでやせました♪
帰国してちょっと戻りましたけどね^^
プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム