スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルツェルン2: 日本人代表

カペル橋、シュプロイヤー橋、メルカートを見てから旧市街をぶらぶら。

DSC06059.jpg

DSC06063.jpg

DSC06064.jpg

沢山の建物のフレスコ画がありました。
美しい~♪

昼食をとり、瀕死のライオン公園へ。

DSC06077.jpg

ルツェルンの瀕死のライオンは世界的に有名な記念碑のひとつ。
1792年フランス革命時にフランスのチェイルリー宮殿で王家を守り勇敢な氏を遂げたスイス傭兵を偲んでつくられたそうです。自然の岩壁を削って作られた浮き彫りです。
美しいです。ライオンの表情に哀れを誘います。。

DSC06085.jpg

反対側はこんな感じ。瀕死のライオンの前には池。
水は澄んで奇麗です。その両脇には色とりどりのお花の花壇。

が、、、

植え込みから入れないように、簡単な柵があります。
アジア人(国は特定できますが、あえてアジア人で)の観光グループ20人ほどがどやどやと。。

DSC06088.jpg

チューリップと一緒に撮って欲しい~って乙女心は分からないこともないですけどね、、
柵を乗り越えてチューリップの側へ。
1人やりだすと、皆がやりたがる!
還暦すぎたであろうおばさんも!?(注意しろよ!)

ああ。。やめてくれない?!!

DSC06089.jpg

可愛そうなお花ちゃん、こんなになっちゃって。。

外国暮らしが長くなりますが、外国にいる以上アジア人は目立つんですね。
いつも日本代表のような気持ちで行動しているんですが(ちゃんとした行動しないと日本人はこんなんかと思われてしまいます。)、柵があるにもかかわらず、皆でどやどや入っては写真をとる。。同じアジア人としてとっても恥ずかしかった。。
自然、花をこよなく愛するスイス人。彼らにとってどう映っているのか。。。
アジア人ひっくりめて悪印象を持っていられたらと思うととても悲しいです。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。