天使の歌声

DSC04914.jpg

昨夜はローマ、ナヴォーナ広場の近くにある教会Basilica di sant'Andreaで開かれたコンサートに出かけました。

DSC04915.jpg

内部はこんな感じ(パンフレット参照)。
イタリアでのコンサートは入場無料が多いんですが、その割には演奏の質はとても高いです^^。
21時の開演に30分前から並び、開演前には教会はほぼ一杯に。。

今回の演奏会は宗教曲。
合唱から始まり、オルガン演奏、6人男性のソリスト+管楽器、グレゴリオ聖歌でした。

宗教曲とあってか、合唱も純粋な声でまとめてあり(多分今回のグループは宗教曲専門に歌ってる人たちだと思われます)、まさに天上からの声のようでした。
その後のオルガン演奏。教会2階後ろに設けられたパイプオルガンが教会中に鳴り響くとなんとも言えない厳かな雰囲気になります。
次の6人男性のソリストによる演奏では、普通の合唱で分けられるようにソプラノ、アルト、コントラルト、テノール、バリトン、バスと1人ずつ割り当てられていたのですが、その中でもダントツのソプラノ!
ごっつい体でお髭をたくわえたおじさんの声が素晴らしく、一度で魅せられました。。。
男性なのにソプラノ。。。女性が歌っているようにしか聴こえません。
それも素晴らしくいい音色。。

日本で最後のカストラート歌手の映画は放映になったのかな?
その主人公の声にまるで瓜二つ。。
当時はその歌声に貴族社会の婦人方は失神していたんですよね。
私もつい失神しそうに。。。

は嘘ですが、恍惚感じで聴き入りました。。

年の最後にこんな素晴らしい演奏が聴けて嬉しかったです♪
今年は尿路感染症の繰り返しで1年が終わってしまいました。
幸いレナートは元気です☆

来年も皆さんにとってよい年になりますように(-人-)


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

あけましておめでとうございます

Yさん ご無沙汰しました。

コメントありがとうございます。
ブログ、気づけば1年半もサボっていました。

お元気そうで何よりです。
膀胱炎に何度か、罹ってしまわれたみたいで
大変でしたね。違和感があって、うっとしいですよね。
早く治るといいですね。

私は貧血は改善されましたが、口内炎に悩まされる事が多く
口唇ヘルペスも時々なります。
昨年の6月には肺炎になり入院もしました。
しかし、今は元気にしています。
色々ありますね~ 移植すればすべてOK!とはいかないもの
です。でも束縛された生活から比べれば雲泥の差ですよね!

イタリアの年越しも楽しそうですね。イルミネーションも素敵。
私はいつもの、ゆく年くる年見てました。
今年もお互いに、無事な一年になるようにしましょうね-☆
またボチボチブログ再開しますので、遊びにいらして下さい。
お元気でね-☆

momoさんへ

こんにちは~
コメントありがとうございます♪
去年は本当に頻繁に抗生剤のお世話になっていました。
医師が移植腎のためにも弱めの薬をくれるので、完全に菌はなくならず、体調の変化や水分摂取が少なかったりするとすぐに繁殖してしまいます。
幸い症状はあまりないので楽なんですけどね。

ブログ楽しみにしてますよ~♪
プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム