検査予約

毎年献体腎移植の記念日が来ると、年1回のたくさんの検査がある。

1)胸部レントゲン
2)腹部エコー
3)移植腎ドッパー検査
4)心電図、ドッパー検査
5)マンモグラフィー
6)婦人科受診
7)骨密度検査
8)皮膚科受診

ここ数年はローマでしているのだが、その検査予約で大変な思いをしている。
一昨年はいろんな病院を駆け回って、遠い所で車で2時間半かけて行ったことも。
予約はよくて数ヵ月後、ないときは来年になってしまうという現実。
毎年の検査に来年って困ってしまう。。
ローマの人口はパルマに比べると比較にならないくらい莫大なので仕方ないのだけど。

ローマの移植病院は車で1~2時間かかるので、各自近い病院で予約して検査することになっている。
今年は移植記念日をすぎたあたりに予約をしにいき、殆どの検査が来年ということで、仕方なく移植病院で必須な検査だけは特別にやってもらった。
結局今年の検査が終わるのは来年の2月。。ほぼ1年遅れ^^;

ローマでは半年前位から予約したほうがいいのかも。。と思っていたら、先日近くの病院へ行った際に尋ねてみると、”検査によっては来年待ちはざらなので、1年前から予約したほうがいい”とのこと。
移植した6月まではもうとうに1年切っているので、早速検査の為の処方箋をもらいに。

今月末は3ヶ月に一度の血液検査、尿検査もあるので、その処方箋もお願いしたところ(医師ではなくて事務員がやってくれる)、また制度が変わったらしく、”これからはこの手の処方箋は病院がすることになっている、ここではもうできないから”と言われた。
ということは、3ヶ月検診の際に”3ヶ月後の検査の為の処方箋を書いてもらわなくてはならない”ということ?
なんだかそういうと、”そんなはずはない”って反論されそうだなぁ。。
よく間に立たされて困ることがある^^;

イタリアはコロコロと制度、法律が変わったりして落ち着かない。。
その度にいろいろ振り回されてしまうし、頻繁に変わったりするから人によって違うことを言われたりするのだと思う。


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

そ、そんなぁ

Yさん、お久しぶりです。 イタリアでは検査だけでも予約制なんですか? ひぇぇって思いました(汗) デンでは特殊の検査以外は予約なんてないです。特殊の検査でも医師から直接検査の方へオーダーするので、検査日紙が郵便できます。
じゃあ、今から来年の分の予約をしないといけないですね。
面倒って言えば面倒だけど、制度に問題がありそうな気がします。
以前の記事でセルセプトに関して読んでたら私まですごく頭に来ましたよ(怒) しかし、セルセプトにコピー品が出たとは知りませんでした。私は以前治療でセルセプトを服用してたのですが、病院から特別にもらっていました。でも、11月の再診で再治療開始かどうかです。今は股間接の手術後の療養中ですが、来年も別の手術があるので、お医者がどう判断するかです。

もぁさんへ

まったく面倒でしょうがない^^;
パルマでは市立病院が1つなので、必要な検査は殆どそこでできていました。
勿論パルマでも1年待ちという検査も結構ありました。
イタリアのシステム。。。どれを取っても上手くいっているとは言えませんね。
だいたい国自体上手くいっていないのですから(大汗)。
役所一つとっても対応は遅いし、人によっては言うことがまるで違うし、本当に困ったもんです。

デンマークはしっかりしてますねぇ~
個人で動く必要がないんですね。ドイツやスイスでは役所の対応はとても早くて”素晴らしい!”と思っていましたが、
まぁイタリアがダメなんですね。。

セルセプトは、結局パルマの意思からokがでたので変えることになりそうですが(でもできたら変えたくない)
後から移植医から聞いたのですが、”いままでセルセプトを服用している人はそのまま服用できる”と法律では決まっているそうです。
でも薬剤師に”同じ薬なのに変更しない明確な理由が書かれていないとダメ”と言われ、医師としてもなすすべもないという感じでした。
というか、薬剤師によるような気がします。他の専門薬局では普通にセルセプトを渡しているそうですしね。
ちょっと遠くなりますが、別の専門薬局へ行ってみようかと密かにたくらんでいます(笑)。

もぁさんは今はセルセプトを服用されていないんですね。
ということは病状は現状維持されているんですね。よかったです^^
股間接の手術をされたんですか?何だか痛そうですが。。
どうぞお大事にされてくださいね。
プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム