スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰が正しいのか分からない(怒)

今日は3ヶ月に1度の血液、尿検査。
移植病院は遠いので、近くの病院で検査をし、後日検査結果を持って移植医の診察になります。

7時半に受付が開くので開くと同時に受付をしました。
(毎日7時にプログラフ(免疫抑制剤)を服用しているので、さっさと採血を終わらせて服用しないといけない)
検査項目がたくさんあるのですが、、、(処方箋4枚ほど)

。。。

「蓄尿24時間検査、細菌培養検査は1枚の処方箋じゃないと。。全部は検査できないよ」とのこと。
私に言われてもわからないのですけど。。

前回もなんだか1つ検査項目が多すぎるとのことで、その際は200円ほど払って全部できました。
これも医師の事務員のミスだったわけですけど。

払えばできると言われ、ちなみに幾らか聞くと、
2700円。

。。。

身障者扱いなので殆どの検査は無料。
事務員のミスで2700円払うのも癪だったのですが、せっかく24時間蓄尿したのにどうにかしたい。。
それに31日に移植医の診察予約を入れてしまったので、検査結果に5日かかる細菌培養検査だけはどうしても受けたい。。
結局5、6つの血液検査を除いてもらい、尿検査を優先しました。

ああ、また診療所へ行って処方箋を書いてもらい、採血。。メンドクサイ。。

帰宅して診療所の事務員に聞きましたら、
「あっちが間違っている。それは、処方箋の枚数で稼げるからそう言っているんだ。次回また言われたら、なぜ尿検査とほかの血液検査が一緒ではいけないのか、一筆書いてもらいなさい」と言われた。

あああああ

全く、誰が正しいのやら分からない。。
挟まれて苦しむ(大げさ)のは私。
まるで嫁と姑に挟まれた旦那?

でも車で20分かけて検査に出向いて、検査できなかったら無駄足というもの。
病院側がそう言っているのだから、素直に処方箋追加してくれてもいいようなものなのだが。。
事務員にも事務員の事情があるのか?

イタリア女は気が強くてかなわない。
この前の薬剤師も女性だったしな。。
イタリアでは異性に対してはとても優しいのだけど^^;


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

イタリアでは

役所間で、言い分が違ってたらい回しになることが、残念ながら時々あるのですよね。ただそれが、急ぐ検査で具合が悪い方が、病院に出向いて、さんざん待った挙句であるので、本当に困ったことだと思います。用紙を発行する側と受ける側で、意見や法の判断の食い違いはあっても仕方ないでしょうが、どうしてそれをお互いに話し合ったり、あるいはそういう問題が起こらないように、関係機関や係員で合同の研修を受けるような、あるいは皆が合意できる共通の確認事項を共有しないのでしょうか。


わたしも最近、県警で証明書が必要だからと、市役所に行かされたのに、市役所では「県警は分かっていない。現在公的機関向けの証明書は発行できなくなっている」と手ぶらで県警に帰らされ、県警で再び、「まったく市役所は分かっていないんだから」と言われ、危うく再び市役所に戻らなければいけないところでしたが、県警から市役所に電話をした結果、結局市役所側が正しかったことが判明しました。

次回からは、電話番号を聞いて控えておいたり、それぞれの人がいう根拠になる法律を聞いて、電話で直接話してもらう、あるいは一言添えてもらうなど、どうかYさんが無駄足を踏まずにすむよう、配慮をしてくれますように。病院の受付の人も、それが単に書類上のミスであれば、名前が間違っているならともかく、融通をきかせられそうなものだと思うのですが…… わたしも市役所では、「念のために、二度足を踏まずにすむよう、お金は払うので、証明書を発行してください」と頼んだのですが、だめでした。そう言えば、そのときの警察の担当官も女性でした……

なおこさんへ

ほんとうに。。イタリアにいると人によって言うことが違うので困ってしまいますよね。
病院に入院した際も、いろんな医師が入れ替わり立ち代り入ってきて、症状を一から話さなければならず”なんなんだ!?”とちょっとキレそうになりましたよ^^;

そうですね。直接話してもらえればいいんですけどね。
役所で男性がいる場合は、そちらに並んだ方がいいですよ。きっと親身になって話を聞いてくれますし、配慮してくれると思いますよ^^

No title

Yさん。読んでいるとイライラしてしまいます。
Yさんが、どうれだけエネルギーを使っているのか。
本当にご苦労様です(しか言えなくてごめんなさい) 
じゃあ、処方箋を出してもらう時に一筆書いてもらう様にこちらから、あっちが頑固なので、今回からは、血液と尿検査を一緒にしてもらう事っと書いてと強く言った方がいいのかしら。それか、事前偵察して男性の方に根性でも並んで待つとか!? 
私だときっと、悲鳴を上げていると思います。 検査だけにどうしてこうも苦労しないといけないのかですよね(怒)

はい。股関節の手術をしてました(来年も手術があるのですが)
麻酔があまり効いてなくて痛かったです(涙) 術後は、輸血、低血圧、熱が出て腎症の症状が出てました。その時期は腎機能がメチャ落ちてました(腎不全の1歩手前)。
今は、11月の再診で再治療開始になるかどうかの状態です。

もあさんへ

イライラさせてしまって恐縮です^^;
”怒”と書いてますが、イライラを通り越して、”またか。。イタリアだ。。”という感じですね。
イタリアではすんなりいけば儲けものなんです。
役所の場合は特に。

書き方が悪かったのですが、尿検査と血液検査を一緒にしないようにということだったようです。
私としては、次回いざこざが起きないとは限らないので、尿検査は1枚の紙に書いてもらったほうが楽なんですよね。
でも診療所の事務員が言うには、次回からは移植医に処方箋を出してもらえと言ってました^^;

イタリアでは個人が駆けずり回るようにできているようです(大汗)。
手術で麻酔が効いてない。。怖い。。
考えただけで痛そうです。
どうぞお大事に。腎蔵のためにも出来る限り体を休めた方がいいですよ^^

Yさん

私はイタリアの対応の光景にイライラしてしまったのです。
南欧では一人一人言う事が違うし、個性が強すぎるっていのはどこかで聞いた事がありました。それにしても、やり取りの様子を読んでいると、こっちの身にもなってよねぇ。と思ってしまいました。
次回は、移植医に事情を話して今後の検査はちゃんとした検査処方箋を書いてもらえるとよいのですが。その際、尿検査と血液検査は別に書いてもらうか、一度にやってくれとか書いてもらった方がよさそうですね。

続き

押し間違いえて終わらないまま送信されてしまいました(汗)
ともかく、いざこざが少しでもなくなるようにYさんの願いも移植医に話した方がいいのかもしれませんね。

ありがとうございます。 あまり動かないと手術した関節によくないので適当にやっています。 本来はもっと動かないとダメかと思うのですが(汗) Yさんも体調をしっかりと維持、管理していて下さいね。

もあさんへ

ありがとうございます。
今月末が移植医の診療になっていますので、その際に次回の検査の処方箋を書いてもらおうと思っています。
思ってはいるのですが、”それはホームドクターに書いてもらって”と言われないだろうか。。とちょっと心配していますが、その場合は直接電話で話してもらおうと思います。(うまくいけばいいのですが^^;)
なにしろ20項目以上あるので、処方箋を出す方もメンドクサイんですよね。

夏の間は下痢続きでゲッソリしていましたが、最近は食欲の秋のせいか体調は戻りました♪
来月帰国するので、ここぞとばかり和食三昧してこようと思ってます^^
楽しみです~
プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。