スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本で実際に起きた出来事(長文です)

最近Facebookを始めたのですが、こんな記事が投稿されていました。

◎バスの中で言葉の暴力を喰らった

10歳の息子がある病気を持っており、車いす生活で、さらに投薬の副作用もあり一見ダルマのような体型。
知能レベルは年齢平均のため、尚更何かと辛い思いをしてきている。

本日、通院日でバスに乗ったとき、いつも通り車いすの席を運転手が声かけして空けてくれたんだが、どうやらそれで立たされた人がムカついたらしく、ひどい言葉の暴力を喰らった。

・ぶくぶく醜い
・何で税金泥棒のために立たされなきゃならないの
・補助金で贅沢してるくせに
・役に立たないのになんで生かしておくかなあ?

それもこちらに言ってくるのではなく、雑談のように数人でこそこそ。
それがまだ小さい子連れの母親のグループだった。

息子が気付いて「お母さん降りようか?」と言ってくれたんだが、実は耳が聞こえにくいため、声が大きく発音が不明瞭な息子に今度は普通の声で「きも!」と言われたよ。
あまりのことに切れて「何か息子の件でご迷惑でも?」と言ったら、笑いながら「何か?だってwwうけるwww」と嘲笑された。

さらに「うちは娘だから、あんなのに目付けられたくない」「アタマがないからレ●プされても泣き寝入りだもんね~」とも言われた。
さすがにもう降りようとしたら、運転手さんがバス停に止まって「えー、奥さん、ここで降りてください」と言われる始末。

『あーもーいいや、苦情だけ入れて二度とこの路線使うもんか』と思いながら車いすを外そうとしたら「あ、お母さんじゃなくて」と私を見て運転手さんが続けた。
「後ろの奥さん方、あなた方が乗ってること自体が他のお客さんに迷惑ですので、こちらで降りてください」

私ポカーン、息子もポカーン、指された子連れママたちもポカーン。

そしたら後部から「さっさと降りろ!うざいんだよ!」「食べこぼしは片付けて行きなさいよ!」「ほらさっさと行きなさい!」との声が聞こえてきた。
さらに降りるときに運転手さんに「クレーム入れてやる!おぼえとけ!」と言ったら「はいどうぞ。乗車賃いりませんからさっさと降りてください」と言われてた。
その人たちが降りてからお礼を言ったら「迷惑行為排除は私たちの仕事ですから気にしないでください」と言われてしまい、もう私涙目。
冷たい視線ばかりと思ってたのに、世の中捨てたもんじゃないと思った。
___________________________________________________________________

こういう日本人がいるということに対して腹立たしい気持ちですし、またそれが小さな子供を連れた母親集団というのにビックリしました。
この子達はどういう大人になるんだろうか。。

それに対して、勇気ある行動をとったこの運転手に感動しました。
グループでいると何かと人の顔色ばかりみてなかなか行動ができない。
一人でもキチッと言える勇気を見習いたいと思います。

イタリアでは子供の躾は他人でも口出しをしたりするのですが、私も1度バス停の背もたれに腰掛けている女の子に注意したことはあります。背もたれに腰掛けたら実際座る場所が汚れてしまいますからね。
ちなみにその女の子は(15歳くらい?)後で拭くからといって、降りてからリュックで拭いてました^^;
悪かったら全体的に注意をするという風潮があるから、小さな勇気でできるのかもしれません。

でも実際にこの現場にいたら、”人の迷惑になりますからやめてください”くらいは言ったかもしれませんね。
イタリアに来てから性格が強くなりました^^;


☆いつも来てくれてありがとう☆
皆さんの1クリックが記事を書く励みになります
    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
左のBlogランキングもよろしく

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

可哀想な人達ですね。勿論、子供連れの文句タラタラの母親達のことですよ。
もしも自分の子供が障害を持っていたら・・・そんな風に考える事も無いんでしょうね。なんともお粗末な心の人達です。

運転手さん、素晴らしいですね。
皆が運転手さんのような行動が出来る社会でないと悲しいですね。

SORAさんへ

本当に。。人の気持ちが分からない思いやりのない人たちっているんですね。文章を読んでいて、こんな人もいるなんてってビックリしましたよ。。

でも震災があって、日本人の心が1つになって、それが世界に広がり、思いやりの精神、助け合いの精神が広がっていくと信じています。
表面にはでてこないけど、誠実な人は沢山いると思うんですよ。小さな(大きな)勇気を持って少しずつ変えていきたいですね。
プロフィール

Yさん

Author:Yさん
イタリアへ留学して15年。月日の経つのは早いものです。
留学して6年目に腎不全になり、翌年から透析開始。
それから8年待って、ようやく献体腎臓移植をすることができました。
腎不全、透析、移植について、また音楽、イタリアについても書いていきたいと思います。

トスカニーニ歌曲集
CalendArchive
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ村
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。